てきすとぽいトップページへ
200文字小説コンテスト
 1  245  246 «〔 作品247 〕» 248  283 
非日常と日常
きか
 投稿時刻 : 2014.03.30 14:23
 字数 : 200
5
投票しない
非日常と日常
きか


「あとでメールする」

その言葉に、ドキドキしながらメールを待た。


家に帰て、メール開いて、まだ来てなくて。

一時間たて、二時間過ぎて、いつの間にか深夜になて。



でもやぱり届かない。


学校で「メール来なかたよ」と無理して冗談みたいにそう言たら、「ごめん忘れてた」て、笑てた。


胸が痛かた。

メールが届いたら、て考えてたことがぐるぐるまわて、そんなの全部私だけ。

私だけだたんだ、とそう思た。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない