てきすとぽいトップページへ
200文字小説コンテスト
 1  24  25 «〔 作品26 〕» 27  283 
いっぱいがおっぱい
 投稿時刻 : 2014.03.17 23:08
 字数 : 200
5
投票しない
いっぱいがおっぱい
茶林小一


 彼女が着てる黒いニトの下にはおぱいが二つ。
 叩いてみたら四つに増えた。
「増えて欲しかたんじない。大きくなて欲しかたんだ」
 涙を流しながらバンバンと胸を何度も叩く。膨らみは幾つも増えてゆき、俺はその中に埋もれる。
 ああ、これは確かに、おきいのに顔を埋めたときと同じ感触だ。
「質は量で補えるのか」
「世の中見てると、そういうことも多いわね」
 彼女が俺の頭をやさしく撫でる。その指もまた、柔らかだた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない