てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
作品一覧
二十三夜
 投稿時刻 : 2014.03.31 23:21
 字数 : 200
5
投票しない


作品を表示
コメント
2014.04.06 16:19
(無記名)
このテクストは、読み解くにあたり古典的な素養を要するかもしれません。されど、解いてみれば普遍的な恋人同士の姿があります。いじましさ、という最近では死語になりつつある言葉の奥ゆかしさを思い起こしました。

プロフィール画像
2014.04.16 20:21
anon @pochi_go
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
二十三夜だからこそ、「願いが叶った」という次第なのですね…こういう物語の仕掛けは大好きです。さすが社大さん(*´∀`)

プロフィール画像
無記名コメント への返信
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
題材にした風習をご存じの方、そうでない方がいるとわかっていつつ、表現や内容など自分の中の「創作」を今一度考えたくて書いた200文字でした。その結果、このように読み取ってくださり、勿体無いほどご丁寧で温かい言葉でお読みくださった印象を返していただけて、作品も作者も幸せ者だなと心から思います。
いじましさ……辞書を改めて引きましたが、まさに2人の関係はそれであったかもしれないと、お言葉にぐっと惹かれました。そういった表現を使えるようになりたいものです。本当にありがとうございました。

プロフィール画像
anonさん への返信
受け取られ方を全く考えず、自分が書きたいと思う好みだけを注いで投稿した200文字でしたが、「仕掛け」を探してくださり、それがお好みに合われたということが、とてもとても嬉しかったです。細々と書き続けていますが、覚えていてくださったことにも感激いたしました。コメント、誠にありがとうございました!これからも執筆がんばります。

2014.04.29 04:26
(無記名)
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
 つまみを手に杯を重ねる二人。やっとこの日を迎えられた二人。
 なんだかBLな情景を想像してしまいました。(自分腐ってます)
 自分だけかもしれませんが、文中「そう思っているのに」がちょっと気になりました。(若干文脈とあわない気がして)

2014.04.29 23:16
(無記名)
無記名コメント への返信
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
おおお、鋭い。題材とした講は男性同士で集まっている、という話もあるようです。今作はその風習を真似してみた男女でも、同性や友人同士でも、恋人同士でも、お好みでご想像いただけるように書いたつもりですので、読み手様なりの情景を思い描いてくださったこと、二人の絆を感じてくださったことを、大変嬉しく思います。
文章につきましては、いつも思いつくまま、癖もそのままに書いてしまっているので、お言葉を参考にさせていただき、もっと一文字一文字を大切に書いていくよう心がけていきたいです。コメント、誠にありがとうございました!

コメント前に
する
ネタバレを含む