てきすとぽいトップページへ
200文字小説コンテスト
 1  28  29 «〔 作品30 〕» 31  283 
ホワイト・ドワーフ
檀敬
 投稿時刻 : 2014.03.18 01:51
 字数 : 200
5
投票しない
ホワイト・ドワーフ
檀敬


 私は「死に体」である。
 もう燃え尽きてしまた星だ。

 最初の水素だけが燃えてヘリウムは点火しなかた。
 幸いなのは惑星状星雲も形成せずに静かに燃え尽きたことだ。

 熱源を喪失し、後はひたすらに冷えていくだけだ。
 完全に冷えるまでにまだ何十億年も掛かるだろう。

 一つだけ心残りがある。
 それは水素が燃え尽きる間際に発生した生命のことだ。

 私が彼らに物理的に与えられるものは何も無い。
 せめて黄昏の余韻だけでも味わてくれ。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない