てきすとぽいトップページへ
第69回 てきすとぽい杯
 1  2 «〔 作品3 〕
こゆりちゃん
 投稿時刻 : 2022.06.18 23:38
 字数 : 667
5
投票しない
こゆりちゃん
住谷 ねこ


こゆりちんちの皿は、皿同士が当たると、かばらかばらという音がする。
と厚手の陶器の音。

おばあちんのうちの庭に建つ小さなフレハブ小屋に今月から住むことになたこゆりちんは
絵を描く学校の学生さんだ。

私のうちは両親が共働きなので学校帰りは家には戻らずますぐおばあちんちへ行く。
毎日行くうちにこゆりちんも毎日プレハブ小屋で絵を描いているので仲良くなた。

「このお皿、欠けてるよ」

「それはね、アンテクの皿よ。たいてい欠けているのよ」

こゆりちんは実は、ここに来る前、フランスに留学していて向こうで
こういう古い皿やカプを買うことに夢中になてお金が無くなたらしい。
でも日本でこういうフランスの古い食器が高く売れると聞いてそれを売てまたフランスに戻ろうと山ほどの皿やカプやツボなんかを持て帰てきたのだ。

一番の思い出は何かと聞くと
絵を描く手を止めてしばらくぼんやりと天井を見つめていたが

鳩をね。食べたことかな。
自分でさばいてね。
オーブンで焼くのよね。

「鳩て食べれるの?」

「まあ、鳥だからね。鳥だよ普通に」

「お皿売れた?」

「まあまあ」

「じあ、またフランスに行う?」

こゆりちんがいなくなたらちとつまらないな。と思て探りを入れてみた。

「うーん。どうかな。こちにも鳩はたくさんいるしね」

……え?……

「いや。うん。まあ全部売れたら。お金たまたらね。また行くかもね」

かばらかばらの皿に盛りつけた唐揚げ。

「唐揚げ、好き?」

「うん。好き」あれ? えーと。

「こゆりちん。鳩じないよね、これ」

「鳥だよ」
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない