てきすとぽいトップページへ
200文字小説コンテスト
 1  175  176 «〔 作品177 〕» 178  283 
望郷
 投稿時刻 : 2014.03.26 21:27
 字数 : 200
5
投票しない
望郷
三和すい


 人類の宇宙進出が進むにつれ、宇宙での仕事が増えてきた。
 軌道ステーンや月面基地での仕事はまだいい。だが、小惑星帯や木星など遠く離れた場所に来ると、地球が見えないせいか、本当に帰れるのだろうかと時々不安になる。
 そんな話をすると「大丈夫さ」と先輩の死神が言た。
「地球の方角はこいつが教えてくれる」
 大鎌の一振りで肉体と切り離された魂が、ゆくりと宙を漂い始める。
 懐かしき故郷の星に引き寄せられるように。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない