てきすとぽいトップページへ
第11回 てきすとぽい杯〈お題合案〉
 1  13  14 «〔 作品15 〕
間に合わなかった。
秋吉君
 投稿時刻 : 2013.11.17 01:45
 字数 : 970
〔集計対象外〕
5
投票しない
間に合わなかった。
秋吉君


嫌な夢だた。
リンゴ畑のあちこちに、無数の首が落ち散らばていた。
天を仰いでいたり、地面に埋もれていたり。バラバラの方向へ顔を向けて、一様に首は目は閉じていた。
俺は首を避けながら、木々の合間を進む。
土に降りた霜を踏むたび、足の裏から感触が伝わてくる。
呼吸が荒くなる。俺は白い肌を思う。あの木の向こうにあるぬくもり。丸い乳房と甘い吐息。
下腹部がもどかしい。
俺は首を避けながら、足早に進む。
黒い幹の向こうに、マフラーの切れ端が見える。
「美由紀!」
叫ぶが声は出ない。俺は走り出す。全裸だた。固く尖た肉が屹立し寒気に突き刺さる。
思うように足が進まなくて、あと思た瞬間、白髪頭の首に躓いた。
「この土地から出るな!」
地面から咆哮が響き、無数に落ち散らばた首が一斉に目を見開いて、俺をにらみつけた。

「ねえ、ほんとにそれでいいの?」
「ああ。もう決めたことだから」
「ふうん……あ、離れ離れになうね」
美由紀はマフラーで口元を隠した。
「お前こそ、本当に東京の大学に行くのか?」
「私、こんな田舎で一生過ごすなんてヤだから」
高校からの帰り、リンゴ畑へと続く細道は薄暗く、人の気配はない。俺は夢を思い出していた。
「先祖代々の畑なんだ。知てるだろ、農園を継ぐのは俺しかいない」
「私のことはどうでもいいんだね」
「そうじない、遠距離だて、続けられるだろう……
「ムリだよ、そんなの」

陽が傾くにつれ影は濃くなり、木々の根本から首が生えてくる。
俺は制服のスカートから生える白い太ももに目をやる。
「俺、失いたくないんだよ」
美由紀は答えず、足を早める。
リンゴ畑のあちこちに、首が落ち散らばている。
首はバラバラの方向へ顔を向けて、目を閉じている。
呼吸が荒くなる。美由紀が足を速める。マフラーの隙間から煙のように白い息が吐き出される。俺は追う。
道は更に細まり、畑との境目が消える。
足元には無数の首が落ちている。
「美由紀!」
下腹部から咆哮が響く。いつのまにか俺は服を脱ぎ捨て、全力で逃げる女を追ている。
首を蹴飛ばし踏みつけ、俺は追い、肉体は逃げる。
「お前は逃げられない」首が吠える。「お前の血は縛られている。逃がすわけにはいかない」
首の目が開かれると、黒々とした枝に果実が実る。
月明かりが真赤な実を照らしたとき、無数の俺の首が、女の肉に噛みつくのが見えた
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない