てきすとぽいトップページへ
200文字小説コンテスト
 1  247  248 «〔 作品249 〕» 250  283 
夢やぶれて
 投稿時刻 : 2014.03.30 21:05
 字数 : 200
5
投票しない
夢やぶれて
ra-san(ラーさん)


 歌手である妹が五年ぶりに戻てきた。俺は妹を墓参りへ誘た。
 夏の墓地は蝉時雨に包まれている。陽射しに焼けた両親の墓は、白く眩しかた。
 水を撒き、二人で墓を磨く。そして花を生けて線香を焚き、手を合わせる。

「夢やぶれて……か」

 目を開けた妹は、立ち昇る線香の煙を見ながら呟いた。

「そんなことを言いに帰てきたのか?」

 妹が俺を見る。

「親父もお袋も俺も、ずとお前のフンだぞ」

 泣く妹。俺はその肩を軽く叩いた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない