てきすとぽいトップページへ
200文字小説コンテスト
 1  104  105 «〔 作品106 〕» 107  283 
根井行親
茶屋
 投稿時刻 : 2014.03.22 18:12
 字数 : 200
5
投票しない
根井行親
茶屋


 行親は敵の陣が揺らいだのを逃さなかた。
「突き崩すぞ!」
 騎馬を駆り、疾風の如く走る。
 戦場の臭いだ。
 久しく忘れていた。血湧き肉躍る高揚感。
 まさかまたこれを味わえるとは思ていなかた。
 太刀を抜き放ち、敵陣に鋭く斬り込む。
 この感覚は保元の戦以来だ。そう、勝ち戦だ。
 木曽谷の小僧にまさかこれほどまでの戦をやらせてもらえるとは。
「ありがとよ。木曽の大将」
 だから、今度は俺があんたに。
「獲らせてやるよ。天下を」
 
 
 
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない