てきすとぽいトップページへ
200文字小説コンテスト
 1  105  106 «〔 作品107 〕» 108  283 
楯親忠
茶屋
 投稿時刻 : 2014.03.22 18:12
 字数 : 200
5
投票しない
楯親忠
茶屋


 諸行無常。
 時の移り変わりというものは、こんなにも早いのか。
 京より平氏を追い払い、我らが天下と思いきや、何時の間にやら力を削がれ、今では賊軍だ。
 もう、終わるのか。
「何を暗い顔をしている六郎」
 見上げると義仲がいた。
 笑ている。
「またどうしようもない事に気を揉んでおたか」
「いえ」
「あまり考えすぎるな。長生きできぬぞ」
 義仲は声をあげて笑た。
 そうだ。まだ終わりではない。
 この人がいる限り、我らは終わらぬ。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない