てきすとぽいトップページへ
200文字小説コンテスト
 1  207  208 «〔 作品209 〕» 210  283 
蠢動
 投稿時刻 : 2014.03.28 00:07
 字数 : 200
5
投票しない
蠢動
志田玉路


 ねえ「好き」……
「な、これからウチにこね?」
 なあに?
「今日、親いねんだわー
 ねえ「好き」……
「何なら、そのまま泊まても平気だしさー
 何なの?
「お前もさ、家に電話してさ、今日はダチんとこ泊まるからとかなんとか理由つけてさ……
 ね本当に、あたしの事、「好き」?
「なあ、いいだろ? この前の続きしようぜ、今度はちんときーつけるからさ、な?」
 微熱に火照た躰の芯に、別の生き物を感じた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない