てきすとぽいトップページへ
200文字小説コンテスト
 1  176  177 «〔 作品178 〕» 179  283 
望郷2
 投稿時刻 : 2014.03.26 21:32 最終更新 : 2014.03.27 06:00
 字数 : 200
5
投票しない
更新履歴
- 2014.03.27 06:00:49
- 2014.03.26 21:32:33
望郷2
三和すい


「は? 私が天王星に異動?」
「そうだ」
「しかし人類は先日火星のテラフミングに成功し、太陽系外への進出計画を凍結させたはず。天王星に支部を置く意味など……
「人類の宇宙進出を見越して作た冥界へのゲートが、すでに天王星に完成している。いずれ壊すにしろ管理する者が必要なのだよ」
「そんな……

 凍てついた大地で、死神は一人寂しく空を見上げる。
 小さく輝く太陽を。その近くにあるはずの地球を思い浮かべながら。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない