てきすとぽいトップページへ
200文字小説コンテスト
 1  63  64 «〔 作品65 〕» 66  283 
桃の花
 投稿時刻 : 2014.03.19 05:45
 字数 : 200
5
投票しない
桃の花
三和すい


 同居している弟夫婦に娘が生まれて初めての雛祭り。
 張り切た母と弟が同じ日に桃の花を買てきた。
 仕方がないので居間と玄関に分けて飾る。

 暖かい居間に置いた枝はあという間に花を咲かせて散てしまた。
 寒い玄関に置いた枝はたくさんつけたピンクのつぼみで長く私たちの目を楽しませてくれたが、結局花が咲かないまま色褪せた。

 どちが幸せだたのかしら?

「きとどちも幸せよ」
 三十半ばで独り身の私はそと呟いた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない