てきすとぽいトップページへ


200文字小説コンテスト主催 : 小伏史央



《 投票メニュー 》
集計結果
期日後投票



簡単な説明
生活臭
とある主婦の憂鬱
知った。
なかなか出ない君へ
それゆけ
秋唄
美人の湯
女優
無限の可能性
舌打ち
突発性変声症
ひきこもり
春興呵々
バカ
雪見酒
甘い話には裏がある
ひまわり
キノコ
オラに元気を分けてくれ!!
いと
蛸飯な午後
放課後のコーンポタージュ
僕らの平和を壊すもの
待ち人
いっぱいがおっぱい
地上の星空
疾走
せっかちなあの人
ホワイト・ドワーフ
鬼嫁の一言!
僕の嫁
阿修羅ウーマン。
青く煌めく
墓守
騙された
ウナギイヌ
めまい
レジ袋
漢字テスト
最後の晩餐。
あの瞬間の僕
はんなり。
死神
空想
太陽の花
グラヴィティ
キスの前には歯を磨かなきゃ
様式美
当然の帰結
鬼嫁の逆鱗。
鬼嫁
間違っているのは社会のほう
プレゼント
いかん
ぐしゃ
麹の精
実は新種
男と子供
White sandy beach
柱時計
最悪の兵器
私を抱きしめて
桃の花
敗北
出発の時
空白は文字数に入らないと聞いて
188月
竹取桃太郎
いのなかのかわず
傷ついて泣きたいよ
冬虫夏草
ネゴシエーション
講談ネスト侍
私の尊敬する彼
ゆるキャラに生き、ゆるキャラに死す
雪心
盆栽
ライトウィング。
執着
君の言う通り
暗い水槽
そして少女は今日も学校をふける「なぜ泣くおっさん」
そして少女は今日も学校をふける「マジかそのセリフ」
そして少女は今日も学校をふける「優等生の坂崎くん」
そして少女は今日も学校をふける「マスターとあたしとナポリタン」
そして少女は今日も学校をふける「デパートの屋上でなくした十円」
プロジェクトB
ライトウイング 2
ライトウイング 3
バイタル
ガーデニング
バラの色
ニキビ
ライトウイング 4
皮算用……。
葛藤。
赤い糸
飴細工の思い出
ツイッター小説には長すぎる
私の心は大根おろし
DNA。
優しい嘘つき
樋口兼光
根井行親
楯親忠
今井兼平
忠犬バチ公様なのだ!
ゆうやけ
先入観
笑顔を望む
火薬の誕生
漱右が手間をかけさせて、ホントにすんまへん。
桜の見る夢
泣き声
差し迫る
火事場の馬鹿力
ライトウイング 5
三本のやーん
雷がこわい妹
200文字のコスモ
起きるのが遅い妹
将軍と異世界少年
そして少女は今日も学校をふける「昼下がりの公園で」
いざ鎌倉!
エクソダス
地球最大の病院
名医の経歴。
ひどいやつ
アダムとイヴ
授業放棄過多症候群
初めての海
墨刑
御火の番
山田羽書
妻の血だらけの服
たんぽぽ
いいこと思いついた!! 本文200文字しか書けないならタイトルにいっぱい書けば良くね?? しかも改行はやり放題じゃん!! よっしゃこれでいっぱい書ける!! この勝負、もろたで工藤!!
200文字で人を殺すには。
泳げない妹
心配する妹
価値ある真実
ギャンブルの勝者
きんたま!
二十一世紀ええじゃないか
天井
愛犬
君に会うための『さようなら』
電気羊の夢
ハーフボイルド探偵・犯人はヤスダ
冬の女王の涙
先見の壺
照星
わたしはそれを見ている。広大な平原が広がっている。二つ小さな点が盛り上がっているようにも見えるが、ここからの様子ではよくはわからない。それが固いものなのか柔らかなものなのか、触り心地のよいものなのかそうでないものなのか、それもわからない。長き旅路に疲れたわたしを癒してくれるものならいい。それならどれほど嬉しいことだろう。わたしは手を伸ばす。平原だと思っていたのは誤りだった。それは豊かな大地だった。
ところでシステムの隙を突くようなものを投稿してみたのはいいのだけれどもこのタイトル部分にいったい何文字まではいるのか私気になりますしどこにも表記がないっぽいので色んな方にお前一回試してみろよと脅……けしかけられたということもあって一度試してみたいんだけどこれ投稿したら顰蹙ものだよなあ大ブーイングだよなあとか思ったりなんかしたりするけれども私は元気でよくよく考えたらいつもと変わらなかったということは私はだいたいいつもこういうことをやっているわけでそれはそれでどうなんだとおもわないこともないわけですが結論としてはけしかけたやつらが悪いのであってあたしわるくないし、今これでいったい何文字なのかわからないしたぶんまだ300文字くらいだと思うからこれじゃあ全然試したことにも何にもならないしストレステストにもならないじゃんっていうかすでにこれから先書くのがかなり辛くなってきたんですけど何かネタがねえかな、ああそうだ、一つだけいっておかないといけないと思うのは、こういうシステムの隙を突くお遊びっていうのは思いついたらついついやってみたくなるものなのだけれども、やっぱりそれを除いた部分で一定の「面白さ」がないといけないわけで、まあこんなことを書いてしまうとだいたブーメランで自分に突き刺さるし、そもそも「面白さ」って何だよってことになるわけなんですが、ともかくもただ「やってみました!」だけで完結してしまっていると、それは受け手側にとっては顰蹙もの以外の何でもないわけで、というかこれは内容どうこう以前の前に投稿した時点で大顰蹙ものなのはわかっている皆までいうな的なものではあるんでイコールお前が言うなお前だけには言われたくない的な代物ではあるわけですがところで今何文字だい737文字ですかそうですかおいだれだ俺にこんなことやってみろとか言ったやつらは実際書く側の身にもなってみろってんだもうあれだ、ここに過去作から何か引っ張ってきてコピーアンドペースとしてやろうかそうすれば一気に一万文字くらい稼げるしなでもそれやったらマジで出入り禁止にされるかもしれないからとりあえずストレステストということで1000字程度でやめときますそうします管理者や企画運営の方々にはほんとごめんなさいというわけでそろそろお時間が来たようです謳うのは茶林小一で、「こんな長文になったのはどう考えてもお前らが悪い」、どうぞ。
笑顔
デス子
呼び出しと妹
女神さまに叶えてもらう願い
三途の川の渡し賃っていくらだっけ
妹とピザ十回
浦島効果がわからない妹
妹と斬鉄剣
生きる
簒奪者
Yes,You are certainly cute……
説教勇者
心地よい重さ
透明人間
悪霊ちゃんの標的
宇宙人
羽ばたく日
交換犯罪
望郷
望郷2
テコでも動かない妹
恐怖症に妹
勇者へのほうび
ハーレム勇者
仲裁勇者
春風
はじまりのコロシ
マリオネット
留守電
8月16日
バームクーヘン
地上最強
題名に僕の名前があったので
テレビ地獄
アンテナ地獄
改行記念日
電気羊と温かい手
告白
廃業記念日
タイーホされた不沈漢
ハゲ博士の闘争
送り火
桃太郎異聞
懺悔
透明になれる薬
大人好きな人
靴の裏には…
周回宇宙船
十四の夜。
暇の缶詰
蠢動
繰り返し
狂愛
裸の国民
from 二十世紀
裏それゆけ
独占欲
黄昏トラム
辞書
こんにちは地球人さん
情報過多過多私胸夢無量!
夜の真ん中を越えてゆけ
ホラー小説を書きあぐねているあなたへ
はみ出してミス、ッテリ
シュレディンガーの猫の欠点を補うには
斬鉄はできるか?
また新手の使い手か
世紀末覇王ふうの魔王
えBL
三つの願い
一秒でも長く君といたい
おまじない
女のあの声……
鈴木有限会社
ライトウイング 6
試験の準備は完璧ですか?
飴をお配りしています。
ゲームに大切なこと ~バランス~
異国死
吐き出す
僕の幼馴染みは友達が少ない
誰も寝てはならぬ
いつか棲む場所
私たちにもう言葉は要らない
時間に厳しい教師
運命の日【改訂版】
魔王に祝福を
非日常と日常
ゲームに大切なこと ~方向感覚~
夢やぶれて
ガイドと旅人「一本足の一生」
ガイドと旅人「塚蟻の女王」
すこし嬉しかったよ
いつか来たセカイ
屍体の其の下には
雨の日は動けないから
殺りに行けるアイドル
新入社員に告ぐ!
二十三夜
そして少女は今日は学校に通う
雨にぬれても
ラストソング
DNAの秘密
ひきょう組に貶められた男
そば屋
グランシア物語
ハーフボイルド探偵・BARにいる探偵
ぶつける
夫婦の役割
続ネゴシエーション
千人村がうまくシミュレートできない
先輩
俺は、死ぬ。
数え唄
ほっとをもっと
シーソー
もう少し頑張ってみて
人類がウソをつけなくなったら…
TVは誰のためのモノ??
だいたいみんな泣くんですよ。
桜の下には何がいるんだろう?
真夏の恐怖
嫌いだ。



チャットに参加する
一覧ページにコメント
2014.03.23 13:54
プロフィール画像
〈投票期間延長のお知らせ〉

こんにちは。200コン主催者の小伏です。
みなさまご参加ありがとうございます。募集期間が残り半分となりました。まだ半分も残っています……。50作も集まれば万々歳だろうという見積もりでいた自分に呆れ返るばかりです。
ということで、投票期間を延長します。
4月1日~4月14日と告知していたところを、2週間延長し、
【4月1日~4月30日】とさせていただきます。4月まるまる投票期間です。

投票は各自☆1~☆5の5段階方式でおこない、その平均で競います。平均の変動は期間中つねに表示されます。
結果発表を含めると5月まで長引くことになりますが、最後までお付き合いいただけると幸いです。

『春興呵々』にコメント
2014.04.01 11:59
プロフィール画像
 こいつは不思議な味わいがありますな。
 なぜ部屋が広がっているのか。それはトラ猫の仕業なのか。トラ猫がやったのだとしたら、トラ猫はどういうつもりでそれをやったのか。復讐なのか。それとも別の感情なのか。
 それらが全部伏せられた上で、想像する楽しさ、自分なりの結論を出す楽しさというのがあると思います。
 こういう小説における曖昧さというのは心地よさになるときと不快感になるときとがあって、大抵は不快感になってしまうときの方が多いように思います。ですがこいつはその塩梅を上手くやっているんじゃないかと。何というか、「世の中のうちのこういうことはわからないのだ、わからないだろう」と思える部分に暗喩とこちら側の納得が合致しているというか。そんな感じがしました。
 面白かったです。

『僕らの平和を壊すもの』にコメント
2014.04.01 15:56
プロフィール画像
 真の平等とは何か……。
 起承転結が短い中でしっかりとまとまっていて、とても面白かったです。

 ただ、影は『差すor射す』が正しいかなぁ、と思います。細かくてスミマセン。

『望郷』にコメント
2014.04.01 16:16
プロフィール画像
 人類のグローバル化に伴って、彼らの仕事の範囲も広がっていくんですね。ホントお疲れ様です(笑
 とても面白かったです。

『冬の女王の涙』にコメント
2014.04.01 16:19
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 春がやってくるというのは、そういうことだったんですね(笑
 北国に住む人間としては、女王様には当分引きこもってもらいたいものです。

『僕の幼馴染みは友達が少ない』にコメント
2014.04.01 16:27
プロフィール画像
 是非とも、世話焼きの友達が欲しいところですね。
 いい歳してキュンとしちゃいましたよ(照

『とある主婦の憂鬱』にコメント
2014.04.01 21:40
プロフィール画像
126777925447が暗号になっているのかな (`・ω・´)?

『知った。』にコメント
2014.04.01 21:43
プロフィール画像
ニラじゃなくてニンニクなら「魔除けかよ!」ってオチになったかもネ www

『なかなか出ない君へ』にコメント
2014.04.01 21:46
プロフィール画像
当たりがスライムという時代があったんですヨ www 知らないでしょ (^_^)

『秋唄』にコメント
2014.04.01 21:49
プロフィール画像
これ何度読み返してみても良いんだよなあ……(*´д`*)

『美人の湯』にコメント
2014.04.01 21:53
プロフィール画像
小野小町とか、おたふく美人だよね。オレけっこう好きかも (*´д`*)

『女優』にコメント
2014.04.01 21:58
プロフィール画像
女性って生まれながらの女優かもネ。スッピン見たときの衝撃はスゴいもんネ (´・ω・|||)

『無限の可能性』にコメント
2014.04.01 22:02
プロフィール画像
1時間に60回も同じことやってんですネ。1日にすると1,440回 (^_^;)

『せっかちなあの人』にコメント
2014.04.01 22:04
プロフィール画像
 これは面白かった。
 200文字ならではの疾走感と流麗感であったと思います。こういうこの文字数ならでは! というのを読むと、これを読めてよかったなあ、という気分になりますね。
 またピックアップされたエピソードのコミカルさとそこに込められたやさしさとうっとうしさのない交ぜになったような何とも言えない感じが、よい塩梅であったように思います。

一覧ページにコメント
2014.04.01 22:35
プロフィール画像
〈募集締め切り・投票期間開始のお知らせ〉

こんばんは。200コン主催者の小伏です。
200文字小説コンテストの作品募集を締め切りました。最終的に拙作合わせて281作品となりました。たくさんのご参加、ありがとうございます。

投票期間が始まりました。4月30日の23時59分まで、投票を受け付けております。
この膨大な作品数のなかで、頂点にたつ200文字はどの作品か。決めるのは皆様の投票です。
無理して全作に目を通す必要はありません。全作読めていなくても、お読みになった作品だけでもご投票いただけると幸いです。

感想欄も解禁されました。「最多感想賞」「主催者的ベスト感想賞」「受賞者的ベスト感想賞」を手にするのは一体誰か。読み専の方もふるってご参加ください。(※「最多感想賞」は複数人受賞アリ、感想賞は読み専だけでなく参加作者も受賞対象です)

また、
・緒 真坂 itoguchi masaka様「DNAの秘密」http://text-poi.net/vote/56/263/
・ひかわ浅葱様「だいたいみんな泣くんですよ。」http://text-poi.net/vote/56/280/
・骸様「桜の下には何がいるんだろう?」http://text-poi.net/vote/56/281/
の3作品は、締め切り後に投稿された作品ですので、選外とさせていただきます。投票ポイント数が1位になったとしても、受賞とはなりません。ご了承ください。
ただし企画の参加作品として、「感想賞」を集計する際はこの3作品への感想も含めます。最後まで企画とお付き合いいただけると嬉しいです。

ではでは。よろしくお願いします!

『青く煌めく』にコメント
2014.04.01 22:55
プロフィール画像
 とても不思議な読後感のある一品です。
 何というか、単語同士の関連性というか連想というか、そういうものが意図的に少しずつずらされている。そんな感じがする。結晶に注目している間にいつの間にか対象が少女に移行していてその辺りのずらし方が文章表現ならではだなあ、と思ったりなんかしました。

『ひきこもり』にコメント
2014.04.01 23:17
プロフィール画像
 なるほどね。
 200文字タイトルも大切ですな。
 途中の「苦しい」ってところに二つの取り方できるのが巧いと思いました。

『プロジェクトB』にコメント
2014.04.01 23:29
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
プロジェクトBAKUHA…?(笑)

『レジ袋』にコメント
2014.04.01 23:34
プロフィール画像
 200文字らしい一品であると思います。
 作中で一つのことを物語り、タイトルを見返したときに、また別の情景が浮き上がってくる。こういう構造は大好きですし、きれいにまとめるのはなまなかなことではない。これはきれいにまとまっていると思います。
 何より大事なのは、それらの表の世界と裏の世界が共鳴しあっているかどうか。そこだと思います。作中で伏せられているというかぼかされている部分がタイトルで語られているわけですが、そこからそこに内包されている後方の問題へと意識を向けるわけで。その部分にちょいと是非はあろうか、と思うのですが、踏み込み過ぎないよいバランスであったのではないか、と個人的には思いました。
 面白かったです。

『簡単な説明』にコメント
2014.04.02 00:10
プロフィール画像
200文字小説企画の説明自体が200文字小説として成り立っているのは、具体的な「説明」としてとても良いと思いました(・∀・)

『無限の可能性』返信コメント
2014.04.02 00:10
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
閉伊卓司様、
しかも、無限にループする以上、食事とか風呂とかは考慮されませんものね。
本当に同じことが無限に続く可能性があるわけです。
(書き手より)

『生活臭』にコメント
2014.04.02 00:15
プロフィール画像
着古したTシャツの手触りと匂い。四畳半の化粧壁にしみこんだ息づかい。昭和の風情ですなあ(・∀・)トカ思ったけれども、男女の情感とは、いつの時代でも変わらないものかも知れない…

『知った。』にコメント
2014.04.02 00:23
プロフィール画像
オールグリーンなら何も問題ないではないかw

と思ったけれども。ニラにも似合わぬ(笑)爽やかな読後感(・∀・)

『なかなか出ない君へ』にコメント
2014.04.02 00:29
プロフィール画像
銀色のそれは多分2枚かそこらかな。「高嶺の花」の代価としては、ちとお安いような。

『DNAの秘密』にコメント
2014.04.02 01:32
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
たんを吐く人がいなくなるといいなぁ。

『秋唄』返信コメント
2014.04.02 05:30
プロフィール画像
何度も読めるお得感が200文字ですね^^

『ぐしゃ』にコメント
2014.04.02 09:55
プロフィール画像
ぐしゃ(^―^) シュールでよかったです^^

『それゆけ』にコメント
2014.04.02 12:35
(無記名)
こういう現実と非現実が混じり合うテクストは大好物です。

『美人の湯』にコメント
2014.04.02 12:37
(無記名)
教科書みたいなショートショートです。200文字小説のお手本みたいなテクストですね。
でも、それだけにもうひとひねりほしいと思っちゃうのは読者のわがまま?

『ひまわり』にコメント
2014.04.02 12:41
(無記名)
200文字で雰囲気小説。
雰囲気小説の宿命で読み手の好き嫌いが分かれるでしょうが、私は楽しませていただきました。
ただ、もしかするとモノローグの域を脱していないかもしれない、と釘を刺しておきます。

『キノコ』にコメント
2014.04.02 12:43
(無記名)
下ネタか!
いずれにしても、語りの口調が素晴らしい。作者さんは落語でもやってらっしゃるのだろうか。

『いと』にコメント
2014.04.02 12:45
(無記名)
個人的にお勧め作。
男女の嗜虐的な性愛と相互依存がない交ぜになって、一つの耽美世界が出来ています。
200でこれをやるのは難事。拍手。

『せっかちなあの人』にコメント
2014.04.02 12:47
(無記名)
せっかちな人、という一言にこのテクストのすべてがあるわけですが、その一言の裏に優しさと救いがありました。また、相手方の心象風景はまるで描かれていないにもかかわらず、文体の端々から漏れてくる描き方もお見事です。

『僕の嫁』にコメント
2014.04.02 12:50
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
嫁であるところのアンドロイドを活写したテクスト。
描写が精緻で素晴らしいのだけれども、一つ苦言があるとすれば、その活写だけで終わってしまった観があることか。一読者としては、もう少しテーマへのベクトルづけがほしいと思った。

『麹の精』にコメント
2014.04.02 12:52
(無記名)
ホラーだなあこれ!
本題とは関係のない話題から入り、最後の一文で落とす。おもわずニヤリとしてしまいました。

『美人の湯』にコメント
2014.04.02 13:18
プロフィール画像
オチがあまりにストレートすぎる感が…^^;

『女優』にコメント
2014.04.02 13:20
プロフィール画像
このひとが「女優」を自認しているのでなければ、私は面白かったかもしれません。

『無限の可能性』にコメント
2014.04.02 13:23
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
なんという無限ループ(;´Д`)
これこそまさに「生きている」と「死んでいる」が重なり合った状態だなあとか、本編に関係ないことまで考えちゃいました。

『突発性変声症』にコメント
2014.04.02 13:31
プロフィール画像
「どこかの警部」がどんなお声をお持ちなのかピンとこない私には、主人公の悲しみに寄り添うのは難しかったのです。

『春興呵々』にコメント
2014.04.02 13:33
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
ザムザの不条理がここにもw

『それゆけ』返信コメント
2014.04.02 16:17
(無記名)
そう言っていただけると書いた甲斐があります。ご感想ありがとうございました。(書き手より)

『無限の可能性』返信コメント
2014.04.02 16:20
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
>anon様
 博士と助手は同じことをいつまでも、永遠に繰り返します。
 この時点で二人は生き物じゃなくなっているかもしれませんし、繰り返しという行為そのものに大切なポイントが移ってしまっているのかもしれません。(書き手より)

『ラストソング』にコメント
2014.04.02 18:06
(無記名)
小説の書き手による、ひねくれた読書案内。
書き手はこういう世界を用意しているんだ、という、作者の心意気を感じました。
が、もしかするとこれ、作者ではない読み手にはあまり響かないかも、と思いつつ、この企画で「書き手でない読み手」を想定することもまずないのかなあ、とも。

『火薬の誕生』にコメント
2014.04.02 18:09
(無記名)
シュール。その一言に尽きます。
最初に提示される前提についていけるかがこのテクストを楽しめるか楽しめないかの分水嶺。なお、わたしは楽しめたクチ。

『プレゼント』にコメント
2014.04.02 18:14
(無記名)
こういう飛び道具的なオチ、大好きです。
何が面白いのかを語ってしまうとネタバレになってしまうので控えますが、日常にしれっと紛れ込んでくる非日常の姿が面白かったです。

『出発の時』にコメント
2014.04.02 18:19
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
人との別れっていうのは普遍的な光景であるなあ……、としみじみ思いました。そして、このテクストの上手いところは、「新幹線で二時間」とか「電話やLINE」といった現代の技術が人との距離を縮めていることを読者に提示しつつも、好きな人と別れるのがつらいという思いは不変のものなんだ、と示している点だと思います。

『突発性変声症』にコメント
2014.04.02 20:00
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
これ、あれですよね。某国民的アニメの、最近お声変わりしたあのサラリーマン氏のことですよね。
あの絵で脳内再生してしまいました。その絵面からは何とも言えないメタ臭が……。

『めまい』にコメント
2014.04.02 20:03
(無記名)
このお話、いいですねえ。
ぬいぐるみを物と捉えている親と、あくまで友達であるという子ども側の認識のずれがこのテクストを形作っています。子供の頃に無くしてしまった気持ちを思い出したような気分です。

『せっかちなあの人』返信コメント
2014.04.02 22:34
プロフィール画像
感想ありがとうございます。流麗感というのはわかりませんが、やさしさとうっとうしさを感じてもらえたのは、意図通りです。
(感想を書くためにTwitterを使い始めたのですが、良くわからない)

『せっかちなあの人』返信コメント
2014.04.02 22:43
プロフィール画像
感想ありがとうございます。おっしゃる通りこの作品では題名が大事です。そのニュアンスを感じとってもらえれば、作者としては成功です。

『せっかちなあの人』にコメント
2014.04.02 22:52
プロフィール画像
とても良かった。そう、タイトルに全てが込められていると思いました。

『疾走』にコメント
2014.04.02 23:01
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
電信柱はラスボスではなく障壁だったのですね。そこがちょっと残念(笑)

『地上の星空』にコメント
2014.04.02 23:07
プロフィール画像
一抹の切なさと安堵。変わらぬ明日への祈り。この上なく美しい情景だと思いました。

『竹取桃太郎』にコメント
2014.04.03 06:46
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
竹取物語と桃太郎を無理矢理一つにして、かぐや姫と桃太郎を姉弟にしてしまったその発想が素晴らしい。できすぎた姉に対する弟の微妙な愛憎が、ラストの一文に表れていますねえ。力技に見えて、相当練られた作品のようにお見受けしました。

『キスの前には歯を磨かなきゃ』にコメント
2014.04.03 06:50
(無記名)
このテクストは、読者側の想像の余地が残っていて、そこを埋めてやる作業が必要かもしれません。
今の主人公が置かれている立場をどう考えるかによって、このテクストは味わいが変わってきます。二パターン考えられますけど、どっちにしても味わいがあって面白い。

『舌打ち』にコメント
2014.04.03 06:53
(無記名)
こういうことってあるよなあ……と思いました。
もしかするとジェンダー論的にはあれかもしれないけど、一方でこのテクストに描かれている二人の感じている思いっていうのは建前を離れた人間の本音なのかもしれないですねえ。

『だいたいみんな泣くんですよ。』にコメント
2014.04.03 06:55
(無記名)
このお話、子供の成長に見せかけて、実は親も気づきを通じて成長しているというのがミソ。
子供を育てたことはないんですが、きっと子育てっていうのは子供と同時に自分も成長するものなのだろうなあ、と思いました。たぶん、子育てをなさった方には強く響く話なのではないかと思います。

『暗い水槽』にコメント
2014.04.03 06:59
(無記名)
上手い。
水槽というメタファーと男女の別れをリンクさせて一つの閉塞感ある世界を作り上げています。
ただ、読者から我儘を申し上げさせて頂けるなら、文章が少し理知に寄りすぎていて、感覚的な部分が弱かった気がします。……っていう感想自体が相当感覚的なのはご寛恕ください(汗

『僕らの平和を壊すもの』にコメント
2014.04.03 12:45
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
大げさな言い方をすれば、平等という名の民主主義が己のテーゼゆえに自死する様を描いた作品。
平等はかじ取りを間違えるとスタンドプレイや秀でたもの劣ったものを否定してしまう、という切り口が鮮烈であったように思います。

『三本のやーん』にコメント
2014.04.03 12:48
(無記名)
このテクストはイメージ出来た者勝ちですね。
元ネタは毛利元就とその子供三人との逸話ですけど、いかめしい戦国大名とその子供たちを想像すると笑いの倍率ドン、さらに倍です。ばかばかしい(褒め言葉)お話、そしてそれゆえに面白い。

『White sandy beach』にコメント
2014.04.03 13:57
プロフィール画像
冒険心と遊び心と努力に敬意を表します。
日本語なら、漢字の使用、読点や括弧などの記号で調整出来ますが
英語にはそういう調整しろがないような気がします。
それに200文字はきついですね。

ご苦労さまです。

『舌打ち』返信コメント
2014.04.03 20:11
プロフィール画像
 すれ違いざまに舌打ちされたら、誰しも鳥肌が立つと思います。そういう点で「舌打ち」という行為は人間の動物性を蘇らせるのかもしれません。「人間の本音」というご指摘はそこを鋭く突いているかもしれません。書き手としても新たな発見でした。
 ご感想ありがとうございました。

一覧ページにコメント
2014.04.03 20:20
プロフィール画像
〈作品追加のお知らせ〉

 申し訳ありません! 登録漏れが2作品ありました。2作品にも投票お願いします。
 作者の維川 千四号様には迷惑をおかけしました。ご連絡ありがとうございます。
 まさかもうないとは思いますが、もしまだ登録されていない作品がありましたら、ご一報おねがいします。

 また、小説家になろう作品で、投稿後に改題をされていた方が数人いらっしゃいました。小説家になろう作品の企画ページへの登録は主催が手動でおこなっており、小説家になろうで改題をされても自動的には反映されません。投稿後タイトルを変更なさった方は、企画ページに表示されているタイトルと作品のタイトルが一致しているかお確かめのうえ、異なる場合は小伏までご連絡ください。
 本文も投票期間中はなるべく修正は控えていただきますようお願いします。

 ではでは。お楽しみください。

『バカ』にコメント
2014.04.03 20:53
(無記名)
感想を書くのが難しいテクスト。世の中、感想を口に出してはならないテクストというのが存在するのです。口に出した瞬間にテクストの豊穣の世界が逃げていくような。まさにそんな作品。
まずは一読あれ。(褒めてます)

『執着』にコメント
2014.04.03 21:07
(無記名)
実話か、実話なんだろうなあ。
それにしてもこれ、めちゃくちゃなホラーだなあ。わたしも気を付けようと思いました。

『黄昏トラム』にコメント
2014.04.03 21:15
(無記名)
甘酸っぱい! そういえば、こういう経験をしたなあ……、とふと学生時代を思い出しました。一瞬を切り取る手腕、お見事です。

『執着』返信コメント
2014.04.03 21:16
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
ほんの出来心なんですけれどね。
些細なことから重大な事態に発展するのは、現実でもネット上でも同じなようです。
特にネットだと人の顔が見られない分、恐怖も倍増すると思います。
ご感想ありがとうございました。

『黄昏トラム』にコメント
2014.04.03 23:08
プロフィール画像
 此の度は、お読みいただきありがとうございます。二百文字小説に挑戦するのはこれが初めての事で、正直、私の未熟な技術で、この短い文章の中にどれだけの筆意を注ぐ事ができるのか甚だ自信が持てませんでした。それでも、読んだ方の心の片隅に、一片の欠けらでも残すことが出来ればと綴った次第です。この小さな物語に共感し、又、これに込められた情感を共有いただけたこと大変うれしく思います。
 重ねてお礼申し上げます。あたたかい感想ありがとうございました。

『黄昏トラム』返信コメント
2014.04.03 23:13
プロフィール画像
 此の度は、お読みいただきありがとうございます。二百文字小説に挑戦するのはこれが初めての事で、正直、私の未熟な技術で、この短い文章の中にどれだけの筆意を注ぐ事ができるのか甚だ自信が持てませんでした。それでも、読んだ方の心の片隅に、一片の欠けらでも残すことが出来ればと綴った次第です。この小さな物語に共感し、又、これに込められた情感を共有いただけたこと大変うれしく思います。
 重ねてお礼申し上げます。あたたかい感想ありがとうございました。

『人類がウソをつけなくなったら…』にコメント
2014.04.04 08:01
(無記名)
うーむ、オチにつながる発言は「ウソ」ではなく「たとえ話」なのでは。このオチに持っていきたいのだったら、前提条件を変えたほうがいいのかもしれません。

『裏それゆけ』にコメント
2014.04.04 08:05
(無記名)
この手の虹的なテクスト、大好物です。
動画の「ドラえもんのび太のバイオハザード」とかで延々創られてきた「ほのぼの系漫画のシリアスリライト笑い」の系譜をひいている作品。

『桃太郎異聞』にコメント
2014.04.04 08:09
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
書き出しの破壊力が半端ないです。いきなりお話の方向性を不穏な方向へひっぱって、元ネタとの落差に読者をいざなう。
でも、これってある意味ホラーかも。>桃太郎軍団

『僕の嫁』返信コメント
2014.04.04 17:31
プロフィール画像
 コメント、ありがとうございました。

『White sandy beach』にコメント
2014.04.04 17:36
プロフィール画像
 コメント、ありがとうございました。

『飴細工の思い出』にコメント
2014.04.05 04:04
プロフィール画像
 祭りという情景描写に焼き付けられ、「わたし」の記憶に投射された父への思いとは、何であるのでしょうか。郷愁、寂寥、追憶……或いは、亡き者への敬愛。ここに綴られた文字の合間からは、強い哀惜の念が滲み出ているような気がします。それが、私の胸を震わせました。
 肉親への想いというものは、時間が経てば経つほどに、美しく彩られていくのかもしれない。この作品を読んで、私はそう、思いました。

『簡単な説明』にコメント
2014.04.05 08:56
(無記名)
ごくろうさまです。面白い企画ありがとうございます。書いてはいませんが、読んで参加しますね。

『生活臭』にコメント
2014.04.05 09:01
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 地味ですが、何かあったかい作品ですね。洗濯機の回っている途中に覗き込んだことはありませんが、そういう回り方するんですね~~。女性下着にはネットを使いましょう。(笑)

『とある主婦の憂鬱』にコメント
2014.04.05 09:05
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
126777925447年、コレ何進法なのかな。
この数字だけで彼らの正体とかいろいろ夢想させてくれる。にやりとさせられる話だった。

『知った。』にコメント
2014.04.05 09:09
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 なんと、お洒落な家族だ。発想の勝利ですね。これでレバーが備えてあれば……。

『なかなか出ない君へ』にコメント
2014.04.05 09:12
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
うむ、わかるよ、わかる。ガチャで好きなものが底に来るとついついつぎ込んでしまうんだよね。読者の記憶の底を刺激する絶妙の題材でした。(読者によるとは思うけど)

『それゆけ』にコメント
2014.04.05 09:19
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
わははは、楽しい題材ですね。しんみりした追悼の雰囲気と、希望と、両方を感じられる良い話でした。
半袖はバタ子さん?

『秋唄』にコメント
2014.04.05 09:29
(無記名)
色鮮やかな描写が素敵です。モミジと手が重なるときの描写はとくに素晴らしい。特に書いてないのに、感情が行間からにじみでている気がします。こんな風に四季を感じられる人は幸せだなあと感じました。

『美人の湯』にコメント
2014.04.05 09:33
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 温泉って、肌はすべすべになるし食べ物は美味しいし確かにふっくらして帰ってきますね。切れの良い最後で笑わせていただきました。

『いのなかのかわず』にコメント
2014.04.05 09:45
プロフィール画像
途中、ホラーな展開になるのか
ひびりましたが、
安心できる結末でした。

という具合にホッとして
危うく題名を見逃す所でした。
こういうのは好きです。

『女優』にコメント
2014.04.05 09:47
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 この自信たっぷりの高慢な感じがちょっと通常の感覚と違っていて、好きでした。女優さんはこういう自意識過剰なところが漂っていてもおかしくないかも。

『無限の可能性』にコメント
2014.04.05 09:50
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
うん、これは考えるな。でも、きれいに200字に収まっていていいんじゃないかなあ。このネタを始めてみる人には、絶妙の作品になると思う。

『舌打ち』にコメント
2014.04.05 09:53
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 うわ~、これホラーっぽいですね。だって、描写されているのは現代の服装ですが、地獄絵図によく出てくる腹の膨れた老婆とかと同じ……。状況説明だけで、ぜんぜん正体に触れてないのもなおコワイ。もし自分だったらお払いしちゃいそうです。

『突発性変声症』にコメント
2014.04.05 09:57
(無記名)
 どこかの警部、なんかよいイメージしかないのですが。いろいろな状況が思い浮かびます。もう一歩説明を踏み込んでもいいのでは。

『ひきこもり』にコメント
2014.04.05 10:00
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 仕事に出る前に、ぬくぬくの布団にくるまって胎児の姿勢のまましばし脳が停止します。ああ、羊水の中の幸せな時間を思い出しているんだなあと思います。ま、外界もそれなりの良いことがありますよね。

『春興呵々』にコメント
2014.04.05 10:02
(無記名)
 ああ、春の雰囲気。不思議でのどかーな陽気が漂ってきます。タイトルがそれにまた趣を加えていて。
 200文字の中に世界が構築されていますね。

『バカ』にコメント
2014.04.05 10:04
(無記名)
 主人公の気持ちが痛いほど伝わってきます。酒と一緒に心を飲み込む。良い奴だねえ。きっと幸せが訪れますよ。味わいのある一品でした。

『雪見酒』にコメント
2014.04.05 10:06
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 美しい一編です。しかし、このような夫婦は絶滅危惧種に近いのでは……。むしろ異界の住人の方が貞淑なのかもしれませんね。

『雨にぬれても』にコメント
2014.04.05 11:00
プロフィール画像
ええ〜…続きは自分の想像ですか!
でもこういう終幕、嫌いでないです!!

『黄昏トラム』にコメント
2014.04.05 11:03
プロフィール画像
最後の一文が切なさを惹き立てますね!
若い頃の淡い恋心、お、思い出しました…いつの話!?

『それゆけ』返信コメント
2014.04.05 15:22
プロフィール画像
 半袖を着ている人には、特にモデルはないですね。バタ子嬢でもいいと思います。
 辛気臭さが希望へと変わるさまを、春と一緒に表現したかったのですが、200文字ではなかなかうまくいかないものです。
 ご感想ありがとうございました。

『無限の可能性』返信コメント
2014.04.05 15:25
プロフィール画像
 実は、はじめ投稿した段階では、書き手の勘違いで206文字になってしまったのです。
 タイムマシンがタイムトリップする様子を、いかにして切り詰めるかが大きなポイントになりました。その際に、星新一先生のショート・ショートの書き方を少し念頭に置いたところ、やや首尾よくいったように思います。
 ご感想ありがとうございました。

『舌打ち』返信コメント
2014.04.05 15:29
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 女性が人間だったにしろ、幽霊だったにしろ、やはり舌打ちされれば誰しも怖気を感じると思います。
 それ以降女性に会っていないことは幸せなことなのか、あるいは不幸なことなのか。正体を確かめて安心したい気持ちもありますが、次に会ったらいっかんの終わりかもしれませんし……。
 とまれ、ご感想ありがとうございました。

『青く煌めく』にコメント
2014.04.05 15:34
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 引用符「」を利用せず、間接話法を用いて描写していることで、作品全体にテンポと迫力が増しているように思えました。
 現代劇の一部分を明快に切り取ったかのような鋭さが感じられる気がしました。

『舌打ち』にコメント
2014.04.05 15:55
プロフィール画像
ダサい県って、まさか……◯◯県 (´・ω・|||)?

『突発性変声症』にコメント
2014.04.05 15:59
プロフィール画像
警部声というのは、やはり「インターポールの◯に◯たです」みたいな「ルパン逮捕する〜」みたいなアレかな (*´д`*) ?

『ひきこもり』にコメント
2014.04.05 16:01
プロフィール画像
すごいな。文字数きっちりで過不足なくこれを書けるって……。

『生活臭』にコメント
2014.04.05 16:02
プロフィール画像
まあ一作目だからお手本ということで。

『バカ』にコメント
2014.04.05 16:05
プロフィール画像
……こういう気分のときはやっぱ日本酒だよね。BGMは八代亜紀がいいかな (T_T)

『雪見酒』にコメント
2014.04.05 16:07
プロフィール画像
こういう気分のときはやっぱ日本酒だよね。あとエロいこと想像しちゃダメだよね (*´д`*)

『甘い話には裏がある』にコメント
2014.04.05 16:09
プロフィール画像
太らせて後で食べるのかと思った。そういう話じゃなくて良かった (^_^;)

『ひまわり』にコメント
2014.04.05 16:19
プロフィール画像
もし神武天皇の東征を、長髄彦の視点から描いた小説があったらぜひ読んでみたいナ (*´д`*)

『オラに元気を分けてくれ!!』にコメント
2014.04.05 16:26
プロフィール画像
スーパー◯イ◯人はやっぱ無敵ですネ (`・ω・´)!!

『いと』にコメント
2014.04.05 16:28
プロフィール画像
コメント書くと伏せ字だらけになりそうなので自主規制……ごちそう様でした (*´д`*)

『蛸飯な午後』にコメント
2014.04.05 16:30
プロフィール画像
タコだってイカだってみんな生きているんだ友だちなんだ (T_T)

『それゆけ』にコメント
2014.04.05 16:37
プロフィール画像
「それゆけ」の後に「レッドビッキーズ」と続けたら、あまりにも古くて誰も知らないという……(T_T)

『放課後のコーンポタージュ』にコメント
2014.04.05 16:39
プロフィール画像
でもよく見るとガリガリ君だった……(´・ω・|||)

『僕らの平和を壊すもの』にコメント
2014.04.05 16:45
プロフィール画像
ええっ ヾ(;`・Д・)ノ ← 衝突寸前に脱出していたパイロット

『それゆけ』返信コメント
2014.04.05 16:47
プロフィール画像
 それだったら、車にはねられる代わりに、野球のボールになってないといけないような気がしますね。すると、やなせたかし先生はうっかり登場してしまったことになっちゃいそうです。
 ご感想をくださり、ありがとうございました。

『待ち人』にコメント
2014.04.05 16:49
プロフィール画像
なんかツンデレのスケールがでかすぎる (`・ω・´)

『いっぱいがおっぱい』にコメント
2014.04.05 16:50
プロフィール画像
ブーッ!!! エロいのは失格です (>ω<*)

『舌打ち』返信コメント
2014.04.05 16:52
プロフィール画像
 「サ」ではじまり「マ」で終わる、間に「イタ」の文字が入っている県のことです。池の袋の中に多数の人口を入植していることで有名な県ですが、残念なことに観光名所も郷土愛もないそうです。

『地上の星空』にコメント
2014.04.05 16:54
プロフィール画像
詩的で良いですネ (*´д`*)  飲んで帰って締め出され、ってクレイジーキャッツの歌があったけど、あれとは違うネ (>ω<*)

『疾走』にコメント
2014.04.05 16:58
プロフィール画像
野原さんちの、ひまわりちゃんみたい (*´д`*)

『せっかちなあの人』にコメント
2014.04.05 17:01
プロフィール画像
と思ったらまだ死んでなかった。みたいなオチだったりして ww

『ホワイト・ドワーフ』にコメント
2014.04.05 17:02
プロフィール画像
ボク文系だからよく分かんなかった (T_T)

『僕の嫁』にコメント
2014.04.05 17:03
プロフィール画像
ボク文系だから……(以下略)

『青く煌めく』にコメント
2014.04.05 17:08
プロフィール画像
文章がキレイですネ! なぜかBGMに「モスラのテーマ」が聞こえてきました (*´д`*)

『墓守』にコメント
2014.04.05 17:15
プロフィール画像
ここでジャイアントロボとか言うとまた怒られるから巨神兵くらいにしておこう (´・ω・`) 鍵を差し込むとまた動き出すのかな……。

『騙された』にコメント
2014.04.05 17:17
プロフィール画像
ブブーッ!! エロ小説家は失格 (>ω<*)

『ウナギイヌ』にコメント
2014.04.05 17:19
プロフィール画像
オレ、SF拒絶症候群に罹ってるかた「火星人」でもうダメ (´・ω・|||)

『めまい』にコメント
2014.04.05 17:21
プロフィール画像
ぐは……可愛ええ (*´д`*)

『レジ袋』にコメント
2014.04.05 17:25
プロフィール画像
環境のためレジ袋は自然分解するような有機物で作らんといかんと思います (`・ω・´) ちなみに北海道じゃなぜかサミット袋といいます!

『漢字テスト』にコメント
2014.04.05 17:28
プロフィール画像
もう一ヶ月早ければ、時期的にあかんネタやった……(^_^;)

『あの瞬間の僕』にコメント
2014.04.05 17:34
プロフィール画像
良いッスね小春日和。つい心がワクワクします。かつて「小春日和」を春のことだと勘違いして恥をかいた過去も一緒に思い出しました (^_^;)

『死神』にコメント
2014.04.05 17:36
プロフィール画像
死神ぃ〜、死ぬなよ〜 (T_T) あれ、死神って死ぬのかな?

『空想』にコメント
2014.04.05 17:39
プロフィール画像
タイトルが「空想」ってとこが意味深だよネ……もしかして怖い系の話だったり……深読みし過ぎ (´・ω・|||)?

『太陽の花』にコメント
2014.04.05 17:46
プロフィール画像
キレイな作品だなあ……花はもしかして金蓮花ですか (*´д`*) ?

『グラヴィティ』にコメント
2014.04.05 17:50
プロフィール画像
よしよし、今回はSFじゃないな (^_^)……と思ったらやっぱり ヾ(;`・Д・)ノ

『キスの前には歯を磨かなきゃ』にコメント
2014.04.05 17:55
プロフィール画像
マニアはわざと納豆食ってからネバ〜ってやるんだよん (>ω<*)

『鬼嫁』にコメント
2014.04.05 18:30
プロフィール画像
鬼も十八番茶も出花っていうから若いころはきっとそれなりに可愛かったんだろうネ^^

『プレゼント』にコメント
2014.04.05 18:34
プロフィール画像
エイリアンの産卵を見せるという手もありますが (`・ω・´)

『いかん』にコメント
2014.04.05 18:38
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
そこはかとなく作品からただよう胡散臭さはPNを偽ったくらいじゃ変わらないと思うけどなあ……。

『麹の精』にコメント
2014.04.05 18:41
プロフィール画像
酒飲みの精ならここにいるけど (。・_・。) あ、知ってました? カレーと日本酒って意外と合うんですヨ。

『男と子供』にコメント
2014.04.05 18:44
プロフィール画像
すいません、つい天才バカボンの主題歌を思い出してしまったボクは不心得者です m(_ _)m

『White sandy beach』にコメント
2014.04.05 18:49
プロフィール画像
I can't speak English , sorry (T_T)

『柱時計』にコメント
2014.04.05 18:51
プロフィール画像
怖わっ (´・ω・|||) きっと自殺した壁掛け時計の霊の仕業ですね……。

『最悪の兵器』にコメント
2014.04.05 18:52
プロフィール画像
あ、これマジで面白いです!!

『桃の花』にコメント
2014.04.05 18:54
プロフィール画像
あ、これすごく上手いと思います (`・ω・´)

『敗北』にコメント
2014.04.05 18:58
プロフィール画像
「ちょっと待ったあ!」とむかしの恋人が乱入してきたら戦局が変わるかもですね (^_^)

『出発の時』にコメント
2014.04.05 19:02
プロフィール画像
おーい、って自転車で追いかけてきたら感動的なのにネ (´・ω・`) 新幹線じゃムリかな……。

『空白は文字数に入らないと聞いて』にコメント
2014.04.05 19:04
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
残念っ!「ZOO」って読んじゃいましたっ (>ω<*)!!

『僕の嫁』返信コメント
2014.04.05 19:36
プロフィール画像
コメント、ありがとうございました。

『ホワイト・ドワーフ』返信コメント
2014.04.05 19:37
プロフィール画像
コメント、ありがとうございました。

『ウナギイヌ』返信コメント
2014.04.05 19:37
プロフィール画像
コメント、ありがとうございました。

『グラヴィティ』返信コメント
2014.04.05 19:39
プロフィール画像
コメント、ありがとうございました。

『White sandy beach』返信コメント
2014.04.05 19:40
プロフィール画像
コメント、ありがとうございました。

『バカ』返信コメント
2014.04.05 21:28
プロフィール画像
そう言っていただけると返信を書くのも難しいですが(苦笑)、これは最上の褒め言葉として受け取らせていただきますm(_ _)m
感想ありがとうございました。

『バカ』返信コメント
2014.04.05 21:33
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
人生の苦味も酒とともに……。
その優しさを「バカ」と言われた訳ですが、良い奴でなければこんな「バカ」は言われない訳で。彼には幸せになって欲しいものです。
感想ありがとうございました。

『バカ』返信コメント
2014.04.05 21:35
プロフィール画像
「舟歌」ですか? わかります(笑)
あぶったイカでもお付けしておきます。

『雪見酒』返信コメント
2014.04.05 21:38
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
絶滅危惧種というか、そもそもこのような夫婦が古今現実に存在し得たのかというところで議論が起こりそうですね。
ファンタジーとして読んでも良いかもしれません。男の夢の詰まったファンタジーとして(笑)。

『雪見酒』返信コメント
2014.04.05 21:40
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
気がつけば、2本連続で酒飲みラストでしたね(^_^;)
夫婦酒ですから、この先の想像は読者の良心に任せます。

『冬の女王の涙』返信コメント
2014.04.05 21:43
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
さきちよさんの感想だー。
そうです。黄色い春の精霊が冬の女王を眠りにつかせるのです。
ですから1年365日春の精霊に出ばってもらえれば……北国はマスクの国に生まれ変わるでしょう(笑)

『桃太郎異聞』返信コメント
2014.04.05 21:46
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
欲得にまみれたおじいさんとおばあさんが桃を拾ってしまったのが、すべての悲劇の始まりでした。
特に鬼にとって。鬼も目にも涙です(;_;)

『僕の幼馴染みは友達が少ない』返信コメント
2014.04.05 21:48
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
ツンデレヒロインにドンカン主人公は、いい歳でもキュンとしちゃうラブコメの王道です(笑)

『死神』にコメント
2014.04.05 22:10
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
鎌をブチ折ったのにはびっくりしました(笑)
でも必死になればそのぐらいするのかも知れませんね。

『鬼嫁の逆鱗。』にコメント
2014.04.05 22:16
プロフィール画像
場が和むどころか、凍りつきますな(^_^;)

『ぐしゃ』にコメント
2014.04.05 22:20
プロフィール画像
こういうわけがわからないけれど、呆れて見ているしかないといった感じの作品、好きです。

『私を抱きしめて』にコメント
2014.04.05 22:25
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
ああ、確かに夕飯は作れませんね(^_^;)
彼らの愛情は時と場所を選びませんから。

『暗い水槽』返信コメント
2014.04.05 22:40
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
ご感想ありがとうございます。励みになるお言葉、大変うれしく思いました。
感覚的な部分。感情や五感に訴える文章と解釈しましたがいかがでしょうか。たしかに、それは弱かったところだと思います。理詰めで文章をつくろうとするあまり、そういった部分が抜け落ちてしまったかもしれません。
的確なアドバイスに、深く納得いたしました。今後の参考にさせて頂きます。
非常に参考になるアドバイスをありがとうございました。(書き手より)

『ハーフボイルド探偵・犯人はヤスダ』にコメント
2014.04.05 22:41
プロフィール画像
私の推理では、総帥の性格は……マジメ。

『ハーフボイルド探偵・BARにいる探偵』にコメント
2014.04.05 22:42
プロフィール画像
さすが半熟(笑) 実写化は福くんが主演ですね。

『from 二十世紀』にコメント
2014.04.05 22:43
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
私はパトレイバーを作ってもらいたかった。

『雪見酒』にコメント
2014.04.05 23:01
プロフィール画像
美しいモノに宿る不気味さと残酷さ。昔話の系譜ですね(笑) 好きですこういうクラシカルな佇まい。

『甘い話には裏がある』にコメント
2014.04.05 23:03
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
ご近所のお姉さんかな。ボクの初恋譚と読みました。

『キノコ』にコメント
2014.04.05 23:11
プロフィール画像
キノコに当たったつう話かと思ったら、上の感想読むとそうではないようでw しかし笑ったから良いのだw 語り口の勝利ですね。

『いと』にコメント
2014.04.05 23:17
プロフィール画像
私には何かが足りない。ほんの少し。多分スパイスのようなもの。この大変微妙な残念感…

『僕らの平和を壊すもの』にコメント
2014.04.05 23:29
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
題材は面白うございました。蛇足ながら、「〜と言うのだ」の「言う」も間違いですね^^;

『ひきこもり』にコメント
2014.04.05 23:32
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
産声は泣き声なのだという人も居ますよね。

作者の方が意識されてるポイントとはおそらく違いますが、ボクと言う男性を意識させられる自称に感じ入るものがありました。

『バカ』にコメント
2014.04.05 23:36
プロフィール画像
言葉にしても語りきれぬ思いが互いにあるからこそ、語らぬことで語る。200文字小説と言う表現方法に相応しい味わいでした。

『待ち人』にコメント
2014.04.05 23:37
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
ちょっと最後の唐突感が、私には否めなかったです…

『甘い話には裏がある』にコメント
2014.04.05 23:39
プロフィール画像
甘いもの食べたさに抗えない幼い自分の歯がゆさを、彼はずっと忘れないのだろうなぁ、と。甘いけど苦い。

『せっかちなあの人』返信コメント
2014.04.05 23:43
プロフィール画像
う~む。
さすがにそれはないと思うけれど。
200文字で半生を表すのは無理があたったかもしれない。

『いっぱいがおっぱい』にコメント
2014.04.05 23:44
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
これはムリ…!^^; ヒロインは優しい女性(なのかな…?と問うこと自体が無意味な気もしますが^^;)のようですが、おっぱいを叩かれたら殴ってお終いにします私ならw

『ホワイト・ドワーフ』にコメント
2014.04.05 23:54
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
我が名は地球、ですかね。。
あ、返信はお気遣いなく。

『鬼嫁の一言!』にコメント
2014.04.05 23:57
プロフィール画像
無情ですなあ^^;

『僕の嫁』にコメント
2014.04.06 00:35
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
それがなんであれ、生命の火が入る、起動する瞬間の描写には、心が惹きつけられるものですね(^.^)
ちなみに返信はry

『騙された』にコメント
2014.04.06 00:38
プロフィール画像
お気の毒^^;

『めまい』にコメント
2014.04.06 00:41
プロフィール画像
一緒にお風呂に入れてあげて、キレイキレイにすれば良かったのに…^^;

『レジ袋』にコメント
2014.04.06 00:51
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
もはや翼に力を持たぬ渡り鳥と誰かが捨てたレジ袋。
いずれも取るに足りないゴミのごとき存在、ということでしょうか。
しかしそれでも命の輝きは美しく、みすぼらしく安っぽいレジ袋もまた、老鳥にとっては命の旅が終わるその時まで、彼を励ます伴侶であったのだろうな、などと思いました。

『漢字テスト』にコメント
2014.04.06 01:00
プロフィール画像
漢字テストは多分満点…かなσ(^^;)?
面白かったです。

『簡単な説明』にコメント
2014.04.06 01:14
(無記名)
お疲れ様です。200文字とは言いながら可能性は無限ですね。いろいろ読ませていただきます。

『生活臭』にコメント
2014.04.06 01:17
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 ふたりの空気感みたいなものが伝わってきて味がありますねー。ブラジャーはネットを使うのでちょっと気になりました。彼女の他の衣類にすればもっと良かったかな~。

『知った。』にコメント
2014.04.06 01:20
(無記名)
 だんだん焦点が絞られて行っての最後の一行が効きましたー。

『なかなか出ない君へ』にコメント
2014.04.06 01:23
(無記名)
 中毒性を感じますねー。彼女の魅力半端ないのでしょう。さりげなく銀色のそれを指輪とミスリード? 

『裏それゆけ』にコメント
2014.04.06 01:43
プロフィール画像
うーんネタがわからない身には、面白さもわからないようです。

『タイーホされた不沈漢』にコメント
2014.04.06 01:46
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
「署まで来てもらおう」の署は、所の間違いと考えてよろしいでしょうか。

『改行記念日』にコメント
2014.04.06 01:53
プロフィール画像
にやっとさせられました。面白い^^

『雨にぬれても』返信コメント
2014.04.06 03:11
プロフィール画像
 お読みいただきありがとうございます。朧さんの仰る通り、確かに尻切れとんぼな感が否めないかと、自分でも思います。なるべく、読んだ後の余韻を楽しんでもらえたらと頑張ったつもりではありましたが……いやはや二百文字は難しいと思い知りました。感想ありがとうございました。

『黄昏トラム』返信コメント
2014.04.06 03:32
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 老若男女、時代を問わず、誰にでもこういう体験を一度はするものかもしれません。そんな身近な感情を、誰しもが記憶のどこかに抱いていると期待しながら、情景に気を使いました。共感していただけたとしたら嬉しい限りです。感想ありがとうございました。

『めまい』返信コメント
2014.04.06 08:43
プロフィール画像
感想ありがとうございます。
子供の発想力に大人は敵わない。。。けど、誰でもあったと思うのですよ、子供の頃。
思い出していただけたのなら本望です^^

『めまい』返信コメント
2014.04.06 08:50
プロフィール画像
感想ありがとうございます。
かわいいですよね、これくらいまでがかわいい……。
そして、かわいい子に旅をさせたら……どうなるんでしょうね(^^;)

『めまい』返信コメント
2014.04.06 08:54
プロフィール画像
感想ありがとうございます。
おおっー、そうなのですね。子供心に寄り添うってそういうことなのですね。
開眼! でした。m(__)m

『敗北』返信コメント
2014.04.06 09:02
プロフィール画像
どっかの名作映画じゃないですか!
う…ん……どっちにしても「俺、負ける」じゃないですか^^;
感想ありがとうございました。

『秋唄』返信コメント
2014.04.06 09:09
プロフィール画像
感想ありがとうございます。
こんな風に四季を感じられる場所に住める私は果報者ですね(∵)

『エクソダス』にコメント
2014.04.06 11:49
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
おお、十戒(笑)
有名なシーンですね。

『甘い話には裏がある』にコメント
2014.04.06 15:21
(無記名)
うわ~、底にあるのはどんな感情なのだろう。兄弟共に屈折してそうでここから想像される未来がなんかドラマチック。

『ひまわり』にコメント
2014.04.06 15:23
(無記名)
SFの一部を切り取った場面を想像した。読み手によると思うが、切ない冒険物語が浮かぶ。

『キノコ』にコメント
2014.04.06 15:28
(無記名)
うまいねえ~~。オチもテンポよく着地して、文句のつけようがない。

『オラに元気を分けてくれ!!』にコメント
2014.04.06 15:30
(無記名)
あはははは~~、いい話でした。

『いと』にコメント
2014.04.06 15:32
(無記名)
新手の楽器かなあと思いながら読みました。
名器という奴でしょうか。(これ以後の感想は、自主規制)

『蛸飯な午後』にコメント
2014.04.06 15:37
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
うわ、向田邦子的なエッセイを想像していたのに、いきなり特撮映画になって、最後はホラー。吸引力がすごすぎて、渦巻く気流ができて思考回路が入れ替わってしまったんですかね。一作でたくさんの味がある楽しい200字でした。

『放課後のコーンポタージュ』にコメント
2014.04.06 15:39
(無記名)
へへへ、いいね青春って。でも、もらう人によってはビミョーなんだろうな。

『僕らの平和を壊すもの』にコメント
2014.04.06 15:41
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
みんなで当たれば怖くないっっ!!!

『待ち人』にコメント
2014.04.06 15:46
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
悪態をついて悔しがる彼氏、いつまでも待っている彼氏、をあえて置き去りにする、そうしなければならない理由が今一つ伝わってこない。本当に嫌いなのか、未練たらたらで置いていくのか。ぼかしてもいいのだが、どこかに凡人にもわかるような想像のとっかかりが入っていればうれしかった。

『いっぱいがおっぱい』にコメント
2014.04.06 15:48
(無記名)
卵割を思い出しました。桑実胚とかね~~。

『地上の星空』にコメント
2014.04.06 15:50
(無記名)
詩と小説の境界。美しくやさしい情景ですね。

『二十三夜』にコメント
2014.04.06 16:19
(無記名)
このテクストは、読み解くにあたり古典的な素養を要するかもしれません。されど、解いてみれば普遍的な恋人同士の姿があります。いじましさ、という最近では死語になりつつある言葉の奥ゆかしさを思い起こしました。

『いのなかのかわず』にコメント
2014.04.06 16:33
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
タイトルとオチがうまくリンクしてますね! うまい!
でも、確かに美味しいんですよね。あれ。

『シュレディンガーの猫の欠点を補うには』にコメント
2014.04.06 16:40
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
うーん、小説的にはいい落とし方なんですが、シュレ猫の概念そのものに誤解があると思います。シュレ猫は、外にいる観測者の視点が織り成すパラドックスなのです(裏を返せば猫の視点は必要ない)。
繰り返しますが、小説としてはきれいにまとまっています。

『柱時計』にコメント
2014.04.06 16:42
(無記名)
怖いというか、笑い話かもしれないですね。意外性があるいいオチでした。

『いのなかのかわず』にコメント
2014.04.06 16:44
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
最初の感想は、

料理はまず自分で食えや
ましてや理系女子なら…!

でございましたw
それを言ってしまったら、オチも何もなくなっちゃうのでしょうけど^^;

『鬼嫁の逆鱗。』にコメント
2014.04.06 16:48
(無記名)
鬼嫁を持つと軋轢があって大変なのだなあ……。
でも、時として気を回しすぎて失敗することってありますよね。

『疾走』にコメント
2014.04.06 18:27
(無記名)
スピード感とその世代特有のがむしゃら感が画面から迫ってきました。
で、そのあとちょっとなつかしいあったかい気分に。

『せっかちなあの人』にコメント
2014.04.06 18:30
(無記名)
上手い、素晴らしい。この方の困ったような顔とそしてとても穏やかな顔が見えるようです。
さすが! 手練れの逸品です。

『ホワイト・ドワーフ』にコメント
2014.04.06 18:31
(無記名)
雄大なSFですね。神々の黄昏、という言葉を思い出しました。

『鬼嫁の一言!』にコメント
2014.04.06 18:33
(無記名)
あはは~、これはしょうがない。いいじゃないですか、こういう人頼りになりますよ。
爽やかに笑わせていただきました。

『阿修羅ウーマン。』にコメント
2014.04.06 18:38
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
どうせならカラフルに染めればいいのにね。そういえば、忘年会とかで一人二役を演じるときにこんな芸があったような。だけど、気をもたせるならもっと派手に驚かしてほしかったなあ。

『青く煌めく』にコメント
2014.04.06 18:39
(無記名)
綺麗だ、そして美しい。なんだか「夢十夜」を思い出してしまった。

『墓守』にコメント
2014.04.06 18:41
(無記名)
これは好きだなあ、鉄くずってなんでこんなに浪漫と郷愁を掻き立てるのだろう。

『騙された』にコメント
2014.04.06 18:43
(無記名)
ちょっと、最後滑った???
それもまた善し哉。ぶあははっはははは~~。

『ウナギイヌ』にコメント
2014.04.06 18:49
(無記名)
切々とした文章に、この深い意味のない物語(←ポジティブな意味で)が妙に笑える。
しかし、ウナギとも関係したのか~~。

『めまい』にコメント
2014.04.06 18:50
(無記名)
日常の一コマが鮮やかに描かれていて、好きです。
最後のしずくが効いていますね。

『レジ袋』にコメント
2014.04.06 18:53
(無記名)
レジ袋との取り合わせが妙に切ない。文章力があいまって、どこか哀しく美しい物語に仕上がっている。

『突発性変声症』返信コメント
2014.04.06 19:32
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
サザエさんの波平がコナンの目暮警部の声に変わった事を悩んでる話です。
分かりにくくてすいません(-_-;)

『突発性変声症』返信コメント
2014.04.06 19:40
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
サザエさんの波平がコナンの目暮警部の声に変わった事を悩んでる話です。
茶の帽子とコートも目暮警部仕様の物をフネが用意していて
フネが実際どういうつもりで掛けたのかは想像にお任せします。
みたいな作品なのですが、分かりにくくてすいません(-_-;)

『突発性変声症』返信コメント
2014.04.06 19:45
プロフィール画像
イグザクトリー。その通りでございます(^o^)/

『突発性変声症』返信コメント
2014.04.06 19:59
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
波平が目暮警部の声に変わったことによる回りの評価を気にしている話なのです。
本人からすると突発性変声症と言う病気だと診断され、今まで通り振る舞えない苛立ちがつのっているわけなのですが、長年連れ添ったフネだけは波平の気持ちを推し量り何も言わずに迎えにいったシーンがこの話なのです。

『知った。』返信コメント
2014.04.06 20:06
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
おわっ! その手がありましたか。
まあ魔除けだと完全に帰ってくるなのサインですね。
愛されてないと知ってしまいます(;´д`)

『死神』返信コメント
2014.04.06 20:17
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
死神は実は死んでませんが、主人公は無理をし過ぎて予定より早く死んじゃいました。

『死神』返信コメント
2014.04.06 20:19
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
必死すぎました。
必ず死ぬと書いて『必死』。
無理しちゃいけませんね。

『プロジェクトB』返信コメント
2014.04.06 20:21
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
yes! 爆破のBでした~

『裏それゆけ』返信コメント
2014.04.06 20:41
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
ネタはアンパ〇マンであります。
βT53はバ〇子さんと読みます。

『裏それゆけ』返信コメント
2014.04.06 20:44
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
感想ありがとうございます(^o^)/

アンクルジャムの最終兵器であるβT53なのですが、事故で失った娘の姿を再現したアンドロイドであり、
この娘を完全な形で復活させることが科学者であり錬金術師である邪無の最終目標なのです。
アンパンや食パン、カレーパン等のフードンクルス達はこのための実験サンプルなのです。

そんな自然の摂理に反する実験を阻止する為に神が使わした使徒が今話のエボラマンであり、
劇場版アン〇ンマン
最凶の敵 エボラマンVSアンパン〇ンのラストシーンがこの話なのです(^3^)/

『黄昏トラム』にコメント
2014.04.06 21:41
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 お似合いの二人を見てその電車に乗りたくても乗れなかったのかなと想像をめぐらせました。
 なんとも切ない。気分も黄昏です。

『春興呵々』にコメント
2014.04.06 21:45
(無記名)
 想像が喚起されること! 一体どうしてこうなったのか。この後どうなるのか。
 最後のくだりにぞっとしたり……。
 シュールですねぇ。
 

『キノコ』にコメント
2014.04.06 21:49
(無記名)
 最後のオチでええっ?と最初から読み直した。それにしても語り口がいい。
 一体、どんな状況なんだろう。いろいろ考えてしまう。

『僕らの平和を壊すもの』にコメント
2014.04.06 23:13
(無記名)
 それは、平等です。まぎれもなく。
 絶滅したらSFなのですよね。数人だと殺人事件でミステリとか……。

『いつか来たセカイ』にコメント
2014.04.06 23:42
プロフィール画像
幻想的。
投稿された一連の作品を通して拝読すると、そんな言葉がまず浮かびました。
『風の谷のナウシカ』の作中に出てくる伝承のような雰囲気を味わわせていただきました。
戦、世界、大地。そして各作品ごとを彩る色彩の数々。

とても好きな世界観でした!
素敵な作品群をありがとうございました!

『いつか棲む場所』にコメント
2014.04.07 00:59
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
不思議な手触りのお話ですね。
不気味なんだけど安心。荒涼としていてほの明るい。淋しいのに賑やか。
死者の町の住民は、シニカルなようでいて、存外に心優しいのかも知れません。全てを彼岸に押し流した人々であるがゆえに。

『三本のやーん』にコメント
2014.04.07 01:05
プロフィール画像
拝読し、思わず…え?(;´∀`)って顔になりました(笑) 
脱力系ですね。

『最後の晩餐。』にコメント
2014.04.07 01:09
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
最高の晩餐がいつか最後の晩餐に(笑…っていいのか、ココ^^;)
おっそろし…!

『はんなり。』にコメント
2014.04.07 03:43
プロフィール画像
多分女将は、にっこり微笑みながらはんなりとした風情でその一言を放ったのでしょうね。
京女はほんまにこわおすなあ(微笑

『海』にコメント
2014.04.07 03:45
プロフィール画像
主人公はよき思い出をお持ちでうらやましい(笑)
「釣りと父」というテーマには、個人的にやるせないエピソードがあるのです^^;

『死神』にコメント
2014.04.07 03:50
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
あーあ^^; 急いて死期を早めましたね。
しかしどのみちなくなるのだし、その後の時間(というものがあれば、ですが)の永さを思えば、たかだか10分早まったところで、どうということはないのかも…

『空想』にコメント
2014.04.07 03:54
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
この三人の年齢っていくつくらいなんだろう?
「おとなになったら」と言ってるのでまだ幼いのかな?と思ったんですが、語り手の「だって、もう会ってるし」というセリフを考えると、高校生くらいにはなってそうだし…
てかこの語り手、うっかりするとストーカーと化しそうだな、とか思っちゃいました^^;

『太陽の花』にコメント
2014.04.07 03:58
プロフィール画像
暖かく明るい空気感がとても心地良い一編。
「太陽の花」というイメージも良いです。私も食べてみたい(*´∀`)

『知った。』にコメント
2014.04.07 07:55
(無記名)
限られた少ない字数で感動を求められると死亡ネタはありがちだと思いますが、妙に素敵な作品でした。大げさに言えば「品格」を感じます。

『差し迫る』にコメント
2014.04.07 09:22
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 内容も好きですが、残りの文字数と世界が滅ぶまでの残り時間がリンクしているところが上手いなぁと思いました。

『めまい』にコメント
2014.04.07 09:28
プロフィール画像
 子供の言葉がとてもかわいくて、読む度に微笑んでしまいます。

『ハーフボイルド探偵・犯人はヤスダ』にコメント
2014.04.07 09:35
プロフィール画像
 最後の一文に吹き出しました。

『間違っているのは社会のほう』にコメント
2014.04.07 09:37
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
確かに、小説を書くよりも難しいと思いました。

『敗北』にコメント
2014.04.07 09:48
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 お父さんの気持ちがよく伝わってくる素敵なお話でした。

『竹取桃太郎』にコメント
2014.04.07 09:50
プロフィール画像
 最後の1行から伝わってくる切ない感じがとても良かったです。

『千人村がうまくシミュレートできない』にコメント
2014.04.07 10:20
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
「そんなにいるわけないだろう!」という助手の心の叫びが聞こえてきそうでした。

『桜の下には何がいるんだろう?』にコメント
2014.04.07 10:27
プロフィール画像
 最後の二行が唐突すぎる感じがしました。
 それまでの文章がとても良かっただけに、もったいない気がしました。

『いのなかのかわず』にコメント
2014.04.07 10:32
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 彼女は料理ではなく実験をしていたんですね。
 なかなか面白かったです。

『ひまわり』にコメント
2014.04.07 22:29
プロフィール画像
 私には逆立ちしても書けない部類の200文字。
 他の方も書かれてますが、読み手を選びますな。
 私はエヴァっぽいって感じました。
 雰囲気小説って言うの? 難しい

『キノコ』にコメント
2014.04.07 22:32
プロフィール画像
ごめん。 バカなんで全く意味わからん。
バカにも分かる話にして……

『春興呵々』にコメント
2014.04.07 22:35
プロフィール画像
ごめん。この話も意味わからん。
文章が巧いのだけは分かったけど不親切やわ。

『蛸飯な午後』にコメント
2014.04.07 22:39
プロフィール画像
 テンポがあって勢い感じる作品だと思った。
 けど、なぜ? 蛸と入れ替わった? それとなく伏線入れておかないとね。
 もったいない

『レジ袋』にコメント
2014.04.07 22:43
プロフィール画像
 点数高い作品でしたので勉強がてらに読みました。

 確かに巧いっすね! 200文字でこんな情感出せるの凄いです。

 文章力もあって文句なしですわ

『ウナギイヌ』にコメント
2014.04.07 22:46
プロフィール画像
 バカボン世代なので、タイトルに釣られてつい読んでしもた。

 なるほど、ウナギイヌのルーツはこういう事だったのか。

 なんか不思議な作品でした。

『それゆけ』にコメント
2014.04.07 22:51
プロフィール画像
 点数が一番低いので読んでみた。 嫌いじゃないけど、どんまいです。
 作者様の200文字に対する意気込みは感じられた作品。ただ、意味わからんかった。

『騙された』にコメント
2014.04.07 22:55
プロフィール画像
 あなた様の作品も汚れですね。
 作品も男としても好きですよ! でも女にはもてないね(笑)

『いっぱいがおっぱい』にコメント
2014.04.07 22:57
プロフィール画像
 茶々さんは、パイズリで逝くタイプだと思う。

『黄昏トラム』返信コメント
2014.04.07 23:11
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 お読みいただきありがとうございます。
 募る想いを成就する事が出来なかった少年の、切ない喪失感を、黄昏と走り去る路面電車で印象付ける言葉がなかなか浮かばず苦労しました。その辺の情緒を感じていただけたことに何よりも嬉しい気持ちでいっぱいです。
 重ねてお礼申しあげます。あたたかい感想ありがとうございました。

『それゆけ』返信コメント
2014.04.08 00:05
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 冬から春(死の季節から再生)という環境の中で、死を恐怖していた主人公が「それゆけ」という言葉により死の恐怖から脱する。「ゆけ」は「征け」(行進する)と「逝け」(「死ぬ」と解釈されますが、広義では克服する)が掛かっており、それが主人公の転機につながる――
 てな感じの話なんですが、200文字だとやっぱり空回りしてしまうもんです。変な気持ちにさせてしまったのなら、申し訳ございません。
 ご感想をくださり、ありがとうございました。

『秋唄』にコメント
2014.04.08 00:08
プロフィール画像
 秋という感傷深い季節の中を歩みながら、過ぎ去った季節を想い返すような、情緒感あふれる文章が美しく綴られているように感じとれます。冬を前にして、感慨深い様子が三連目の文章に現れているようで読者の憶想を膨らませてくれます。そして、或いは、冬の雪景色が眼裏に甦り、その白さに目頭を熱くするような惜春が襲ってくるのかもしれません。季節は巡っても変わらない想いがそこにあるのだと、私はこの作品を読んで、そう感じました。

『200文字で人を殺すには。』にコメント
2014.04.08 11:43
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
第四の壁を取っ払った先にある、現実と非現実の交錯。
でもこれ、考えようによっては「作者(この200文字小説の登場人物としての)」の精神状態を活写したテクストとも言えるのではないか。そう考えると、このある種散漫に描かれている情景もリアリティをもって迫ってきます。

『様式美』にコメント
2014.04.08 13:27
(無記名)
※「この文字数しかないのだから」も含む。

『間違っているのは社会のほう』にコメント
2014.04.08 13:39
プロフィール画像
 よいサジェスチョンであったと思います。

 という感想はさておき、丸屋さんの投稿作中最も「200文字である」ことに意味があったのはこれではなかったかな、と。というわけで、本企画における私なりの丸屋テクストベストはこいつです。

『異国死』にコメント
2014.04.08 14:13
(無記名)
私事で恐縮なのですが、わたし、日本に生まれ日本に育ちながら、米を食べるという習慣がありません(父母両方とも日本人です)。
そんなわたしでも、死ぬときにはこの人のようにソウルフードたる米を渇望して死んでいくのでしょうか……。死というものの側面に触れた気がしました。

『桜の見る夢』にコメント
2014.04.08 17:17
プロフィール画像
 これは何かいろいろなものが凝縮されているような気がする。それを黙して語らずとも許されるであろうのがこの文字数のいいところであろうと思います。
 面白かった。

『三本のやーん』にコメント
2014.04.08 17:26
プロフィール画像
 悔しい……っ! でも笑っちゃう……っ!

『たんぽぽ』にコメント
2014.04.08 18:24
プロフィール画像
 これはよかった。
 人間の身勝手さと、でもそうしないと生きていけないんだよなあ、ってのと、これだけの中で両方を見せたのがとてもよかったです。選ばれたガジェットがたんぽぽであるのも季節にあわせたのかな。

『価値ある真実』にコメント
2014.04.08 18:36
プロフィール画像
 既視感だ……。既視感があるぞ……。
 いやホント、構造の外側を攻めてくるのが好きですよね! インスタントな小説が行きつく先の展開としてこういった未来があるのや否や。ウェブ小説見ているとむしろ分量という面では膨張しているのかな、という気もしますが。

『ハーフボイルド探偵・犯人はヤスダ』にコメント
2014.04.08 19:05
プロフィール画像
総帥「それでは小説にならぬではないか」

『せっかちなあの人』にコメント
2014.04.08 21:17
プロフィール画像
皆さん、お褒めいただき恐縮です。
こういうことがあると、書く気力がわきます。
ありがとうございます。

『漢字テスト』にコメント
2014.04.08 23:30
(無記名)
 この発想が大好き。それぞれの字も味があって、やられた~~の逸品でした。

『最後の晩餐。』にコメント
2014.04.08 23:32
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
武士の一分を見ていないから、残念ながらわからない~~。

『いのなかのかわず』にコメント
2014.04.08 23:34
プロフィール画像
ひょっとして人工生命体を料理するのかと思た……(´・ω・|||)

『あの瞬間の僕』にコメント
2014.04.08 23:37
(無記名)
散乱していた沢山の情報が最後の一文できゅっ、と締められていますね。ぼんやりと見えていたこの作品世界の心象風景が最後ではっきりと形作られる感覚、とても好きです。

『はんなり。』にコメント
2014.04.08 23:38
(無記名)
うわ~、きっつう。はんなりと言われたほうがツライですね。

『海』にコメント
2014.04.08 23:40
(無記名)
情景が目に浮かぶようです、そして二人の関係も。父と息子って、いいですね~~。

『死神』にコメント
2014.04.08 23:43
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
あと10分はどうなったのだ~~! 死神ウソをついてはいかんぞ、情報は正確に。
でも、AEDがあって、救急車を呼んでいるのなら助かるのかなあ。

『そして少女は今日も学校をふける「マジかそのセリフ」』にコメント
2014.04.08 23:46
プロフィール画像
その男に座布団一枚っ (>ω<*)!

『そして少女は今日も学校をふける「デパートの屋上でなくした十円」』にコメント
2014.04.08 23:51
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
うん、そういうことアルアル。ぼくも学生のころコンドームの自販機に五百円玉を食われました ww シャイだったから文句も言えず……(^_^;)

『空想』にコメント
2014.04.08 23:51
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 きっと3人とも仲が良いんだろうな。美しい三角関係だ。でも語り手は、実はどちらかが好きなんじゃないかと勘繰ってしまったりする。語りに達観したような、あきらめがうかがえるので好きなのはたぶん男子の方か……。(ここまで書いてきて自分から漂う腐臭に気が付き愕然)

『太陽の花』にコメント
2014.04.08 23:53
(無記名)
食べてみたい~~、何の花でしょう。明るい太陽の味を夢想させる素敵な作品でした。

『バイタル』にコメント
2014.04.08 23:55
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
でも電気ショックで復活して第二レースを走らされるとかだったりして (^_^;)

『グラヴィティ』にコメント
2014.04.08 23:57
(無記名)
こ、これは計画的犯行(((゚Д゚)))???
面白かったですよ。

『キスの前には歯を磨かなきゃ』にコメント
2014.04.08 23:58
(無記名)
青春だねえ、いいねえ、おもいっきりぶっちゅーーってやってくれっ。
ただし、責任はとれよ。

『皮算用……。』にコメント
2014.04.08 23:59
プロフィール画像
奥さんのため、これ実現するように祈ったろ ww

『様式美』にコメント
2014.04.08 23:59
(無記名)
ご明察っ!

『葛藤。』にコメント
2014.04.09 00:00
プロフィール画像
はい、色んな意味でアウトっ!

『当然の帰結』にコメント
2014.04.09 00:01
(無記名)
なるほど、病気を撲滅した製薬業界みたいなもんですねえ。

『鬼嫁の逆鱗。』にコメント
2014.04.09 00:03
(無記名)
うっわ~~、後の惨劇が目に浮かびますっ。きっと絶叫マシーンより怖いよ。

『鬼嫁』にコメント
2014.04.09 00:05
(無記名)
占領政策に笑った~~、そうだね人口を増やすのも大切な政策。
冒頭が激しすぎて、大好き。

『間違っているのは社会のほう』にコメント
2014.04.09 00:09
(無記名)
ところがどっこい、無茶ぶりではなかったようですね~~。どの作品も個性的でお上手です。
200文字しかないのに、なんでこんな世界が構築できるのか。不思議というかすご過ぎ。

『プレゼント』にコメント
2014.04.09 00:12
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
最後に「グレイ型宇宙人」が出てくるのがぐっときました。横田君、抱きついてもらえなくて残念だったね。

『漱右が手間をかけさせて、ホントにすんまへん。』にコメント
2014.04.09 00:14
プロフィール画像
いや今月からフーニャンになりましたのでヨロシクです (`・ω・´)

『いかん』にコメント
2014.04.09 00:14
(無記名)
閉伊卓司氏と同意見です。

『麹の精』にコメント
2014.04.09 00:16
(無記名)
美味しいお酒になればいいですね~~\(^▽^)/。

『ライトウイング 5』にコメント
2014.04.09 00:19
プロフィール画像
い、色んな意味でアウトです……(´・ω・`)

『実は新種』にコメント
2014.04.09 00:19
(無記名)
檸檬に接ぎ木されて増えるのかなあ。

『男と子供』にコメント
2014.04.09 00:22
(無記名)
これは面白かった。何か含みを持たせた冒頭、そして少年との味のある会話。で、最後。
決まったね!!!

『だいたいみんな泣くんですよ。』返信コメント
2014.04.09 01:16
(無記名)
「だいたいみんな泣くんですよ。」をお読みくださってありがとうございました!
現在、四人のちびと一緒に暮らしてまして、そのうちの三人目がこの春入園となりました。兄姉の制服姿をたいそう羨ましがってた子なので心配は無さそうなんですが、こどもの泣きスイッチは本当どこにあるのかわからないので侮れません。二日に一度は、なんでそんなことで泣かなきゃならんの、と思わされるのですが、私自身もまた子供のときに、簡単なことを口に出せなくて泣いちゃうことがよくあったんですよね。泣いちゃう自分が嫌でますます涙が出てくる、という悪循環に陥ったりして(笑)
このお話は私にとって、目の前にいる子供を通して、子供時代の自分自身に「泣いてもいいんだよ」と語りかけている作品、なのかもしれません。

温かいご感想、執筆と、日々の育児の励みになりました。心から感謝いたします!

『皮算用……。』にコメント
2014.04.09 01:45
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
タイトルがオチになってて好きです。

『僕の幼馴染みは友達が少ない』にコメント
2014.04.09 17:17
プロフィール画像
 なかなか、想像をかきたてられますな。
 いい感じじゃないのでしょうか。
 まぁ、自分はぶりっ子の方が好きですけどね

『舌打ち』にコメント
2014.04.09 17:23
プロフィール画像
 この嫌悪感を覚えるババァ~が果たしてこの世のものなのか。
 十分ホラーな話だと思いました。 実話なのですか? 最後の一文でホラーフラグなんだけど…

『White sandy beach』にコメント
2014.04.09 17:39
(無記名)
う~~ん、ここで英語ならではの、ストーリーもしくは言葉遊びの面白さがあればgood job!なのだが。
日本語に訳すとストーリー的には平坦かなあ。ちょっと策に溺れた感あり。

『柱時計』にコメント
2014.04.09 17:40
(無記名)
これは怖い! 綺麗に決まった上質のホラーでした。

『最悪の兵器』にコメント
2014.04.09 17:41
(無記名)
残念、途中でオチがわかった~~。語り口はカッコいいのだが。

『私を抱きしめて』にコメント
2014.04.09 17:44
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
出番だ、クッキングパパ!!!
男女の怨恨の話かと思っちゃったよ~~。

『桃の花』にコメント
2014.04.09 17:46
(無記名)
なんだか意味深な一作ですね。そうですよね、花は花。ポジティブな思考が作品に華を添えています。

『敗北』にコメント
2014.04.09 17:49
(無記名)
おお、いいですね。こう来るとは予想していませんでした。たくさんの敗北者が出てたくさんの幸せが生まれるわけですね。○○可哀そう~~。

『舌打ち』返信コメント
2014.04.09 18:02
プロフィール画像
>katoras様
「フィクション」、ってことにしておいてください。
個人的には、幽霊よりも生きた人間の方が怖い気も致します。

 ご感想ありがとうございました。

『鬼嫁の逆鱗。』にコメント
2014.04.09 20:19
プロフィール画像
強烈なホラーですね。

『ホワイト・ドワーフ』返信コメント
2014.04.09 23:52
プロフィール画像
コメント、ありがとうございました。

『ホワイト・ドワーフ』返信コメント
2014.04.09 23:53
プロフィール画像
コメント、ありがとうございました。

『僕の嫁』返信コメント
2014.04.09 23:54
プロフィール画像
コメント、ありがとうございました。

『ウナギイヌ』返信コメント
2014.04.09 23:54
プロフィール画像
コメント、ありがとうございました。

『ウナギイヌ』返信コメント
2014.04.09 23:55
プロフィール画像
コメント、ありがとうございました。

『グラヴィティ』返信コメント
2014.04.09 23:55
プロフィール画像
コメント、ありがとうございました。

『White sandy beach』返信コメント
2014.04.09 23:56
プロフィール画像
コメント、ありがとうございました。

『White sandy beach』返信コメント
2014.04.09 23:56
プロフィール画像
コメント、ありがとうございました。

『White sandy beach』追記コメント
2014.04.09 23:57
プロフィール画像
返信するところを間違えて、コメントしてしまいました。

『White sandy beach』にコメント
2014.04.10 00:00
プロフィール画像
返信したいところで返信できず、コメントになったり追記になったりして、申し訳ありません。削除機能はないのかなぁ?

『タイーホされた不沈漢』にコメント
2014.04.10 04:17
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
ご質問ありがとうございます。悩んだ末に選んだ表記なので、誤字ではありません。台詞の受け取り方が誤っていた、というニュアンスを込めたつもりだったんですが、分かりにくくて申し訳ないです。

『改行記念日』にコメント
2014.04.10 04:19
プロフィール画像
ありがとうございます。喜んでくれる方がいて嬉しいです。

『そして少女は今日も学校をふける「マジかそのセリフ」』にコメント
2014.04.10 04:52
プロフィール画像
 やっぱ、人間観察はおもろいですな。
 おちの決め台詞をどこに入れるかも200文字の醍醐味だと感じた作品でした。

『漢字テスト』にコメント
2014.04.10 04:54
プロフィール画像
仲仲豆な咲く貧で重城買ったです。

『DNA。』にコメント
2014.04.10 09:32
プロフィール画像
愛すべきキャラですね。

『三本のやーん』にコメント
2014.04.10 22:15
プロフィール画像
なんかワロタ (*´д`*)  幸せな気分になった ♪

『ひどいやつ』にコメント
2014.04.10 22:22
プロフィール画像
……殺したのかな (´・ω・|||)

『あの瞬間の僕』返信コメント
2014.04.10 22:39
(無記名)
ご感想ありがとうございます。
実は僕も、小春日和と打つ前に辞書を開いたクチです。いつになっても言葉の不安はついてまわったりするのです……。

『あの瞬間の僕』返信コメント
2014.04.10 22:41
(無記名)
ご感想ありがとうございます。そうおっしゃって頂いて嬉しいです。最後に繋がるようにするにはどのような文章がよいか、いろいろ悩んだ甲斐がありました。

『呼び出しと妹』にコメント
2014.04.10 22:47
プロフィール画像
ちょっと萌えた (*´д`*)

『バームクーヘン』にコメント
2014.04.10 23:04
プロフィール画像
……おっちょこ可愛ええ (*´д`*)

『アンテナ地獄』にコメント
2014.04.10 23:10
プロフィール画像
3本も勃てて、どう使うんだろう。ボクの推理が正しければ、あそこをこーして、これをこっちに……。あれ、1本余るゾ(汗)

『暇の缶詰』にコメント
2014.04.10 23:18
プロフィール画像
うん、これは上手い。読み終えてからも色々と読者に考えさせるテクニックが素晴らしいです。

『漱右が手間をかけさせて、ホントにすんまへん。』にコメント
2014.04.10 23:21
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
なんだとー。

漱石を越えるもの漱右の称号を捨てるのかー。

フーニャンめー。

許さない! 許さない! マジ許さない!

『出発の時』にコメント
2014.04.10 23:52
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 最初の「」文が二人の会話かと思いこんでいたので???になってしまった。
 すべて出立する私が言いたかった台詞なのか。自分に読解力がないのが悪いんだけど……ちょっとわかりづらかった。

『空白は文字数に入らないと聞いて』にコメント
2014.04.10 23:57
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 これは、面白い。たぶんこの文章を普通で読んだら面白くないかもしれないけど回ったり、開いた文字の間を探しながら読んだりしていると、その間合いに空白の面白さがにじみ出てくる。(文章を読むリズムが調節される効果があるのかなあ)最後はまた読む速さが自然と早くなり、オチ。これはシステムをうまく利用して、なおかつ作品自体にも面白い効果を与えている。やられました!!!

『188月』にコメント
2014.04.11 00:00
(無記名)
 彼女が何者なのかはしれませんが、うらやましい感性だなと思いました。
 作品世界の描写が繊細でとても美しかったです。

『竹取桃太郎』にコメント
2014.04.11 00:03
(無記名)
ただ、くっつけただけではなく姉弟の機微が描かれていてよかった。

『いのなかのかわず』にコメント
2014.04.11 00:06
(無記名)
うわ~~、でも淡泊で美味しいのでは~~。そういえば最近見なくて寂しいです。

『傷ついて泣きたいよ』にコメント
2014.04.11 00:07
(無記名)
オヤジ、察してやれよっ!!!

『冬虫夏草』にコメント
2014.04.11 00:11
(無記名)
これは某テレビ番組でお馴染み、新婚妻が旦那様に朝食を作るって奴か???
最初の哲学的会話とのギャップが面白い。

『ネゴシエーション』にコメント
2014.04.11 00:14
(無記名)
なんだかおもしろいぞ、コレ。
200文字とは思えない、手に汗握る映像が頭の中で流れた~~。

『講談ネスト侍』にコメント
2014.04.11 00:17
(無記名)
なんだか四則演算の問題を解いているような気分になった~~。

『私の尊敬する彼』にコメント
2014.04.11 00:19
(無記名)
そうですね、確かにえらいですよね~~。それに語りかける作者の心根が優しい。

『ゆるキャラに生き、ゆるキャラに死す』にコメント
2014.04.11 00:21
(無記名)
うどんゆるキャラで良かったねえ~~!

『雪心』にコメント
2014.04.11 00:23
(無記名)
詩のような話。熱がなんなのか、しばし答えを探している自分に気が付いた。

『盆栽』にコメント
2014.04.11 00:26
(無記名)
 これは素晴らしい。200文字なのに起承転結が余すところなく描かれて、それでいて窮屈でない。奇想天外な情景も広がって、最後にはすとんと落ちる。ピンホールカメラをさかさまに覗いたような、奥行きのある不思議な世界を体験させていただいた。

『真夏の恐怖』にコメント
2014.04.11 23:15
プロフィール画像
前書きが効いていますね。
怖かったです。

『続ネゴシエーション』にコメント
2014.04.11 23:21
プロフィール画像
最後の一行でなるほど。という落ちでした。
でも、輸出量は世界3位ですから、バカにできません。

『ひきょう組に貶められた男』にコメント
2014.04.11 23:21
プロフィール画像
楽しめました。
(ちょっと危ないけれど)

『ライトウイング 3』にコメント
2014.04.11 23:28
プロフィール画像
ライトウィングシーリーズではこれが一番でした。

『バームクーヘン』にコメント
2014.04.11 23:40
プロフィール画像
こんな面白い話、実話のはずがないですよね~
私は、絶対、確実に、100%、リネさんの実話じゃないと信じていますから

『敗北』返信コメント
2014.04.12 06:06
(無記名)
ご感想ありがとうございます。
目にしたものを、勝手に脳が妄想変換してしまうので、そう受け止めていただけ嬉しいです。

『敗北』返信コメント
2014.04.12 06:07
(無記名)
感想ありがとうございます。
かつては「俺」も通った道だと思いつつ……でした!

『めまい』返信コメント
2014.04.12 06:14
(無記名)
ご感想ありがとうございます。
最後のしずく……はい^^ タイトルとしずくに込めてみました。
伝わったようで安心しました。(思い込みかもですが(笑))

『めまい』返信コメント
2014.04.12 06:15
(無記名)
ご感想ありがとうございます。
そういっていただけ嬉しいです!
読んでいただけただけで嬉しいです!

『秋唄』にコメント
2014.04.12 06:22
(無記名)
ご感想ありがとうございます。
ちょっと勘違い人間は、詩と小説のライン引きがあいまいで、自分の好きなものを載せてしまいました。
読まれた方がいろいろに受け止め、読み砕いていただけると嬉しいなって思います。

『秋唄』返信コメント
2014.04.12 06:33
プロフィール画像
ご感想ありがとうございます。
ちょっと勘違い人間は、詩と小説のライン引きがあいまいで、自分の好きなものを載せてしまいました。
読まれた方がいろいろに受け止め、読み砕いていただけると嬉しいなって思います。

『ひどいやつ』返信コメント
2014.04.12 22:24
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
閉伊卓司様
こっ、殺す! 私はそこまで想像していなかったのですが、この後の二人、それもありそうだと思いました。そういう妄想をする閉伊卓司様も、なかなかひどいやつですな(笑)。感想ありがとうございました!

『独占欲』にコメント
2014.04.13 00:59
プロフィール画像
負け惜しみを言っている哀れな男。
男はすべてを失っても、プライドだけは捨てられないのかもしれない。

『DNAの秘密』返信コメント
2014.04.13 01:46
(無記名)
そうです、そうです。地面に痰を吐くと、危険です。なぜなら、マッドサイエンティストに、DNAを使われて、クローン人間をつくられてしまいますから!

星新一さんのショートショートを思い出しながら書いた、SFで、環境にも配慮したエコ的な(笑)小説です。

よろしくお願いします!

『バカ』返信コメント
2014.04.13 20:33
プロフィール画像
コメントありがとうございます。
「バカ」の一語に込められた互いの想いが感じられたなら幸いです。

『雪見酒』返信コメント
2014.04.13 20:48
プロフィール画像
コメントありがとうございます。
美しさの裏に沈んだものが、美しさに深みを与え、それが人に感銘を感じさせるのだと思っています。
好きと言っていただけてありがたく思います。

『そして少女は今日も学校をふける「マジかそのセリフ」』返信コメント
2014.04.13 20:50
プロフィール画像
このセリフを言われたら、一度は言い返してみたいセリフ。
山田くん! 彼の勇気に座布団を!

『そして少女は今日も学校をふける「マジかそのセリフ」』返信コメント
2014.04.13 20:56
プロフィール画像
下世話と思いながら、ついつい聞き耳を立ててしまうのは、それだけ人間観察が面白いということで。
限られた字数で、台詞のタイミングを図るのは結構難しいですね。「ここが決め台詞!」と感じていただけたならうまくいったということでしょうか。ありがとうございます。

『そして少女は今日も学校をふける「デパートの屋上でなくした十円」』にコメント
2014.04.13 20:57
プロフィール画像
それももう戻らない青春の思い出……(´-ω-`)

『そして少女は今日も学校をふける「デパートの屋上でなくした十円」』返信コメント
2014.04.13 20:59
プロフィール画像
それももう戻らない青春の思い出……(´-ω-`)

『僕の幼馴染みは友達が少ない』返信コメント
2014.04.13 21:09
プロフィール画像
素直じゃないのが可愛さ余って可愛さ百倍。
男の世話焼き心をくすぐっています。

『ライトウィング。』にコメント
2014.04.14 20:56
(無記名)
あるある~~。二重スパイ気分が味わえますね。

『執着』にコメント
2014.04.14 21:03
(無記名)
コワイですね~~。ネットは世界の彼方にもつながってますからね。どこでだれがほくそ笑んでいるかわからないですね。こわ~~。

『君の言う通り』にコメント
2014.04.14 21:08
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 ちょっとよくわからないのですが、ミサトはこの人の愛人なのでしょうか。と、なればいろいろ泥沼の背景が浮かびますし、ミサトがこの人の娘さんで傘を使うような祭り(水を振りかけられるとか)であればとっても微笑ましい気がします。自分の理解力が足らないせいかもわかりませんが、かえっていろいろ想像できて面白かったです。

『暗い水槽』にコメント
2014.04.14 21:10
(無記名)
 とっても素敵でした。鈍い銀色の、陰鬱なロマンチックを感じました。

『そして少女は今日も学校をふける「なぜ泣くおっさん」』にコメント
2014.04.14 21:27
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
もらい泣きするなんて、いいお嬢さんじゃないか~~!(ネタバレかどうかわかんないけど、一応ネタバレにしておこう。最後の重要な〆だし)

『そして少女は今日も学校をふける「マジかそのセリフ」』にコメント
2014.04.14 21:31
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
この二人の会話だけでも成立しそうだ。「~~愛せるのかよ」の後がちょっと長く感じた。
でも、男性の一言は思わずうなずいてしまった。

『そして少女は今日も学校をふける「優等生の坂崎くん」』にコメント
2014.04.14 21:32
(無記名)
坂﨑君、何があった~~!?

『そして少女は今日も学校をふける「マスターとあたしとナポリタン」』にコメント
2014.04.14 21:36
(無記名)
二人の会話がいきいきして良かったです。別なオチを考えてしまってちょっとドキドキしました。(マスターそれを人前でやると捕まるよ~~、とか)

『そして少女は今日も学校をふける「デパートの屋上でなくした十円」』にコメント
2014.04.14 21:42
(無記名)
ああ、なんかそこはかとなく哀しい。特に書かれていないこの方の背景とか人生がにじみ出ている気がしました。

『嫌いだ。』にコメント
2014.04.14 22:47
プロフィール画像
そうか、むかしコクった相手から「嫌い」と言われたのはこれだったのか。早まったぜ (>ω<*)

『人類がウソをつけなくなったら…』にコメント
2014.04.14 22:55
プロフィール画像
福田赳夫元首相に乾杯〜 ♪ 思えば平和な時代だった……(^_^;)

『シーソー』にコメント
2014.04.14 22:59
プロフィール画像
やばい萌えた……逮捕されるかなオレ(汗)

『運命の日【改訂版】』にコメント
2014.04.14 23:16
プロフィール画像
なんか萌えた……ヤバいかな (´・ω・|||)

『黄昏トラム』にコメント
2014.04.14 23:22
プロフィール画像
「ボクは泣いちっち」ってやつですネ! え、古すぎて分からない (´・ω・|||)? ボクも知りません平成生まれですからホントですホントです……。

『斬鉄はできるか?』にコメント
2014.04.15 12:24
(無記名)
ラノベ的な非現実感がよいですねー。
でも読者側の言い分としては語り手もその非現実な思考回路に巻き込まれて欲しかった。

『空白は文字数に入らないと聞いて』にコメント
2014.04.15 12:30
(無記名)
誰かやる人がいるとおもっていました。こういうダダイズム小説。
やろうとしていることは面白いのですが、その結果提示されたものがちょっと弱いかなあと。
賛否両論。このテクストはきっとそれも織り込み済みでしょう。

『ガーデニング』にコメント
2014.04.15 12:32
(無記名)
いいところをついてます。
ただ、情報の提示のタイミングに工夫が必要かも。このテクスト、語りの順番を変えるだけで相当引き締まるようにお見受けしました。

『ニキビ』にコメント
2014.04.15 12:36
(無記名)
若さの象徴ですよね、ニキビ。そんな些細なものが思春期には重大なものだったりするんですよね。若かりし頃の記憶が蘇りました。
ただ、欲を申せば、このテクストはオチで読者をびっくりさせるものではないので、他の見せ所を模索していただけるともっと読み応えがあったかも。

『200文字のコスモ』にコメント
2014.04.15 12:38
(無記名)
これ、主催者様が泣いて喜びそうなテクストですねえ。
一編の小説は一つの宇宙。そして200とてそれは同じ。

『いいこと思いついた!! 本文200文字しか書けないならタイトルにいっぱい書けば良くね?? しかも改行はやり放題じゃん!! よっしゃこれでいっぱい書ける!! この勝負、もろたで工藤!!』にコメント
2014.04.15 12:42
(無記名)
この空虚な感じ、いいですねえ。
主人公(not作者)の鬱屈が文章の形態に影響を与えています。お見事です。

『執着』返信コメント
2014.04.15 17:57
プロフィール画像
 地球の裏側の人に「あなたは、日本人メジャーリーガーのスズキ・イチローを知っているか? もし知らないのなら、他の人を紹介してください」という質問をしてゆくと、なんと十人以内には日本人に、さらに四十人以内にスズキ・イチロー本人に到達できるそうです。
 世界の彼方にまでつながっているはずのネットが、案外身近なところでつながっている――これはこれで、恐ろしい事実かもしれません。

『シーソー』返信コメント
2014.04.15 21:09
(無記名)
感想、ありがとうございます。
読んで萌えたアナタが逮捕されるなら、萌えて書いた俺は終身刑ぐらい食らっちまうんでしょうか
(((( ;゚Д゚))) ガクガクブルブル

『運命の日【改訂版】』返信コメント
2014.04.15 21:10
(無記名)
感想、ありがとうございます。
来年の今ごろには「何だこりゃ?」と言われそうな、時期限定しかもネット限定のネタに萌えていただき正直助かりました。
「不謹慎!」とフルボッコになるかな、とガクブルしてたんで(´∇`) ホッ

『ガイドと旅人「塚蟻の女王」』にコメント
2014.04.16 00:12
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
塚蟻の女王は、繭なんですね。不思議な味わいのあるお話でした。

『ガイドと旅人「一本足の一生」』にコメント
2014.04.16 00:24
プロフィール画像
不思議な世界を旅する冒険者とそのガイド。こゆお話好きです。

『すこし嬉しかったよ』にコメント
2014.04.16 00:29
プロフィール画像
うっかり期待してしまうのも好意ゆえ。嬉しかったですよね。わかります…

『殺りに行けるアイドル』にコメント
2014.04.16 00:41
プロフィール画像
殺りにいけるアイドルは、人気絶頂間違いなし。何度でも自分のものにできるなんて最高。

『心』にコメント
2014.04.16 00:47
プロフィール画像
私が私であっては愛されないのだ、と気づく聡明さを持っていていながら、なぜ「あなたの好みの形になろう」とするのか。愚かなり女心。

『蠢動』にコメント
2014.04.16 11:36
プロフィール画像
おお、お子様の私にはちょいと刺激がございましたが、何だか分からないでもなかったです〜!そう思っちゃうことありますよね・・・女性としては。。。

『二十三夜』にコメント
2014.04.16 20:21
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
二十三夜だからこそ、「願いが叶った」という次第なのですね…こういう物語の仕掛けは大好きです。さすが社大さん(*´∀`)

『雨にぬれても』にコメント
2014.04.16 20:45
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
もう随分と昔の漫画なんですが(と、いきなりごめんなさい^^;)「グリーンスナイパー」という短編を思い出しました。まあ御作と同じようなラストなんですけれども、御作では決定的なシーンは描かれていないだけに、件の漫画とは違うラストであればなあと願います…

『黄昏トラム』返信コメント
2014.04.16 22:12
プロフィール画像
 お読みいただきありがとうございます。
――さて「僕は泣いちっち」と言えばハマクラこと浜口庫之助が作詞・作曲した曲の事でしょうか。だとするならば、私の作品の筆意とは少しニュアンスが違うようす……、しかしながら、これは偏に、私の文章力の無さが招いた結果という事で反省する材料にもなると真摯に受け止める事に致します。貴重なご意見ありがとうございました。

『蠢動』返信コメント
2014.04.16 22:32
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 お読みいただきありがとうございます。
 本心から言えば、こういった題材は読者のご理解を得ることが難しいのではないかと思いながらも、現実に直面した女性の戸惑いの感情を描きたいという欲望を抑えきれずに書いてしまいました。因みに、これは私が大昔に書いた作品の一場面を切り取ったもので、それゆえか、非常に話が不明瞭な感が否めないと我ながら反省する次第です。
 女性の視点から見た感想、今後の創作への参考になります、貴重なご意見ありがとうございました。

『雨にぬれても』返信コメント
2014.04.16 23:01
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 お読みいただきありがとうございます。
「グリーンスナイパー」松本零士さんの短編ですね。それを連想されるとは……いやはや……さすが。
 ――さて、この作品はバート・バカラックの名曲「雨にぬれても」が挿入歌として吹き込まれた映画「明日に向かって撃て」をイメージして書きました。本当はもう少し詰め込んだ内容にしようと思ったのですが、いかんせん二百文字では収まりきらず結末を曖昧にせざる負えませんでした。もちろん「グリーンスナイパー」の同士討ちという結末も頭に浮かび、どうしたものかと考えましたが、結局、この字数だと結末を曖昧にして、読者の憶想に委ねるしかないと……いえ、言い訳は見苦しいか……未熟さゆえです(笑)

『DNAの秘密』にコメント
2014.04.16 23:37
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
日本人には大変有効そうな方便だなあとw 面白かったです。ただ、ちょっとタイトルはそぐわない感がありました。。

『ひきょう組に貶められた男』にコメント
2014.04.16 23:40
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
うーんこれはいただけない^^; こゆのは、私は楽しめないんですね。 ※個人の感想です

『プロジェクトB』にコメント
2014.04.16 23:58
(無記名)
統制のとれた職人的チームワークが、ファンタジーっぽくなくて笑ってしまいました。

『ライトウイング 2』にコメント
2014.04.16 23:59
(無記名)
このふたり妙に可愛いんですが……。

『ライトウイング 3』にコメント
2014.04.17 00:00
(無記名)
この二人に萌えてます。

『バイタル』にコメント
2014.04.17 00:05
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 vital signにもいろいろあるけど、これは脈拍かな。心電図モニターがぴーっという音をゴールに見立てたのが面白い。天国にダッシュだーー!

『ガーデニング』にコメント
2014.04.17 00:08
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 誠実で几帳面な旦那様と少々ずぼらでユニークな奥様の関係が、文章から鮮やかに浮かび上がってくる感じがしました。

『バラの色』にコメント
2014.04.17 00:10
(無記名)
 主人公が魅力的な人であれば、喜ぶとは思うんですが……。

『ニキビ』にコメント
2014.04.17 00:13
(無記名)
あははは~、笑いました。敵を殲滅すべく施される手順も「あるある~~」気分を盛り上げてくれてたのしかったです。

『ライトウイング 4』にコメント
2014.04.17 00:14
(無記名)
いや、そうとは決まってないと思うが……。

『皮算用……。』にコメント
2014.04.17 00:18
(無記名)
 まあ、夢見るのは勝手だから、ストレス解消にいいかもね。

『葛藤。』にコメント
2014.04.17 00:20
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
味がわからないのを利用して、きっとロースは並みに違いないっ!

『飴細工の思い出』にコメント
2014.04.17 00:23
(無記名)
 なんか、昭和の情景だなあ。二人の姿が目に浮かぶようだ。ちなみに飴細工、結構高いぞ。

『ツイッター小説には長すぎる』にコメント
2014.04.17 00:25
(無記名)
すっきりしていて好きです。文章に狼狽が現れていて、最後のあがきが面白い。

『私の心は大根おろし』にコメント
2014.04.17 00:28
(無記名)
一矢報いましたね、万歳。って、喜んでいいのか?

『そば屋』にコメント
2014.04.17 00:30
プロフィール画像
いやいやww 早退せずともww 初々しいじゃありませんか。

『DNA。』にコメント
2014.04.17 00:32
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 初代ジェームズ・ボンドをみろっ! 禿頭の原因は老化ばかりではないのだ。

『グランシア物語』にコメント
2014.04.17 00:33
プロフィール画像
うーん「これから始まる物語」なのですね。本編(御作)での「物語」を見たかった。

『優しい嘘つき』にコメント
2014.04.17 00:34
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 つかなければならないウソもあるし……。

『ハーフボイルド探偵・BARにいる探偵』にコメント
2014.04.17 00:36
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
バーにクリームソーダってあるんだw さておき昔チェリーの枝を結べたら…という、ちょいエロいネタがありましてですね…(笑)

『樋口兼光』にコメント
2014.04.17 00:38
(無記名)
巴御前のお兄さんですねっ!

『根井行親』にコメント
2014.04.17 00:41
(無記名)
義仲四天王の一人ですね。いかにも荒くれ武将といった感じの独白でした。

『楯親忠』にコメント
2014.04.17 00:43
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
終わっちゃうんだけどね……。

『今井兼平』にコメント
2014.04.17 00:47
(無記名)
 この人も、巴御前のお兄さんですね。結構美形であったのではないかと昔妄想した覚えがあります。平家物語でも義仲の最後の場面で活躍していて、かっこいい~~と古文の時間に萌えてました。

『ぶつける』にコメント
2014.04.17 00:48
プロフィール画像
自分自身の壁を壊す。良いお話でした(*´∀`)

『忠犬バチ公様なのだ!』にコメント
2014.04.17 00:48
(無記名)
バチ公、わざとやったろう。

『ゆうやけ』にコメント
2014.04.17 00:51
(無記名)
昔の戦場にきたのでしょうか、状況はぼんやりしていますが感傷的な文章が美しく感じました。

『人類がウソをつけなくなったら…』にコメント
2014.04.17 00:53
プロフィール画像
ブラックホールになったのかしら…

『もう少し頑張ってみて』にコメント
2014.04.17 00:54
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
死神の面目躍如ですねw

『先入観』にコメント
2014.04.17 21:45
(無記名)
いや、先入観以前に君が規格外(おもしろ)すぎる~~。

『笑顔を望む』にコメント
2014.04.17 21:49
(無記名)
 小説として読むと平凡な気がするが、真面目な筆致に好感を覚える。状況が好転……できなければ、この人たちにいつか心の平穏が訪れますように。

『狂愛』にコメント
2014.04.17 21:53
プロフィール画像
あえて縦書きで読んでみた www

『独占欲』にコメント
2014.04.17 21:59
プロフィール画像
♪貢いだあげくにハイそれまでよ♪ というクレイジーキャッツの歌があったなあ(´・ω・|||)

『火薬の誕生』にコメント
2014.04.17 21:59
(無記名)
ちょっと最後のネタが上滑りしているような印象。昔はこうやって作ってたんですよね、くさ~。

『漱右が手間をかけさせて、ホントにすんまへん。』にコメント
2014.04.17 22:02
(無記名)
フーニャン、楽しい催しありがとう! 作者も200字小説の波間に溺れそうな気分の時に、楽しい生き抜きありがとう。

『ホラー小説を書きあぐねているあなたへ』にコメント
2014.04.17 22:03
プロフィール画像
だ ま さ れ た っ (>ω<*)

『世紀末覇王ふうの魔王』にコメント
2014.04.17 22:07
プロフィール画像
わろたww こういうヤツ好き

『一秒でも長く君といたい』にコメント
2014.04.17 22:11
プロフィール画像
学校なんてサボっちゃえば良いヨ。青春だなあ……(*´д`*)

『おまじない』にコメント
2014.04.17 22:12
プロフィール画像
まあ、日傘にもなるしね (*´д`*)

『桜の見る夢』にコメント
2014.04.17 22:13
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 なにか切なくなるような物語ですね。桜は接ぎ木で増やすソメイヨシノでは親子関係ではないので、山桜などでしょうか。

『女のあの声……』にコメント
2014.04.17 22:14
プロフィール画像
はい、スリーアウト・チェンジ www

『泣き声』にコメント
2014.04.17 22:16
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 子供の泣き声はうるさくてもどこか心地のいいもんですよ。ちょっと心に余裕が無いかな、このパパは。

『差し迫る』にコメント
2014.04.17 22:18
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
滅びなかったら、もうけものだね!

『火事場の馬鹿力』にコメント
2014.04.17 23:14
(無記名)
独白が生き生きしていて楽しかったです。

『ライトウイング 5』にコメント
2014.04.17 23:22
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
京都御所の紫宸殿の前に「右近の橘、左近の桜」が植えられているんですね。(この話を読むまで知りませんでした、勉強になりました~~)でも、結局どちらもオッケーなのでは??

『三本のやーん』にコメント
2014.04.17 23:31
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
色っぽすぎる~~。
急遽色欲を断つ講義に変更、か?。

『雷がこわい妹』にコメント
2014.04.17 23:32
(無記名)
カワイイ少女戦士ですね~~!

『200文字のコスモ』にコメント
2014.04.17 23:37
(無記名)
文字数が少ないと、作品はぐっと凝縮された結晶のようです。
でも、覗いてみると中はびっくりするぐらい豊潤な世界が広がっていたりするのです。
書き手の皆さんの苦労がしのばれます。

『起きるのが遅い妹』にコメント
2014.04.17 23:37
(無記名)
妹さんに萌えてもいいですか~~!

『将軍と異世界少年』にコメント
2014.04.17 23:42
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
犬=少年ならば、この世界は愛護のあまりボーイズラブ全盛に……??←読み手の頭が腐っている。

『そして少女は今日も学校をふける「昼下がりの公園で」』にコメント
2014.04.17 23:43
(無記名)
先生、いい味出してる。そして主人公もなかなか情がある。

『いざ鎌倉!』にコメント
2014.04.17 23:45
(無記名)
呼ばれてないって!

『癌』にコメント
2014.04.17 23:47
(無記名)
無限の増殖能は、ある意味すごいパワーだと思うのですが……、敵ですからねえ人類の。

『エクソダス』にコメント
2014.04.17 23:49
(無記名)
エクソダス、出エジプト記ですね。
SFの壮大なワンシーンにぴったりのタイトルです。

『地球最大の病院』にコメント
2014.04.17 23:51
(無記名)
なんだか文章まで病んでいる感じ(もちろん褒め言葉です)の、とても雰囲気のある作品です。
世紀末の背徳感が感じられて好きでした。

『名医の経歴。』にコメント
2014.04.17 23:54
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
名医であればあるほど、いろんな噂が立つものです。

『デス子』にコメント
2014.04.17 23:55
プロフィール画像
人はそれを「八つ当たり」と言うのですw

『呼び出しと妹』にコメント
2014.04.17 23:56
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
恐るべしブラコンw 確かにちょっとカワイイw

『女神さまに叶えてもらう願い』にコメント
2014.04.18 00:01
プロフィール画像
これは大変面白うございました(*´∀`) 約束違えてないしねー(笑)

『妹とピザ十回』にコメント
2014.04.18 00:05
プロフィール画像
負けてあげるお兄ちゃんやさしいww

『浦島効果がわからない妹』にコメント
2014.04.18 00:07
プロフィール画像
かわいいw というかやばいほどに聡明な妹w

『妹と斬鉄剣』にコメント
2014.04.18 00:11
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
語呂合わせ…? いや違うな。。


悔しい…ッ!五年生の妹に負けるなんて…! ←いつの間にか勝負になっていたらしい

『生きる』にコメント
2014.04.18 00:14
プロフィール画像
アイディアだけで、満点。
ただし極々短い物語を改ページで語ると、印象が散漫になるように思いました。

『いつか来たセカイ』にコメント
2014.04.18 00:20
(無記名)
選び出された言葉のひとつひとつがうつくしくて、朗読で聞いているような気分になりました。
最後の三行が好きです。どうしてか、希望のようなものが感じられました。

『簒奪者』にコメント
2014.04.18 00:25
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
簒奪、逆賊…というからには、「朱美」が従属していたのは「彼女」なのでしょうか。
そうであれば、「彼」もまた、「朱美」の自立のためのコマにすぎないのかもなあ、などと思いました。

『Yes,You are certainly cute……』にコメント
2014.04.18 00:28
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
某「生活感」とは真逆のテイストの作品ですね。

『説教勇者』にコメント
2014.04.18 00:30
プロフィール画像
笑わせて頂きましたw しかし正論ですぞ、これは…w

『冬』にコメント
2014.04.18 00:32
(無記名)
童話の世界がうかんできました。映像や色がすぐ、想起できるのはすごい。
音まで聞こえてきそう。

こちらの最後の二文が、連作の中で一番気に入ってます。

『心地よい重さ』にコメント
2014.04.18 01:37
プロフィール画像
昔、「星の旅」という歌があってですね…
状況は違えど、ちょっと思い出してしまいました。

『透明人間』にコメント
2014.04.18 01:39
プロフィール画像
ああこれは切ない… でも幸せでもあるのかな。

『ニキビ』返信コメント
2014.04.18 14:34
プロフィール画像
無記名様(4.15.12.36の方へ)
他の見せ所があれば……はい、確かに。
誰にでも経験がある内容で、共感をねらって書いたつもりでしたが、私も少々オチが弱いかなと思っております。
もっといい終わり方を考えないといけないですよね。
ご意見、ありがとうございました。またよろしくお願いします。

『ニキビ』返信コメント
2014.04.18 14:39
プロフィール画像
無記名様(4.17 00:13の方へ)
笑ってくださってうれしいです。
この作品は、自分の体験を元に、できるだけ現実のままに書くことを課題にしたものです。
ニキビが気持ちよくつぶれてくれたら、すごくすっきりして勝った気分に。
逆に、うまくつぶれてくれないと、負けた気になったり(笑)。
でも本当は現実には絶対につぶしちゃったらダメでしたね……
感想ありがとうございました。

『葛藤。』にコメント
2014.04.18 15:11
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
交差というより、すれ違いw そしてこんな店に食いに来るヤツが悪いw

『赤い糸』にコメント
2014.04.18 15:16
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
ん、この糸の縁はもしかして…イヤまさかね^^;

『飴細工の思い出』にコメント
2014.04.18 15:24
プロフィール画像
裸電球に始まり、裸電球に終わる。200字というごく短い物語では、ちょっともったいない気がしました。それはさておき。
昭和な香りがぷんぷんですねw むろん狙ってのことでしょう。昭和スキーには涎が出ますが、ここはひとつ、ペガサスは天馬でいって欲しかったかも^^;

『ツイッター小説には長すぎる』にコメント
2014.04.18 15:25
プロフィール画像
これもアイディアの勝利w

『私の心は大根おろし』にコメント
2014.04.18 15:28
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
マテごめんなさいなのか…!

『DNA。』にコメント
2014.04.18 15:30
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
こりゃいかん。俺がモテないのは、多分ハゲが原因じゃない。とマジレス^^;

『優しい嘘つき』にコメント
2014.04.18 15:31
プロフィール画像
内容よりは、構成に技を感じました。

『樋口兼光』にコメント
2014.04.18 15:40
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
彼らの落日を知る身には、朝日の輝きにも儚さを覚えずにはいられません…

『今井兼平』にコメント
2014.04.18 15:46
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
連作、楽しませていただきました。人の世とは無情なもの。人の心もまた儚く移ろうもの。しかし変わらぬ強く美しいものも、私達はまだ持っているのだと思います。

『忠犬バチ公様なのだ!』にコメント
2014.04.18 15:47
プロフィール画像
誰がなんと言おうと、バチは忠犬なのだww

『簒奪者』にコメント
2014.04.19 00:23
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 あんのーんさんの読解力には驚かされます。恐ろしい人だ……ここまで洞察されると何も言えなくなりそうです。
 さて、お察しの通りこの二人の友人関係には暗黙の裡に上下関係が存在しているという筋書きです。これは、現実社会でも存在しうるものだと思うのです。対等の関係である筈の友人の示威行為に抗う事が出来ない者……もはや友とは呼べない関係であるにもかかわらず、孤立を恐れて従属してしまう……朱美はそんな人間関係から脱却を図った……そんな内容でした。実はタイトルに少し悩みました……あまり内容に沿ったものでは無い気がしましたが、言葉のインパクトを重視したものでした。そこに未熟さが表れているように、今となっては思われます。(ようはハッタリ)いや、恐れ入りました。感想ありがとうございます。

『簒奪者』返信コメント
2014.04.19 00:24
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 あんのーんさんの読解力には驚かされます。恐ろしい人だ……ここまで洞察されると何も言えなくなりそうです。
 さて、お察しの通りこの二人の友人関係には暗黙の裡に上下関係が存在しているという筋書きです。これは、現実社会でも存在しうるものだと思うのです。対等の関係である筈の友人の示威行為に抗う事が出来ない者……もはや友とは呼べない関係であるにもかかわらず、孤立を恐れて従属してしまう……朱美はそんな人間関係から脱却を図った……そんな内容でした。実はタイトルに少し悩みました……あまり内容に沿ったものでは無い気がしましたが、言葉のインパクトを重視したものでした。そこに未熟さが表れているように、今となっては思われます。(ようはハッタリ)いや、恐れ入りました。感想ありがとうございます。

『ひどいやつ』にコメント
2014.04.19 05:51
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
これだけはっきりと意思表示してくれたら、結構見切りやすいと思う。思わせぶりな態度を取るよりは絶対潔い。

『アダムとイヴ』にコメント
2014.04.19 05:55
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
あははは~、上手いなあコレ。でも、人造人間の健康に草木は必要なのかなあ?

『授業放棄過多症候群』にコメント
2014.04.19 05:57
(無記名)
ま、行っとけばいいんじゃないかな。勉強だけがガッコの役割じゃないと思うし。

『初めての海』にコメント
2014.04.19 06:01
(無記名)
なんだか、どろどろとした、でも崇高な感じがする。たった200字なのに、後味が強かった。

『墨刑』にコメント
2014.04.19 06:03
(無記名)
おゆうさんの本心は。はてさて……。

『御火の番』にコメント
2014.04.19 09:41
(無記名)
 大奥は結構狸が出たらしいですね。たくましい美女(←勝手に想像)は大好きです。

『山田羽書』にコメント
2014.04.19 10:09
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
御師(昔の寺社参りのツアコン?)とお伊勢参り(かな?)に行く場面でしょうか、なんだかウキウキしていていいですね。

『妻の血だらけの服』にコメント
2014.04.19 10:10
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
わ~~、因果はめぐる……。

『たんぽぽ』にコメント
2014.04.19 10:12
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 とんでもない設定から始まり、ファンタジックな生物の進化。花にすら取り残される人類が哀れです。200文字でいろいろ夢想できて、とても楽しかったです。

『いいこと思いついた!! 本文200文字しか書けないならタイトルにいっぱい書けば良くね?? しかも改行はやり放題じゃん!! よっしゃこれでいっぱい書ける!! この勝負、もろたで工藤!!』にコメント
2014.04.19 10:14
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 タイトル無制限に目を付けた人はたくさんいたと思うが、人生訓に結びつけたのが独特で面白かった。

『200文字で人を殺すには。』にコメント
2014.04.19 10:17
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
二次元から突如にゅーっと人が出てくるイメージがありました。不条理なところがなんだか落語の頭山を思い出したりして。

『泳げない妹』にコメント
2014.04.19 10:19
(無記名)
この二人の兄妹の関係、大好きです!!!

『心配する妹』にコメント
2014.04.19 10:45
(無記名)
なんだかこのまま4コマ漫画にできそうな、兄妹ですね! 妹カワイイ。

『価値ある真実』にコメント
2014.04.19 10:50
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 そこから払わせることのできる作者になりたいですね~~。

『ギャンブルの勝者』にコメント
2014.04.19 10:53
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
ええっ、これ面白そうなオチの香りがするんだけどなんのギャンブルなのかわからない~~(泣)
わかる人がうらやましいッ。

『きんたま!』にコメント
2014.04.19 10:55
(無記名)
年上女性に溺れてみるのも、うらやましい身の持ち崩し方だと思う。

『二十一世紀ええじゃないか』にコメント
2014.04.19 10:56
(無記名)
ええと思います。

『天井』にコメント
2014.04.19 10:56
(無記名)
突き破れっ!

『愛犬』にコメント
2014.04.19 10:59
(無記名)
喜んでいいのか……。最後にぐっとこの作品の世界が広がった気がしました。

『君に会うための『さようなら』』にコメント
2014.04.19 11:02
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
彼女は彼女なりの理由があったんだろう。だけどあの世で会って、彼女は喜ぶのかなあ。

『電気羊の夢』にコメント
2014.04.19 11:04
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
人工知能の恋煩いかっ、存在意義を保つためには自らを消去しないといけないなんて辛すぎる~~。

『ハーフボイルド探偵・犯人はヤスダ』にコメント
2014.04.19 11:06
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
うけた~~!!!
できれば漢字でね。この名前、結構同姓同名多いから。

『冬の女王の涙』にコメント
2014.04.19 11:11
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
鼻から雪解け水が~~!

『先見の壺』にコメント
2014.04.19 11:13
(無記名)
こわ~~、ツボに入りました。

『照星』にコメント
2014.04.19 11:14
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
この文章、ストーカーっぽくて狂気がにじんでいて好きでした。

『ところでシステムの隙を突くようなものを投稿してみたのはいいのだけれどもこのタイトル部分にいったい何文字まではいるのか私気になりますしどこにも表記がないっぽいので色んな方にお前一回試してみろよと脅……けしかけられたということもあって一度試してみたいんだけどこれ投稿したら顰蹙ものだよなあ大ブーイングだよなあとか思ったりなんかしたりするけれども私は元気でよくよく考えたらいつもと変わらなかったということは私はだいたいいつもこういうことをやっているわけでそれはそれでどうなんだとおもわないこともないわけですが結論としてはけしかけたやつらが悪いのであってあたしわるくないし、今これでいったい何文字なのかわからないしたぶんまだ300文字くらいだと思うからこれじゃあ全然試したことにも何にもならないしストレステストにもならないじゃんっていうかすでにこれから先書くのがかなり辛くなってきたんですけど何かネタがねえかな、ああそうだ、一つだけいっておかないといけないと思うのは、こういうシステムの隙を突くお遊びっていうのは思いついたらついついやってみたくなるものなのだけれども、やっぱりそれを除いた部分で一定の「面白さ」がないといけないわけで、まあこんなことを書いてしまうとだいたブーメランで自分に突き刺さるし、そもそも「面白さ」って何だよってことになるわけなんですが、ともかくもただ「やってみました!」だけで完結してしまっていると、それは受け手側にとっては顰蹙もの以外の何でもないわけで、というかこれは内容どうこう以前の前に投稿した時点で大顰蹙ものなのはわかっている皆までいうな的なものではあるんでイコールお前が言うなお前だけには言われたくない的な代物ではあるわけですがところで今何文字だい737文字ですかそうですかおいだれだ俺にこんなことやってみろとか言ったやつらは実際書く側の身にもなってみろってんだもうあれだ、ここに過去作から何か引っ張ってきてコピーアンドペースとしてやろうかそうすれば一気に一万文字くらい稼げるしなでもそれやったらマジで出入り禁止にされるかもしれないからとりあえずストレステストということで1000字程度でやめときますそうします管理者や企画運営の方々にはほんとごめんなさいというわけでそろそろお時間が来たようです謳うのは茶林小一で、「こんな長文になったのはどう考えてもお前らが悪い」、どうぞ。』にコメント
2014.04.19 11:56
(無記名)
そうね、忘年会とか、やりたくないけど誰かがやらなければならないお約束ネタっていうのはありますよね。

『冬』にコメント
2014.04.19 11:59
(無記名)
 幻想的、かつ勇壮。
 極寒の地にすまう彼らに幸あれ。

『笑顔』にコメント
2014.04.19 12:00
(無記名)
 改行のあけ方が絶妙で、話しかけられている感じがしました。いまどきの文章作法を存分に生かした優しい物語だと思います。

『デス子』にコメント
2014.04.19 12:02
(無記名)
 少女に萌えるデス~~。

『呼び出しと妹』にコメント
2014.04.19 12:03
(無記名)
 逆もまた真なり。

『女神さまに叶えてもらう願い』にコメント
2014.04.19 12:04
(無記名)
 いぢわる~~!

『三途の川の渡し賃っていくらだっけ』にコメント
2014.04.19 12:07
(無記名)
何をするにもお金がかかりますね~~。

『妹とピザ十回』にコメント
2014.04.19 12:09
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
いや、普通に聞かれてもわかりません。

『浦島効果がわからない妹』にコメント
2014.04.19 12:10
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
でも、亀は年取らないし。

『いつか来たセカイ』にコメント
2014.04.20 02:51
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 何の関連も無い事ですが、この作品を呼んでまず連想したのが夢野久作「瓶詰地獄」という小説でした。誰の手にも届くことを望まない手紙を綴る「私」の心境には何か悔恨にも似た覚悟が見いだせる気がします。(飽くまで私個人の感慨ですが)それと、「瓶詰地獄」の市川太郎の心境に同調を感じました。
 自らの目前に絶対的なものが立ちはだかった時――絶望であれ希望であれ――諦観にも似た悟りを得るのかもしれないと、私はそう思いました。

『吐き出す』にコメント
2014.04.20 09:17
(無記名)
「激しい隠喩(©村上春樹)」的なテクスト。読み解くのにコツがいるかもですが、丁寧に結ばれたリボンをほどいてみれば、一人の悩める人間の姿が見えてくる。
叙述とは何かを知りたい人は、このテクストを読むのをおすすめする。答えの一つがここにある。

『DNAの秘密』返信コメント
2014.04.21 01:37
プロフィール画像
コメント、ありがとうございました。そうですよね。日本は方便の国。とくに政治家は。建前とは、べつの動機で政治を行っている気がしてなりません。べつの動機とは何か。隠された何かがある……。たしかに。タイトルはちょっと大げさだったかなという気もします。(緒真坂)

『漱右が手間をかけさせて、ホントにすんまへん。』返信コメント
2014.04.21 21:00
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
フーニャンが、ボクちんの別アカであることが見抜かれてしまったのだ。

のぞかれているのかー。

でも、お礼を言われたから、通報するのはやめてあげるのだ。

えっへん。

『初めての海』返信コメント
2014.04.22 22:22
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 お読みいただきありがとうございます。ああ、後味が強いと言っていただけてうれしいです。実はこの作品はそこに重点を置いて書きました。
 女性を一つの水の流れとするならば、”少女”が、一人の確固とした”女”になった瞬間は海に流れ込む河口に当たるのではないか、という考えを伝えたくてこの題名にしたのものです。
 あたたかい感想ありがとうございました。

『照星』返信コメント
2014.04.22 22:28
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 お読み頂きありがとうございます。
 恋愛という熱病は、理性の崖の縁を歩くようなものではないだろうかと思います。一歩間違えば狂気に陥ってしまうような危うさを秘めていると思います。そんな、想いを込めて書かせていただきました。
 あたたかい感想ありがとうございました。

『ひどいやつ』返信コメント
2014.04.23 12:10
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
無記名様(4/14 5.51の方へ)

読了感想ありがとうございます。
熱が冷めたと態度ではっきり示されても、別れは受け入れがたく、捨てられる屈辱はがまんできないもの。
ふられる側のそんな気持ちを込めて作りました。
ドラマの一場面を想像して感想を書いてくださったことに感謝です。

『女神さまに叶えてもらう願い』にコメント
2014.04.23 12:13
プロフィール画像
最後の一行でふきました^^ うん、その発想もあり! うまい。

『愛犬』にコメント
2014.04.23 12:18
プロフィール画像
たった200字の中に、いくつもの場面。
それが紙芝居のように、次々と画面が変わって、ドラマとしてのおもしろさが出ていると思います。

『羽ばたく日』にコメント
2014.04.23 12:22
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
たしかに、これは増えると困りますねえ。
ラストの母親の語尾が老婆的ですが、これは方言でしょうか。

『White sandy beach』にコメント
2014.04.23 12:30
プロフィール画像
すみません、がんばって書かれたとは思うんですけど、やっぱり日本語でお願いできませんかねえ。
日本語訳希望。きっちり200字の(にっこり)。

『ところでシステムの隙を突くようなものを投稿してみたのはいいのだけれどもこのタイトル部分にいったい何文字まではいるのか私気になりますしどこにも表記がないっぽいので色んな方にお前一回試してみろよと脅……けしかけられたということもあって一度試してみたいんだけどこれ投稿したら顰蹙ものだよなあ大ブーイングだよなあとか思ったりなんかしたりするけれども私は元気でよくよく考えたらいつもと変わらなかったということは私はだいたいいつもこういうことをやっているわけでそれはそれでどうなんだとおもわないこともないわけですが結論としてはけしかけたやつらが悪いのであってあたしわるくないし、今これでいったい何文字なのかわからないしたぶんまだ300文字くらいだと思うからこれじゃあ全然試したことにも何にもならないしストレステストにもならないじゃんっていうかすでにこれから先書くのがかなり辛くなってきたんですけど何かネタがねえかな、ああそうだ、一つだけいっておかないといけないと思うのは、こういうシステムの隙を突くお遊びっていうのは思いついたらついついやってみたくなるものなのだけれども、やっぱりそれを除いた部分で一定の「面白さ」がないといけないわけで、まあこんなことを書いてしまうとだいたブーメランで自分に突き刺さるし、そもそも「面白さ」って何だよってことになるわけなんですが、ともかくもただ「やってみました!」だけで完結してしまっていると、それは受け手側にとっては顰蹙もの以外の何でもないわけで、というかこれは内容どうこう以前の前に投稿した時点で大顰蹙ものなのはわかっている皆までいうな的なものではあるんでイコールお前が言うなお前だけには言われたくない的な代物ではあるわけですがところで今何文字だい737文字ですかそうですかおいだれだ俺にこんなことやってみろとか言ったやつらは実際書く側の身にもなってみろってんだもうあれだ、ここに過去作から何か引っ張ってきてコピーアンドペースとしてやろうかそうすれば一気に一万文字くらい稼げるしなでもそれやったらマジで出入り禁止にされるかもしれないからとりあえずストレステストということで1000字程度でやめときますそうします管理者や企画運営の方々にはほんとごめんなさいというわけでそろそろお時間が来たようです謳うのは茶林小一で、「こんな長文になったのはどう考えてもお前らが悪い」、どうぞ。』にコメント
2014.04.23 12:44
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
誰も書かないから辛口失礼します。
これは……やっぱりいかがなものかと思います。
試してみたい、という気持ちは理解できますが、システムエラーになって全員の分が閲覧できないような状態になる可能性だってあったわけですし(なろうさんで過去にそういうことがあったことはご存知ですよね?)、危険だとわかっておられたならなおさら、ご自分が主催でない企画でやることではないと思います。
こういう方法で目立たなくても、茶林先生が優れた書き手でいらっしゃることは多くの人が認めるところ。私は、内容で勝負なさる茶林先生の方が好きです。 

『バームクーヘン』にコメント
2014.04.23 12:51
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
引き出物をもらったら、何が入っているか、普通ならば全部開けてみると思うんです。
賞味期限を確認したりとか。
だから、このお話はきっと実話ではないのだろうと私は考えるのですが。
でも……これ、実際にありそうな感じがするんですよねえ。あとがきに惑わされているかも。
よどみない文章に、笑えるオチ。
SSの見本のような作品でした。おもしろかったです。

『生きる』にコメント
2014.04.23 13:00
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
主催お疲れ様です。
まさかの連載形式。
開いてみてまずはびっくり。文字数少なっ!
で、次をめくって……って読みましたが、ページをめくる作業に気を取られ、ぶつ切りの情景が頭に入らず。
物語に入りきれないうちにページめくりするため、結局なんの話だったかと、読み直すことに。
連載にしないほうがいいような気がしました。

『マリオネット』にコメント
2014.04.23 13:13
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
淡々と語られる「僕」の悲劇。
さらっと読んでいくと、衝撃のラストが待っていて、多くの投稿作品がある中でも、特に強く印象に残りました。
やりきれない結末を示すラスト一行、悲しくて忘れられません。

『異国死』にコメント
2014.04.23 13:25
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
ラスト一行、作者さんの主観だと思われる気持ちを入れたことは賛否両論だと思います。
あの一行で、そこまで淡々と語られてきた物語は、感情が示され、現実の色に変わる。
私は、もう少し別のオチがくるのではないかと身構えて読んでいました。
これは実話でしょうか。

『えBL』にコメント
2014.04.23 13:37
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
あの……これって、エビが蛸に食べられるお話だと思えてしまうのですが、それでよろしいでしょうか。
題名でエビを暗示しておられるのですよね? 
内容に一言もエビも蛸も出さず、想像させる仕掛けはうまいと思います。
読みがはずれていたらすみません。

『暗い水槽』返信コメント
2014.04.23 20:48
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
ご感想ありがとうございます。鈍い銀色の、陰鬱なロマンチック。目指したいところです。大変素敵な表現をありがとうございました。(作者より)

『青く煌めく』にコメント
2014.04.23 22:01
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
抽象画を文章にしたような作品だと思いました。
感性で楽しむ種類の。
描かれていることは、申し訳なくも私にはよくわからなかったんですけど、青い中に白っぽい光がはじけるように飛んでいくようなイメージを抱きました。
どなたか、絵師さん、この作品のファンアート、描いてくれないかなあ。

『三本のやーん』にコメント
2014.04.23 22:08
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
毛利家の元ネタを知らないと、なんで三本って思うかも。
大河ドラマで矢を無理やり折るシーンを思い出しました。
あの場面で「やーん」て矢がしゃべったら……想像して、思わず、ブッ、と声に出して笑ってしまいました。おもしろかったです。

『飴細工の思い出』にコメント
2014.04.23 22:32
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
全体に漂うレトロな雰囲気がすてきな作品。
昭和、とはどこにも書いてないけれど、私も昭和のはじめぐらいのつもりで読みました。
ただ、私もペガサスに引っかかってしまって。
ペガサスがレトロな雰囲気に合わない気がしたんです。
昭和時代だったとしたら、時代考証としてどうなのか疑問がわき、少し調べたんですけど、この言葉がいつから日本で使われていたのかは調べきれませんでした。
ペガサスをあえて使ったということは、なにか深い意味があったのでしょうか。

『二十三夜』返信コメント
2014.04.24 01:05
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
題材にした風習をご存じの方、そうでない方がいるとわかっていつつ、表現や内容など自分の中の「創作」を今一度考えたくて書いた200文字でした。その結果、このように読み取ってくださり、勿体無いほどご丁寧で温かい言葉でお読みくださった印象を返していただけて、作品も作者も幸せ者だなと心から思います。
いじましさ……辞書を改めて引きましたが、まさに2人の関係はそれであったかもしれないと、お言葉にぐっと惹かれました。そういった表現を使えるようになりたいものです。本当にありがとうございました。

『二十三夜』返信コメント
2014.04.24 01:22
プロフィール画像
受け取られ方を全く考えず、自分が書きたいと思う好みだけを注いで投稿した200文字でしたが、「仕掛け」を探してくださり、それがお好みに合われたということが、とてもとても嬉しかったです。細々と書き続けていますが、覚えていてくださったことにも感激いたしました。コメント、誠にありがとうございました!これからも執筆がんばります。

『妹と斬鉄剣』にコメント
2014.04.24 06:33
(無記名)
妹さんに妙な才能を感じる……。

『生きる』にコメント
2014.04.24 06:37
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
なんだかトリップ感の漂う耽美的な作品で好きなのですが、この形式はちょっと読み手にとって間が空きすぎの気がします。行間を開けたほうが良いかも。アイディアには拍手。

『簒奪者』にコメント
2014.04.24 06:41
(無記名)
 うわ~、なんだか怖い。怖いけど、強い快感を感じる。この後のどろどろのドラマが気になります。

『Yes,You are certainly cute……』にコメント
2014.04.24 06:46
(無記名)
 蝋燭の例えがこの上なく美しい。その観察眼に脱帽です~~。
 なんだかフランス映画を見ているようなお洒落な背徳感がありますね。

『説教勇者』にコメント
2014.04.24 06:48
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
王子様、気骨のある爺さんに人生を学んでください!

『心地よい重さ』にコメント
2014.04.24 06:49
(無記名)
 軽やかな物語。
 なんでもない幸せな情景を嫌みなく幸せに描く。なかなか難しいことだと思います。

『透明人間』にコメント
2014.04.24 06:51
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
わ~、最後にやられました。面白かった。でも、もう触っていいんじゃない……? 冥途の土産に。

『悪霊ちゃんの標的』にコメント
2014.04.24 06:53
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
ああ、見える人ほどなんか取り付かれるって言いますものね。
あちらからはああ見えているわけですね。視点の逆転が面白かったです。

『宇宙人』にコメント
2014.04.24 06:54
(無記名)
あ、これはやられました。いろいろ想像したのに……。面白かったです。

『羽ばたく日』にコメント
2014.04.24 06:58
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
前半の地獄を思わせる闇の描写と後半の光の中の描写。明度の差が強くて、まばゆいばかりの誕生を際立たせています。感動の一瞬……のあとのオチがこれかいッ!!!(笑)

『交換犯罪』にコメント
2014.04.24 07:01
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
交換断捨離! いいアイディアです。
本当は自分もやりたいけど家の中が荒れすぎて、他人を上げたくない。
そうか、家族の物とウソをつけばいいのだ~~!

『望郷』にコメント
2014.04.25 05:57
(無記名)
 オカルトとSFの融合。でも、よく迷う、といわれるあれも実は方向音痴ではないのですね~~。

『望郷2』にコメント
2014.04.25 05:58
(無記名)
なんだか彼らに窓際社員のペーソスを感じます。

『テコでも動かない妹』にコメント
2014.04.25 06:00
(無記名)
でも、テコを知ってるだけエライ! この兄妹ほんと脳内アニメ化したら萌える。

『恐怖症に妹』にコメント
2014.04.25 06:02
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
わ~~、今回は妹さん優位。お兄ちゃんの苦手を知った悪魔の微笑みがまた可愛かったりする~~。
って、いうかお兄ちゃんなんだかんだ言いながら妹依存症のような気がする……。

『勇者へのほうび』にコメント
2014.04.25 06:05
(無記名)
あははははっ~~、最高。とほほな顔が目に見えるようです、がんばれ王様!!!
この後も読んでみたい作品でした。

『ハーレム勇者』にコメント
2014.04.25 06:07
(無記名)
すごく面白い会話、着想なのだが、誰が誰の台詞かわからないところがあり、ちょっと惜しかった。
もう少し読ませ方に工夫が欲しい。

『仲裁勇者』にコメント
2014.04.25 06:09
(無記名)
 まさに勇者! 合掌……。

『春風』にコメント
2014.04.25 06:12
(無記名)
綺麗な描写ですね、行間もスクロールの時間で読むテンポが調整されて、次の文字がでてくるまでやきもきしたり待ち遠しかったり、私としてはちょうどよかったです。

『はじまりのコロシ』にコメント
2014.04.25 06:16
(無記名)
う~~ん、これは自分の解釈であっているのかどうかちょっと不安。どちらがどちら??とこんがらがってしまった。

『マリオネット』にコメント
2014.04.25 06:17
(無記名)
 そういう悲喜劇、人生にはよくありますね~~。

『White sandy beach』返信コメント
2014.04.25 19:23
プロフィール画像
コメント、ありがとうございました。

白い砂浜の波打ち際に来た時、彼女はパンプスを脱いで両方の手に持ち、波と追いかけっこを始めた。僕も急いでスニーカーを脱いで彼女に駆け寄り、彼女と一緒に波の追いかけっこを始めた。彼女と共に波と戯れた結果、僕のズボンの裾と、そして彼女のスカートの裾がすっかり濡れてしまった。僕のズボンの裾と、そして彼女のスカートの裾が乾くまでのしばらくの間、波打ち際の乾いた砂に座って、僕は彼女といろんなことを語り合った。

『留守電』にコメント
2014.04.26 17:13
(無記名)
殺伐とした始まりにドキドキしましたが、あったかい気持ちになれました。

『8月16日』にコメント
2014.04.26 17:16
(無記名)
和風ホラーのようなテイストのある話でした。あとがきを読んで感想は変わりましたが、この一風変わった不気味なような懐かしいような読後感は変わりません。200文字で別の世界に迷い込んだ気持ちになりました。

『バームクーヘン』にコメント
2014.04.26 17:17
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
あはははは、軽くて面白かったです。きっと飲み物が冷たくて美味しいよ。

『地上最強』にコメント
2014.04.26 17:18
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
ライオンのオスは見せ掛けだけで怠け者と聞いています。しっかり働いてください。

『題名に僕の名前があったので』にコメント
2014.04.26 17:21
(無記名)
何か取り留めもない志向が脳から流れ出したのを垣間見るような読後感。狐につままれた感じだけどなんだか面白かった。

『テレビ地獄』にコメント
2014.04.26 17:22
(無記名)
なんだかトホホな話ですね。でも、この作者の文章は最初から身を乗り出して読んでしまう。吸引力があるというか、勢いがあるというか。

『アンテナ地獄』にコメント
2014.04.26 17:23
(無記名)
おあとがよろしいようで~~!

『改行記念日』にコメント
2014.04.26 17:24
(無記名)
変っ、変だけど面白い。独特の世界が広がっている~~。

『電気羊と温かい手』にコメント
2014.04.26 17:47
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
ごめんなさい、順番が逆で前作を読んでいません。この話だけで感想を書かせていただきます。機械が共依存を起こしているようで、その背景にいろいろ思いを巡らせました。読者の想像を惹起する話でした。

『告白』にコメント
2014.04.26 17:48
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
う~~ん。でもまた新しい出会いがあるさ、ガンバレ! 職を失わないように……。

『廃業記念日』にコメント
2014.04.26 17:50
(無記名)
始まりがあれば、終わりもある。でも、節目節目に集まれる人脈があるっていうのはいいですね~~。

『タイーホされた不沈漢』にコメント
2014.04.26 17:52
(無記名)
思考があっちにいったりこっちにいったり、めまぐるしい~~。そう落とすか~~。

『ハゲ博士の闘争』にコメント
2014.04.26 17:55
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
博士は犯罪者ですね。でも大丈夫、けー犯罪だから。(髪の毛だけに)失礼しました~~~~。

『送り火』にコメント
2014.04.26 17:57
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
カッコいい! タバコ吸ってるだけなのに、この二人の関係とか性別とか事情とかいろいろ想像できる。筆力の勝利だ。

『188月』にコメント
2014.04.26 18:48
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
「一度として同じ印象の月は無かった」と感じるみずみずしい感性が、たった200文字のなかに抽出されていて大好きな作品でした。こういうジュブナイルには弱いですね。「188ヶ月」という月数の選択もうまいですよね。単純に12の倍数にするわけではなくて、何月かはわかりませんけど、主人公に誕生月を与えている。
ただ細かいことをいえば、「作られて」という言葉の選択には、若干のそぐわなさを感じました。個人の印象ですが、平易な言葉の選択で紡がれている物語のなかで、ここだけ、ノイズのようなみせかけの意図を感じたのです。もしかして本当にこの子は「作られた」のではないかと思ってしまう。わざとであるならごめんなさい。
好きな作品でした。

『なかなか出ない君へ』にコメント
2014.04.26 18:55
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
自分は「銀色のそれ」は剣とミスリードしているのかなと思いました。壁に立ち向かっているみたいなので。綺麗にオチがついていてさすがです。何円積めば彼女に触れることができるのでしょうねぇ。
気に入った作品でした。

『春興呵々』にコメント
2014.04.26 19:14
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 おお、これはうまい。不条理物の展開を見せながら、自業自得としての結末を迎える。「なァ」という鳴き声も、猫の大きさ、自分の小ささをうまく表していてうまい。

『キノコ』にコメント
2014.04.26 19:18
プロフィール画像
 これもうまい。最後のオチでおおとつい唸ってしましました。「菓子パンの袋やぶいて、中身よりビニールにかぶりつく」など、言い回しも合っていてうらやましい。

『桃太郎異聞』にコメント
2014.04.26 19:33
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
壮大で素敵。タワーマンションでいきなり変わる世界感がインパクト大。

『懺悔』にコメント
2014.04.26 19:35
(無記名)
 まるのない文章が、なんだか舌足らずの少女の独白のようで、すごく個性的だと思いました。切なさといたいたしさと透明な美しさを感じます。

『透明になれる薬』にコメント
2014.04.26 19:37
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
残念、オチがわかった~~。博士が安易に死んで残念。死ななくていいからもっと作ればいいのに~~。(製造法を売るとかさ)

『大人好きな人』にコメント
2014.04.26 19:39
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
大人しい人、と言いたかったんじゃないのか……???

『靴の裏には…』にコメント
2014.04.26 19:41
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
まあ、干からびていたのが不幸中の幸いでしょうか。
ふざけますとことわりを入れたからには、もっと弾けてほしかった気もします。

『周回宇宙船』にコメント
2014.04.26 19:42
(無記名)
ああ、なるほど確かに!!! 乗客を変えないといけないかもしれませんね。

『十四の夜。』にコメント
2014.04.26 19:49
(無記名)
元ネタがわからない~~(┯_┯)

『暇の缶詰』にコメント
2014.04.26 19:50
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
健忘……ではないのか??

『蠢動』にコメント
2014.04.26 19:53
(無記名)
男女の脳の構造がすれ違いを招くんですよね。青春だなあ。

『繰り返し』にコメント
2014.04.26 19:55
(無記名)
こんな無限ループは嫌ですね……。この次の展開が読みたかったです。

『狂愛』にコメント
2014.04.26 19:57
(無記名)
 狂う感じが良く出ていました。が、読みにくい~~。

『裸の国民』にコメント
2014.04.26 19:59
(無記名)
哲学的。妙に心にくるものがある。淡々とした冷徹な語り口が面白かった。

『from 二十世紀』にコメント
2014.04.26 20:51
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
夢を見ないと進歩もないと思います。悲観する必要はないのでは……。

『裏それゆけ』にコメント
2014.04.26 20:54
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
エボラ出血熱はマジ怖いよ~~。早く撲滅してほしい~~。

『独占欲』にコメント
2014.04.26 20:55
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
そんなあたしに誰がした~~。愛が少ないとストレスで金品に走るよーー。

『黄昏トラム』にコメント
2014.04.26 20:57
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 甘酸っぱい切ない読後感でした。でも、得てして大逆転となることもあるので、私はそちらの結末を夢想します。

『膝』にコメント
2014.04.26 20:59
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
いいなあ、コレ。さらりとほのぼの、人情溢れる「膝」の物言いに笑ってしまいました。
脳内では膝に人面痣ができたような絵で読みました。

『辞書』にコメント
2014.04.26 21:02
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
ひょんな日常から、この主人公の置かれている状況が垣間見える。覗き見にも似たその読後感が面白い。
笑い飛ばすその強さが、この作品の魅力です。

『こんにちは地球人さん』にコメント
2014.04.26 21:04
(無記名)
滑稽な、と笑い飛ばしてしまうけど、なんだか日常のどこかにこんな風景がありそうだ。

『情報過多過多私胸夢無量!』にコメント
2014.04.26 21:10
(無記名)
私好好破茶滅茶小説。漢字満載律動良。読嬉見楽。破!

『夜の真ん中を越えてゆけ』にコメント
2014.04.26 21:11
(無記名)
幻想的ですね。ただ、私はちょっと言葉の流れがところどころ滞っているように感じました。

『ホラー小説を書きあぐねているあなたへ』にコメント
2014.04.26 21:14
(無記名)
やられたーー! 怖かったじゃないか、このいぢわる~~ΣΣ(゚д゚lll)

『はみ出してミス、ッテリ』にコメント
2014.04.26 21:15
(無記名)
昔の映画のワンシーンのようです。

『シュレディンガーの猫の欠点を補うには』にコメント
2014.04.26 21:21
(無記名)
 生きているのと死んでいるのと重なり合った状態はどんなものか興味ある~~。

『斬鉄はできるか?』にコメント
2014.04.26 21:25
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
質問者は置いといて、「何パーセント」とか、「信じるんだ?」と思考するこの主人公の方が妙で面白かった。

『また新手の使い手か』にコメント
2014.04.26 21:28
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
新しい使い手が増えると賑やかで良いですね。戦いは熾烈を極めますが~~。
どこかのコンテストのように。(笑)

『世紀末覇王ふうの魔王』にコメント
2014.04.26 22:21
(無記名)
ユダンのキャラが好き~~。

『簒奪者』返信コメント
2014.04.27 02:52
プロフィール画像
 お読みいただきありがとうございます。強い印象と余韻を残せるように気を使って書きました。ご感想を拝見するに、共感していただけたご様子に嬉しさが込み上げます。
 あたたかいご感想ありがとうございます。

『蠢動』返信コメント
2014.04.27 03:01
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 お読みいただきありがとうございます。
 男女の思考の違いもさることながら、少女の抱える現実を捉えていただけたかどうか疑問が残ります。しかしながら、捉え切れていただけなかったのは、偏に私の文章が未熟なためであると、反省する材料にし今後の創作の糧としたいと思います。ご感想ありがとうございました。

『黄昏トラム』返信コメント
2014.04.27 03:07
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 お読みいただきありがとうございます。
 私がこの作品に込めた情緒を感じていただけたことに大変うれしく思います。それにもまして、この作品の先の進展に想像を膨らませていただけたご様子、歓びはひとしおです。なるほど……大逆転! その前向きな可能性は面白い意見だと思いました。今後の創作に活かせる貴重なご感想ありがとうございました。

『勇者へのほうび』にコメント
2014.04.27 17:54
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
無記名様 4/25 6:05の方へ
笑ってくださってうれしいです。この後? そうですねえ、いまのところは書く予定はありませんが、もしも作るとしたらどこにでもありそうなドタバタコメディ系にするかなあ。いつかネタに尽きたら書いてみます! ありがとうござました。

『勇者へのほうび』追記コメント
2014.04.27 17:57
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
すみません、返信のつもりで普通のところへコメントしてしまいました。失礼しました。取り消しの仕方がわからないんでこのままにします。

『Yes,You are certainly cute……』にコメント
2014.04.27 18:03
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
とにかく、ラストが妙にかわゆい。意味不明な動作でも、この作品の中ではちゃんと生きていると思います。最初は足からろうそくの描写。一瞬、足にろうそくをたらしているのか、と思ってしまった(笑)。全然違いましたね! そんな怪しいお話じゃなかった。もう少し長編で読みたいです。

『忠犬バチ公様なのだ!』にコメント
2014.04.27 18:07
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
あははは! オチは見えていたけど、笑えました。私の脳内では、完全にコミックの一場面に変換。痛そう。

『シーソー』にコメント
2014.04.27 18:12
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
子供はそんなこと言わないと思うんですけどねえ(笑)。どこでそんな言葉をおぼえてきたのか、そこが気になります。作者さんのご家庭では普通に使われて……いや、失礼。

『盆栽』にコメント
2014.04.27 18:25
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
あざやかに情景が浮かび上がり、不思議な夢を見た気分に。だけど、不快感を残さない作品でした。好評価に値する作品だと思います。
文句をつけるとしたらひとつだけ。三文目が普通の会話ですが、地の文になっていることは気になりました。改行してしまうと誰が言っているのかわからないから、前の文に続く形で改行なしにしてあるのだと思いますが、完全に会話の文体で終わっているのに「」に入っていないため、そこだけ文体不揃いにみえてしまって。字数制限で苦労なさいましたか。

『暗い水槽』にコメント
2014.04.27 18:38
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
全体に流れる黒っぽい光景。別れの重苦しさと重ねられる魚。会話に頼らない描写がすばらしいです。私はこういうのを書けるようになりたいんですけど、できません。
苦い感情がしっかり伝わる作品。ただ、夜に寂しい喫茶店が営業しているかどうかは疑問です。そんなに遅い時間ではないのでしょうか。私は深夜のような感じで読みました。

『私たちにもう言葉は要らない』にコメント
2014.04.27 19:10
(無記名)
これはッ……。
まさかの展開! 
それにしても、フラストレーションの挙句に始まる恋っていうシチュは珍しい。でも、現実にはあることかもしれない、とふと思った。

『はみ出してミス、ッテリ』返信コメント
2014.04.27 22:21
プロフィール画像
コメント、ありがとうございました。
よろしければ「小説家になろう」の投稿してある方もお読みいただけると嬉しいです。

『ひまわり』にコメント
2014.04.27 22:56
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
感想ありがとうございます。
ネタバレとして、この200字の元ネタは震災後に見かけた、「ひまわりに放射能を除去する力がある」といういくつかのtweetでありました。
ひまわりの放射能除去効果に関する情報まとめ - NAVER まとめ http://matome.naver.jp/odai/2130084692955848601

>無記名さんこと○さん
これをはじめとする一連の200字は「雰囲気小説」で間違いありません(笑)
モノローグの域を脱してない、というのも、連作全てに対するコメントでありましょう。
ここらが当方の限界であるようです。

>閉伊卓司さん
日本神話ですか…! 私は門外漢ですが、「まつろわぬ民」「化外の民」という存在にはやはり惹かれます。

>無記名さん
実は本編は、まさにお話の「一部を切り取った」ものでした。上記の「元ネタ」で、何か書けないかとあれこれ考えていた、そのうちの一部分であります。

>katorasさん
エヴァは実は未見であります。今イチ状況がよーわからんところが、そう感じられた理由でしょうか^^;
ちなみに「雰囲気小説」とは、いわゆる「やおい(山梨意味なしオチナシ)」と呼ばれるシロモノであります(笑)

『墓守』にコメント
2014.04.27 23:05
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
感想ありがとうございます。
ネタバレとして、この200字の元ネタと申しますかヒントになったのは、Twitterで見かけたこちらの記事でした。

70年の時を越えて、幻の国産車「くろがね四起」復元計画始動!
https://readyfor.jp/projects/kurogane4ki
特に心が動いたのが、「戦後は復興のためトラック等に改造されて使い潰される運命にありました。」というくだりです。

>閉伊卓司さん
実は私も、ジャイアントロボならぬ巨神兵が脳内にちらついて困りました(笑)

>無記名さん
ありがとうございます。
浪漫と郷愁の中身、それはやはり、「滅びたもの」への愛惜の情かも知れません…

『シーソー』にコメント
2014.04.27 23:13
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
感想、ありがとうございます。
子供なめたらアカン。こんなんフツーですわ(笑)私がガキのころなどはクラスメートのあだながズバリ「〇〇〇」口に出したらアカンもんの名称で、毎日「〇〇〇」と連呼しとりました。アイツ元気かなぁ( ゚Д゚)y─┛~~

『私たちにもう言葉は要らない』返信コメント
2014.04.27 23:15
(無記名)
感想、ありがとうございます。
フラストレーションが高まったときの苦しさと恋しているときの切なさって、どこか重なるところがあるような気がします。成就したときのカタルシスが大きいところなんかも。現実には…どうなんでしょう(*>ω<*)

『ゆうやけ』返信コメント
2014.04.27 23:30
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
感想ありがとうございました。
ネタバレとして、この200字の元ネタは「戦争は知らない」というフォークソングの、特に「父を思えば ああ荒野に 赤い夕陽が 夕陽が沈む」というフレーズでした。

http://youtu.be/ojuVqf8VtOY

この歌では夕陽が沈む場所は「荒野」としか歌われていませんが、なぜか私には満州のように思われて、兵士ではなく、開拓民のイメージで書かせていただきました。
書き手の中では歌の通り、「あなた」とは「僕」の、ついに会うことのなかった父ですが、もちろん違う人間をイメージしていただいて差し支えありません。
ただ「感傷」を読み取っていただき、ありがとうございました。

『冬』にコメント
2014.04.27 23:58
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
感想ありがとうございます。
ネタバレとして、この200字の元ネタは、映画「伽耶子のために」のワンシーンでした。
ちょうどそのシーンがパンフレットの表紙(の上部)にありますので、画像にリンクしておきます。

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51UwHv%2BkRgL.jpg

せっかくおふたりに褒めていただいたのに、ネタをばらせば画像のイメージそのままの文章でいささか申し訳なく^^;
ただ、同じく「幻想的」という感想であっても、その内容がそれぞれ「童話の世界」であったり「勇壮」であったりするのは、いずれも書き手自身のイメージにはなかったところで、大変感動しました。
そうですね…確かに連作の中では、本編の作中人物たちのみが「意志的」であるかも知れません。そうしたことにも、感想をいただいてはじめて気づきました^^;
豊かなイメージで読んでいただき、ありがとうございました。

『いつか来たセカイ』にコメント
2014.04.28 00:42
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
感想ありがとうございました。
今回の200コン参加作は広義の「戦い」をテーマにしたゆるやかな連作になってまして、本編はその結びとして書かせていただきました。
そうした一連の文章にいただいた感想がおしなべて「幻想的」「感傷的」というようなものであったことは、それではダメだ、と仰る方もあろうかと思いますが、個人的にはむしろ嬉しいことでありました。
綺麗なだけの世界があってもいいじゃないか、という…
(重ねて申し上げますが、決して負け惜しみでではありません^^;)

>ZAKIさん
現在進行形で語ってきたお話も、ここに至れば「いつか来た世界」の出来事であったことがわかります。
そこを読み取っていただいたからこそ、「伝承」のよう、と感じられたのだと思いました。
また色彩豊かだ、という感想もありがとうございました。実は全く意識してなかったものですから、とても嬉しかったです。

>無記名さん
言葉が美しい、とは、過分なお言葉をありがとうございます。志田玉路さんも書いておられる「諦観」、その果ての「希望」は、パンドラの箱にたったひとつ残ったものと同じなのだと思います。

>志田玉路さん
「瓶詰地獄」は実は丸尾末広の漫画でしか読んだことがないのですが、「絶対的なものが立ちはだかった時に得る、諦観にも似た悟り」というのはわかるように思います。
本編の「私」にも無力感と諦観があります。だからこそ、そこに「祈り」も生まれるのでしょう。

『懺悔』にコメント
2014.04.28 01:16
プロフィール画像
ご感想ありがとうございます。
「。」「、」を使わず空白で区切り文字だけで、は意識的にしてみました。
内容の読み解き方、印象は、読み手それぞれで、な構成でしたので、正直、小説とは呼べないですね。
お読みいただきありがとうございました。

『いっぱいがおっぱい』にコメント
2014.04.28 17:01
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
SFですね

『疾走』返信コメント
2014.04.28 18:07
プロフィール画像
>anonさん
勇者になるには修行が足りなかったようですw
ご感想、ありがとうございます。

『疾走』返信コメント
2014.04.28 18:09
プロフィール画像
>りっきさん
こんなだったのが、今や私を見下ろしてますorz
ご感想、ありがとうございます。

『疾走』返信コメント
2014.04.28 18:11
プロフィール画像
>無記名様
今がスリリングであれば一寸先を何にも考えてない世代ですね。
ご感想、ありがとうございます。

『レジ袋』返信コメント
2014.04.28 18:16
プロフィール画像
>お茶博士へ
最初は「鳥」という題名でしたが、読めば分かる情報をわざわざ書く必要も無いと気づき。
で、この語りでは「レジ袋」は浮いてしまうと、本文の外に出して題名にしました。
ご感想、ありがとうございます。

『レジ袋』返信コメント
2014.04.28 18:19
プロフィール画像
>anon様
おお、そこまで読み込んでくださ嬉しいです。
なんと言うか、小説への取り組んでいるわが身に似てるかなあとw
ご感想、ありがとうございます。

『レジ袋』返信コメント
2014.04.28 18:22
プロフィール画像
>りっきさん
レジ袋は船から上がってきたので、海に落ちれば鳥と一緒に分解されるので、ダイジョブ( ´ ▽ ` )b
ご感想、ありがとうございます。

『レジ袋』返信コメント
2014.04.28 18:27
プロフィール画像
>無記名様
落日の中の小さなものを感じ取っていただき、嬉しいです。
ご感想、ありがとうございます。

『レジ袋』返信コメント
2014.04.28 18:29
プロフィール画像
>カトラス様
出した中では一番気に入っている作品なので、お褒めいただき嬉しいです。
ご感想、ありがとうございます。

『盆栽』返信コメント
2014.04.28 18:33
プロフィール画像
>無記名様
盆栽は宇宙を凝縮した世界と何処かで読み、見つめているうちに中へ入れるのではと考えて、こんなのになりました。
ご感想、ありがとうございます。

『盆栽』返信コメント
2014.04.28 18:41
プロフィール画像
>菜宮雪様
ホラーは苦手なので、不快でないと言っていただきありがとうございます。
会話ですが、地文に入り込んだ形で、最後に、「とのことだった。」 とあるのを、リズムが壊れるため省略しました。字数は余っていたので狙ったところでしたが、外れたみたいですw
ご感想、ご指摘、ありがとうございます。

『エクソダス』にコメント
2014.04.28 18:44
プロフィール画像
>anon様
はい、そうですw
太陽砲で、太陽神(ラー)のエジプトをなぞってみました。
ご感想、ありがとうございます。

『エクソダス』返信コメント
2014.04.28 18:47
プロフィール画像
>無記名様
やはり200文字ではスケールがチマチマになってしまいました。
こういう字数は共通認識が広い題材がいいですね。
ご感想、ありがとうございます。

『えBL』にコメント
2014.04.28 19:21
プロフィール画像
>菜宮雪様
硬く生きていたものが、自由気ままな生き様に憧れ、身の破滅を承知でそこへ飛び込む禁断の恋というシチュエーションなら何でもOKです。人はそれをえBLという(嘘ですw
ご感想、ありがとうございます。

『暗い水槽』返信コメント
2014.04.28 23:23
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
菜宮さん、ご感想をありがとうございます。夜の質感や苦々しさを感じ取って頂けて、大変うれしかったです。会話をいれると、あっという間に200文字を越えてしまいますので、苦心した甲斐がありました。
拙作は、仰る通り深夜のつもりで書いています。その時間に営業している、寂れた喫茶店……。痛いところをつかれました(笑)。(検索してみたら、良い感じの店を発見しましたので、あるということで御了承くださいませ……!)
このたびは本当にありがとうございました。

『えBL』にコメント
2014.04.29 03:07
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 正攻法な文章と悲劇的結末、でも、絵を思い浮かべるとお腹がうなるよ~~!
 シリアスな本文とタイトルのギャップに、笑ってしまいました。

『三つの願い』にコメント
2014.04.29 03:09
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 ううむ、シスターに勝ってほしかったなあ。
 惜しむらくは、もうひと捻り、にやりとさせて欲しかった。

『一秒でも長く君といたい』にコメント
2014.04.29 03:11
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 あはは~、これは楽しい!
 何とか彼とコンタクトできていればいいですね。(遅延許可証をもらえば遅刻なんてへっちゃらさ!)

『一秒でも長く君といたい』にコメント
2014.04.29 03:13
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
上記無記名投稿者です。遅延証明書の間違いでした~~! 遅延許可証があれば自分が欲しい~~。

『おまじない』にコメント
2014.04.29 03:16
(無記名)
 まあ、痴漢撃退もできるしね。
 主人公の心情が可愛いお話でした。

『女のあの声……』にコメント
2014.04.29 03:17
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 これは上手い! なんだか最後の一文でひっくり返された気分で、爽快。

『鈴木有限会社』にコメント
2014.04.29 03:21
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
タイトルにとても惹かれました。
それにしてもなぜ大混乱になったのかなあ、あちらも全部佐藤なのか?
自社で大丈夫なら思ったほど業務に支障はない気がするのだが……。

『ライトウイング 6』にコメント
2014.04.29 03:22
(無記名)
徹底してますね~~。この兄貴と舎弟シリーズの話は四コマで読んでみたいです。

『試験の準備は完璧ですか?』にコメント
2014.04.29 03:24
(無記名)
無情の一言に笑った~~! 主人公の狼狽が目に浮かぶようです。

『飴をお配りしています。』にコメント
2014.04.29 03:26
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
疑心暗鬼極まれり~~。歯科が配る飴はキシリトール入りではないのか~~。

『ゲームに大切なこと ~バランス~』にコメント
2014.04.29 03:27
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
極ふりは、使えないけど面白そう。

『異国死』にコメント
2014.04.29 03:34
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 こういった涙腺にくる類の話は、大変難しいと思う。実話であれ、創作であれ、ふと、読者が「小説」から意識を現実に戻してしまった時点で陳腐になる。しかし、この話は最後まできっちり作品世界につなぎとめてくれた。特に「冷え切った手つかずのラザニア」、この一文がとても鮮やかに頭の中に浮かび上がって、目の前に老婆が見える気がした。お見事。
 

『吐き出す』にコメント
2014.04.29 03:37
(無記名)
 一つの場面から、ぶわっと世界が広がって収束する。短い中で目くるめく展開をする楽しい作品世界を見せていただきました。

『僕の幼馴染みは友達が少ない』にコメント
2014.04.29 03:39
(無記名)
ツンデレっていいね。もう一ひねり欲しかったです。

『誰も寝てはならぬ』にコメント
2014.04.29 03:42
(無記名)
わ~~、怖いけどその壮絶な美しさのある文章に魅了されました。素敵です。
お姿はドロンジョ様のようなボンテージで妄想してよろしいでしょうか(爆)

『いつか棲む場所』にコメント
2014.04.29 03:44
(無記名)
「ぬめっとした」が、効いています!

『私たちにもう言葉は要らない』にコメント
2014.04.29 03:49
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 速攻で返事が来るっていうのは、相手も狙っていたということか。
 ま、不倫と同じようなスリルがあるものねえ。背徳感がお互いをますます燃えさせるのか。
 卒業したら冷めたりして。

『時間に厳しい教師』にコメント
2014.04.29 03:53
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 時刻に厳しい人は、所要時間にも厳しいのか。
 5秒って短いようで結構長い、集中して時間を使うことの大切さに気付けて良かったのでは。

『運命の日【改訂版】』にコメント
2014.04.29 03:56
(無記名)
 着想が面白いですね。へえ、この人もか~~と興味深く読み返しました。

『魔王に祝福を』にコメント
2014.04.29 03:57
(無記名)
 ここから壮大な物語が始まる~~、って感じです。ドラマチックでした。

『非日常と日常』にコメント
2014.04.29 03:59
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
平易な文章に、シンプルな展開。だが、なぜかとても切なくなる。
文章と構成力の勝利だと思った。

『ゲームに大切なこと ~方向感覚~』にコメント
2014.04.29 04:01
(無記名)
 これは最後の一文が絶妙です。楽しかった!

『夢やぶれて』にコメント
2014.04.29 04:03
(無記名)
 ううむ、演歌だねえ~~。

『ガイドと旅人「一本足の一生」』にコメント
2014.04.29 04:05
(無記名)
 なんだかとてもシュール。何かの隠喩なのか。まるでダリの絵を見ているような感覚で読みました。
 こういう世界がある作品、好きです~~。

『ガイドと旅人「塚蟻の女王」』にコメント
2014.04.29 04:07
(無記名)
 的外れだとは思いますが、なんだか「会社」を思い浮かべました。
 幻想的でいいですね。

『すこし嬉しかったよ』にコメント
2014.04.29 04:09
(無記名)
 何事もポジティブに考えるっていいですね。最近はこういうズレ感覚も結構受け入れられたりするのです。

『いつか来たセカイ』にコメント
2014.04.29 04:12
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 美しい文章です。作品の世界がきっちり構築されていて登場人物の心情も伝わってきます。
 ……でも、瓶は浮いちゃうのでは。

『屍体の其の下には』にコメント
2014.04.29 04:13
(無記名)
 コワイけど、細部は妙に美しい。凄絶。

『雨の日は動けないから』にコメント
2014.04.29 04:15
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 なんだか工藤さんの文章にハマっています。でも、なんで雨の日は読まなければいけないのかな。晴耕雨書きでもいいのに。

『殺りに行けるアイドル』にコメント
2014.04.29 04:17
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 BKA,バカかと思ったら~~。
 合法的な殺人体験。それも美少女。したい人はいるでしょうね。でも、すぐにいろんな団体からクレームがつくことは必至。

『新入社員に告ぐ!』にコメント
2014.04.29 04:19
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 これ、そのまま現実では……。

『心』にコメント
2014.04.29 04:21
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 切ない。
 でも、あまりにも従順で一図だと相手もうっとうしくなるのだろうか。

『二十三夜』にコメント
2014.04.29 04:26
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 つまみを手に杯を重ねる二人。やっとこの日を迎えられた二人。
 なんだかBLな情景を想像してしまいました。(自分腐ってます)
 自分だけかもしれませんが、文中「そう思っているのに」がちょっと気になりました。(若干文脈とあわない気がして)

『そして少女は今日は学校に通う』にコメント
2014.04.29 04:30
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
坂﨑君、禁断の世界に足を踏み入れる。いろいろな体験ができて彼の成長が楽しみ。(随落も)

『雨にぬれても』にコメント
2014.04.29 04:34
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 そして、洋画のヒーローものではその静寂がしばらく続いた後で、じゃりっと音がして血だらけの主人公が不敵な笑みで立ち上がるんですよね。ですよねっ~~。
 200文字で緊迫した展開を堪能させていただきました。続きはこちらの脳内で構築しますのでご安心を。

『ラストソング』にコメント
2014.04.29 04:37
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 どこまでも続く本の塔。こういうところに閉じ込められて、心行くまで読書したい。
 そして時折自分の物語も歌い上げたい。
 日々の生活に追われる身にとって、まるで桃源郷です。
 素敵な幻想の世界に連れて行っていただきました。

『DNAの秘密』にコメント
2014.04.29 04:43
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 もちろん髪を落としてもいけない。鼻水もだめ。日本人は皆、清掃ノイローゼになりそうです。

『ひきょう組に貶められた男』にコメント
2014.04.29 04:47
(無記名)
 最後言い切っちゃうより、ぼかして終わったほうが読後感がマイルドかも。
 是にしろ非にしろ、はっきりと固有名詞を出すとひいちゃう人が多いでしょうね。

『そば屋』にコメント
2014.04.29 04:49
(無記名)
ええ~、職場を明るくするいい子だってみんな言ってるよ。(きっと)

『グランシア物語』にコメント
2014.04.29 04:51
(無記名)
 この作品だけの感想ですが、ちょっと読み手に優しくない印象です。
 もっと小さい場面を切り取って、ディテールを見せてほしかった。

『ハーフボイルド探偵・BARにいる探偵』にコメント
2014.04.29 04:52
(無記名)
 ははは、萌え~~っ。

『ぶつける』にコメント
2014.04.29 04:54
(無記名)
 わあ~~これ、いいですね。一瞬のことなのに、まるでスローモーションみたいに描かれていて自分が体験してるように伝わってきます。そのあとの心情も共感できます。

『夫婦の役割』にコメント
2014.04.29 04:56
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 やられた! こう来たか。暗い展開の途中とのギャップに大うけ。深夜に大笑いしてしまいました。

『続ネゴシエーション』にコメント
2014.04.29 04:59
(無記名)
 う~~ん、暴力は暴力を呼ぶ。で、また兵器が使われる……。

『千人村がうまくシミュレートできない』にコメント
2014.04.29 05:01
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 大丈夫、エロい女性と男性がいれば。

『先輩』にコメント
2014.04.29 05:03
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 いい話だ。でも、相手にも好みがあるからな……。

『俺は、死ぬ。』にコメント
2014.04.29 05:04
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 この結末で安堵しました。

『数え唄』にコメント
2014.04.29 05:05
(無記名)
 経験って何かしら自分に残してくれるものですよね。ポジティブに生かしていきたいもんです。

『ほっとをもっと』にコメント
2014.04.29 05:07
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
美味しさも倍増。前向きな妄想が大好きです。

『シーソー』にコメント
2014.04.29 05:09
(無記名)
またうまくハマりましたね。最後の子供さんの言葉がまんまで笑いました。
楽しいご家庭のようで。

『もう少し頑張ってみて』にコメント
2014.04.29 05:10
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
こんな死神なら誘われてみたいと思う私はびょーきでしょうか。

『人類がウソをつけなくなったら…』にコメント
2014.04.29 05:13
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 ウソをつけないというよりも、口に出したら本当になるってことですね。
 壮大なほら話。最後の展開、思いっきりがよくて面白かったです。

『TVは誰のためのモノ??』にコメント
2014.04.29 05:15
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
ううむ、そのまんまですな。エピソードから浮かび上がる風刺にしても良かったのでは。

『だいたいみんな泣くんですよ。』にコメント
2014.04.29 05:17
(無記名)
※ 作品のネタバレを含む