てきすとぽいトップページへ
200文字小説コンテスト
 1  237  238 «〔 作品239 〕» 240  283 
吐き出す
 投稿時刻 : 2014.03.30 12:22
 字数 : 200
5
投票しない
吐き出す
佐藤こおり.zip


「セツナイ」
 溜息とともに出たかすれた音は自分の耳に届いた。

 セツナイ?
 自分がそんな事を感じているなんて思ていなくて驚いてしまう。

 確かめるため、大きめに息を吸う。緩く長く、吐き出す。
 青い花びら、言い訳、煙草、トランプ、愚痴、万国旗、千円札、思い出、鳩、鳩、鳩、最後に燕尾服の手品師が出てきた。
 手品師は窓を開け、それら全てを空に浮かべた。お辞儀をして、去る。

「あ」
 気付く。くちびるから甘えが零れていた事。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない