てきすとぽいトップページへ
200文字小説コンテスト
 1  67  68 «〔 作品69 〕» 70  283 
188月
せせせ
 投稿時刻 : 2014.03.19 22:03 最終更新 : 2014.03.20 02:00
 字数 : 200
5
投票しない
更新履歴
- 2014.03.20 02:00:18
- 2014.03.19 22:03:05
188月
せせせ


 玄関の扉を開けると制服にまだ肌寒い風が触れた。
 朝の美しく静謐な景観が目の前に広がる。
 この街が彼女は大好きだた。

 階段を降りながら思う。
 一年は春夏秋冬、十二月で巡るけど、私の今までには一度として同じ印象の月は無かた。
 もしかしたら十二月の後にも十三月……と絶えず違う月が来ているのではないかと。

(だとしたら、それはとても素敵だ)

 彼女が作られて188月。
 彼女の瞳が同じ色を映し出したことは二度と無い。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない