てきすとぽいトップページへ
第弐回 10分ついのべ 夜の部 投票所
 1  25  26 «〔 作品27 〕» 28  37 
[tw] 27
冬雨
作品ページそのものを表示するには → https://twitter.com/winter_rains/status/264368861426630656
5
投票しない

背伸びしても手が届かない。塀の内側から道路に突き出ている枝の果実を僕は見上げていた。そんな僕を嘲笑うように赤とんぼが塀の上を飛んでいく。そんな子供の頃の思い出が僕の中に蘇る。彼女を見るといつもそうだ。どれだけ背伸びしても手が届かない。でも、僕は彼女が好きなんだ。 #10MTWN

— 冬雨さん (@winter_rains) 2012年11月2日
← 前の作品へ
次の作品へ →