てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
作品一覧
 投稿時刻 : 2013.11.16 23:42
 字数 : 737
5
投票しない


作品を表示
コメント
プロフィール画像
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
まさかの最後の一行に笑いましたw

プロフィール画像
2013.11.17 20:27
永坂暖日 @nagasaka_danpi
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
碧さんの魔界都市東京での体験談に違いないと思いながら読みました。笑いました。面白かったですw

プロフィール画像
2013.11.17 21:16
小伏史央 @u17_uina
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
魔界都市東京ってww最後の一行ww
とても面白かったです。「次元が違う」という表現に笑いながらもあーなるほどーと思ったり。

2013.11.19 15:43
(無記名)
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
地方都市出身者なら一度は経験する葛藤ですね。実際には家族や親戚との軋轢は都会でも起こることですが、なぜか田舎にいるせいだと思い込んでしまう。東京に行けば多くのアーティストやタレントのように人生が変わるという一種の信仰は、単に人口比の問題だと気づくまで続きます。言葉の問題は当人にとっては意外にインパクトがありますね。大学受験で初めて上京した時に山手線車内で年配の男性同士の会話を聞いて、テレビドラマみたいな話し方をするひとっているんだ、と呆然としたのを思い出しました。冒頭の6行分は主人公の過剰な思い込みをコミカルに表現していて、後半への布石になっています。ここをを独白調ではなく描写で表現すればまた別の面白さが生まれたかな、とも思いました。
貯金箱の軍資金2万円を掴んで特急に飛び乗って東京へ、ということは主人公はどこから乗ったのでしょう。新宿駅まで特急ですから中央本線で長野あたりからでしょうか。それにしては「えらいすんまへん」の訛りは関西風ですね。もし大阪からのぞみだと片道1万4千円で、復路を考えないなら可能です。そんな大胆な彼がご婦人の東京弁ごときでメンタルが折れてしまうのが笑えるところなのでしょうね。

プロフィール画像
2013.11.23 22:39
犬子蓮木 @sleeping_husky
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
なにかおもしろいものがはじまりそうで、はじまらなかったw

コメント前に
する
ネタバレを含む