てきすとぽいトップページへ
200文字小説コンテスト
 1  84  85 «〔 作品86 〕» 87  283 
そして少女は今日も学校をふける「優等生の坂崎くん」
 投稿時刻 : 2014.03.20 21:11
 字数 : 200
5
投票しない
そして少女は今日も学校をふける「優等生の坂崎くん」
ra-san(ラーさん)


 学校をふけてゲーセンで遊んでいたあたしは、そこで同級生の坂崎に会た。

「なにやてんの優等生」

 坂崎が驚いた顔で見てきたが、あたしの方が驚いた。坂崎はあたしと違て品行方正、成績優秀な優等生だからだ。

「さぼり?」

「別にいいだろ」

 そぽをむく坂崎。あたしはおかしくなた。

「決めた。遊ぼう」

 あたしは坂崎の手を掴む。

「な、なんで?」

「かわいいじん、あんた」

 握る坂崎の手が少しだけ熱くなたような気がした。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない