てきすとぽいトップページへ
200文字小説コンテスト
 1  103  104 «〔 作品105 〕» 106  283 
樋口兼光
茶屋
 投稿時刻 : 2014.03.22 18:12
 字数 : 200
5
投票しない
樋口兼光
茶屋


 篝火が煌々と焚かれている。
 進発の準備は既に整ていた。
「起きていたのか、兼光」
「棟梁、いよいよで御座いますな」
「棟梁……か。兼光にそう呼ばれると面映いな」
 義仲はかすかに笑た。子供の頃から変わらぬぎこちない笑顔だ。
 心は、定またのだろう。
 幼少より共にいた乳母兄弟だ。多くは語らずとも伝わるものがある。
 ついに始まるのだ。戦が。我らの、戦が。
「駆けますか」
「ああ」
「いざ」
「京へ」

 間もなく、朝日がのぼる。
 
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない