てきすとぽいトップページへ
第一回、でぎずどぼい杯
 1 «〔 作品2 〕» 3 
一合目(既知との遭遇)
健太
 投稿時刻 : 2014.02.15 22:16 最終更新 : 2014.02.15 22:22
 字数 : 812
5
投票しない
更新履歴
- 2014.02.15 22:22:32
- 2014.02.15 22:18:30
- 2014.02.15 22:16:06
一合目(既知との遭遇)
健太


「生きるべきか、死ぬべきか…」
山に入て三日目、男にとてそれは問題ではなかた。
「生きないべきか、死なないべきか…」
それが問題であた。男にはもう、人生に対し積極的に挑む勇気も退く勇気もないのだた。

それに、次の一歩を踏み出すには、男はあまりにもこの世を知りすぎていた。「知らぬが仏」とはよく言たものである。「知りすぎていた男」は、山の途中で立ち止まらざるを得なかたのである。

陽が落ち始める。辺りは次第に暗くなり、リクの中を覗けば男の食糧は底を尽きかけていた。 「今引き返せば、まだ間に合う」 しかし、知りすぎていた男にはそれ以上進むことも戻ることもできない。男はとりあえず、今晩はそこにテントを張り一夜を過ごすことにした。

テントで仰向けになり、男は自身のこれまでの人生を振り返ていた。「俺は、これ以上この世を生きるには、少々知りすぎてしまた。何故どこかの段階で俺は知るのを諦めなかたのか。探キウ心が強過ぎたせいか…」

そんな知りすぎていた男でも、まだわからないことが一つだけあた。それは、今登てる山の名である。「この高く険しい山の頂きに辿り着きさえすれば、わかるに違いない。そしてその時、俺はこの世の全てを知るであろう…」男は眠りについた。

それから何時間経たのか。まだ暗闇が支配する山の中で、ざわざわ不審な物音がし男は目を覚ました。「熊か…」男は危険を察知し、熊撃退スプレーを手に取り身構えた。知りすぎていた男は熊の習性も熟知していた。備えは万全である。

「この山の主か…それともこの世のものではない何者かか…」ほんのり月明かりが闇を照らすテント中、大きな影が男に近付く…

「クん…」

その物音、影の正体は男が連れて来た犬であた。そう言えば、エサをやるのを忘れていた。お腹を透かせていたのであろう。

「知てるよ、バカ。ちと忘れていただけだよ。ビビらせやがて…」男は熊撃退スプレーで犬の頭を小突いた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない