てきすとぽいトップページへ
第69回 てきすとぽい杯
 1 «〔 作品2 〕» 3 
サンプル数:1
 投稿時刻 : 2022.06.18 23:21
 字数 : 1909
5
投票しない
サンプル数:1
犬子蓮木


 ずと怨んでいる人間がいた。
 僕の大切なものを奪たやつだ。
 奴は裁きを受けたけれど、それは到底納得のできない軽いものだた。
 だから復讐を考えた。
 計画を練り、準備を進める。ただ命を奪うだけでは許せない。苦しんで、苦しんで、苦しんでもらわなければならない。肉体的にも精神的にも。
 そうやて準備を進めているときに、僕はひとりの人間にであた。やさしい人だた。「復讐なんてなにも生まない」と言ていた。仮に達成できたとしても、僕が余計に苦しむだけだと。
 僕は今も苦しんでいる。
 だてあいつはまだのうのうと生きているのだ。
 だから復讐を願た。
 達成すればあいつが消えてくれる。
 そうすればもうこんな苦しみから開放される。
 そう考えていた。
 だけど、そうではないというのだ。
 仕方がなかたことなのだとあいつを許して、忘れて、僕は僕の人生を生きるべきだと言うのだ。それこそが僕のためだと。
 本当にそうなのか?
 わからない。
 わからないなら実験するしかない。そういうものだ。たくさんの謎に対して、少しずつ実験を繰り返し、結果を得て、また仮設をたてる。人類はそうやて少しずつ進歩してきた。僕もそうしてきた。あいつに邪魔されるまでは。
 僕の目の前にはあいつがいる。
 名を呼びたくもない。
 顔も見たくもない。
 もし許したとしても、どこかで偶然会て、僕は怨みを思い出してしまうかもしれない。この世から消してしまえば、少なくとも偶然会うことはなくなる。しばらくの間はニスなどに出てくるかもしれないが、僕はもとからほとんどニスを見ない人間だ。
 やはり復讐を果たしたほうがいいのではないだろうか?
 わからない。
 あの人が嘘を言ていたわけではないと思うけれど、所詮、あの言葉も仮設でしかないのだ。やさしい人だからやさしい仮設に引きづられた可能性も高い。人は感情に左右される生き物だ。もちろん、僕が怨みという感情に支配されて復讐を果たすという仮設に惹かれているとも言えるだろうけれど。
 目の前のあいつはさるぐつわをされ、椅子にしばりつけられ、なんだかうなている。たぶん助けを求めているのだろう。僕はあまり人の気持などがわからない人間だたけれど、それぐらいはわかる。
 まずは足を蹴てみた。
 うめき声がかわた。
 もう一度蹴てみた。
 折れるまで蹴てみた。
 復讐てつかれるな。あまり運動が得意ではないので、暴力も苦手だ。あいつの顔には涙が浮かんでいる。僕もお前のせいで泣いたんだ。ずと泣いていたら、涙は枯れてしまた。大丈夫、涙が枯れるまで時間をかけようとは思わない。もうすぐその透明の液体は赤くなる。
 ほら、目をひとつ潰そう。
 折れていない方の足がばたばたと動いた。
 涙が片方、赤くなた。
 もうひとつの目が見開かれている。
 もちろんそちは残す予定だ。
 見えないと怖さが伝わらないこともある。
 僕がどんな道具を持ていて、ゆくり近づいているかとか。

 6時間経過。

 いろいろやて、そろそろかなというころになてきた。
 この人間はまだ生きているけれど、知らない人がちらとみても、人間だとはわからない姿だと思う。
 声もだいぶしずかになた。
 残た目を閉じようとするのでテープで無理やり開けるようにした。
 勝手に死なないように全身を止血している。
 シク死しないように薬も打ていた。
 楽しい?
 いや、楽しくはなかた。
 気持ち悪い。
 あまり血とか肉とか得意じないんだ。
 やぱり復讐を終えてもすきりしないのかもしれない。
 だたらどうしよう。
 経験した人に聞ければよかたのだけど。
 まあ、でもやらなければならない。
 結果を知るためだ。
「そろそろ終わりにしよう」僕は言た。
 奴の目が「はやく楽にしてくれ」と言ているように見える。
「もちろんすぐには死なせないよ」
 僕は奴を椅子にしばりつけていたロープを外す。そのまま床に転がした。
「逃げていい。生きていられたら。僕はもうなにもしない。見ているだけだ」
 一応、ひとつ残ていた耳の穴から聞こえたらしい。
 奴は床を這て進もうとした。
 でも進めなかた。
 もう這うことすらできないのだ。
「どうしたの? ああ、その手じ扉をあけられないよね。かわりに開けてあげるよ」
 僕はさと歩いて、扉をあけた。
「ほら、あとちと、どうにか逃げるんだ。進め、進め」
 芋虫ほども進まなかた。
 そうして息絶えた。
 開かれたままの目が固まている。
 人は死ぬとこうなるのかとひとつ知識を増やした。
 そうしてもうひとつ僕は知ることができた。
 僕はポケトから電話を取り出した。あの人へ電話をかける。
「もしもし」
 向こうからの声。
「やとわかたよ。復讐を果たしたときに、人がどういう気持ちになるのかを」             <了>
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない