てきすとぽいトップページへ
みんなで、ほっこり ハッピー・クリスマス掌編賞
 1  4  5 «〔 作品6 〕
 投稿時刻 : 2013.12.02 22:41
 字数 : 2100
5
投票しない
もりのほし
゚.+° ゚+.゚ *+:。.。 。.


 地球に生まれ育たみなさまには少し想像が難しいかもしれないが、その星は、一面緑色で覆われている。たとえばあなたがロケトに乗てその星に向かうとする。大気圏に突入して大地が見えてくると、地平線の先の先まで、鮮やかな緑で埋め尽くされているのがわかるだろう。それは太陽の光を受けてきらきらと輝いている。地球に生まれ育たみなさまは、もしかすると、眩しすぎて一瞬目がくらんでしまうかもしれない。ロケトがゆくりと降下し、ついに地表に近づいてくると、その緑が、一面の森であることがわかるだろう。もちろん、本物の森だ。本物の木が、本物の大地に根を張て、太陽と雨の恵みを受け、空に向かて背を伸ばし、肩を寄せ合て集ているのだ。地球に生まれ育たみなさまは見たこともないだろう、本物の森である。
 無論、その星にだて、最初から本物の木が自生していたわけではない。この星の生命たちは長い間、ただの土くれだたのだが、そこに、地球人、つまりみなさまの遠いご先祖さまがやてきて、土くれたちに、ほんの少しの自我と、ほんの少しの意識と、技術と、お金を与えて、地球で使うための木を栽培させるようになた。
 土くれたちはほんの少しずつ成長する。形を持ち、次第に歩くようになり、意志を持つようになり、感情を持つようになるまで、地球の単位で言うと200年ほどの時がかかた。
 たとえば、北の方の森では、もみの木が連なている。もみの木たちを世話をしているのは、土色をした、胴体と、二本足と、二本の腕と、まるい頭を持た、シンプルな形の土くれたちだ。この森では、地球でいつも年末に行われる子供向けのイベント用にもみの木を栽培しているのだが、ある時地球の子供が気まぐれに綴た土くれたちへの「お礼のお手紙」に、香ばしい焼き菓子が同封されていたのだ。
「もりのほしのみなさん、ありがとう。もりのほしのみなさんも、くりすますにじんじあぶれどまんをたべてください」
 土くれたちは、文字が読めないどころか、ものを知らず、自分たちが何故もみの木を育てているのかも理解ができておらず、ましてこの大気圏を抜けた先の宇宙のことなど考えもできなかたが、そのとき唐突に、その手紙と焼き菓子に、うれしさのような、いとしさのような、さみしさのようなものを、ほんの少しだけ、抱いたのだた。
 そしてもみの木の森の土くれたちはじんじあぶれどまんの形になた。
「やあ、おはよう、ぽ
 夕暮れ時、一体の土くれが、もう一体の土くれに声をかけた。のそのそ歩いていた土くれは立ち止また。それから、最初に声をかけた方の土くれは、しばらく黙ていたが、そのうち、自分が何をしようとしていたのかも忘れて、ただ黙て歩き出した。ぽと呼ばれた土くれもまた、別の方向へ歩き出した。それから、また別の土くれに声をかけた。
「やあ、こんにちは、ぱ
 ぱと呼ばれた土くれは立ち止また。
「やあ、こんばんは、ぶ
 実際のところ、誰がぱでぽでふなのかは、彼らにとてあまり意味がなかた。すべてがぱでありぽでありぶたし、すべてがこの星の大地から生まれた名もなきただの土くれだた。
「北の方の木が一本、立派に育たようだよ」
 とぱともぷともぽとも知れない土くれが言た。
「そうかい、じあまた、遠くへ行てしまうんだねえ」
 と、ぱともぶともぺとも知れない土くれが返した。
 土くれたちが育てたもみの木は、立派に育つと、地球から来たロケトに乗せられて飛びたていく。そういう決まりになている。土くれたちはそれを、朝が来たら日が昇たり、雨が降ると地面が濡れるのと同じことのように感じている。それでも時々、自分たちの育てたもみの木が森から消えることについて考える。それまでずとそこに根を張て、日々ゆくりと成長していた木が、ある日突然、跡形もなくいなくなてしまうのだ。
 今も、ばともかともけとも知れない土くれは考えている。いなくなてしまうものについて。南の方を向く。あら、消えていくのは東の方の木だたかしら? 東はどちだろう。そうしてきろりきろりと辺りを見回す。そうしているとだんだん、なんでここにいたのかも忘れて、またとぼとぼと森の中を歩き出す。森の中はうんと静かで、日が沈むと真暗になる。冷え込んだ空気の中に、土くれたちがあてもなく歩き回る鈍い足音だけが一晩中響きわたている。土くれたちはこういう夜に、時々、この星を去ていく木のことを、もう少しだけ覚えていたいなあと思う。ほんの少しだけ。ほんの少しだけ。

 ところで地球のみなさまは、通販で購入したクリスマスツリーに、時折、不思議なものが付着しているのを見つけたことはありませんか? たとえば、きれいな小石とか、もみの木ではない木のきれいな形の葉とか、木の実とか。
 それは、地球の子供からもらたジンジブレドクキーのことを時折思い出して、ほんの少しだけ覚え続けられていた土くれが、それを真似してもみの木にくくりつけた、地球人へのプレゼントなのです。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない