てきすとぽいトップページへ
200文字小説コンテスト
 1  45  46 «〔 作品47 〕» 48  283 
太陽の花
 投稿時刻 : 2014.03.18 21:40
 字数 : 200
5
投票しない
太陽の花
飛瀬貴遥


 ほがらかな昼下がりに庭へ足を運ぶ。いつ植えたのか覚えていない小さな小さな芽が顔を覗かせていた。
 あと数週間もすれば綺麗な花を咲かせるだろう。花は温かな太陽の色。驚くことにその花弁は、食べるとみずみずしい果物のように甘酸ぱい味がする。
 これが太陽の味なのかと、はじめて口にした時に思たものだ。
 一輪の花に花弁は五枚。
 今、その花の芽は一つ。
 もとたくさんの芽が出てくればいいのにと、手にした如雨露を傾けた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない