てきすとぽいトップページへ
200文字小説コンテスト
 1  62  63 «〔 作品64 〕» 65  283 
私を抱きしめて
 投稿時刻 : 2014.03.19 05:41 最終更新 : 2014.03.19 05:49
 字数 : 200
5
投票しない
更新履歴
- 2014.03.19 05:49:09
- 2014.03.19 05:41:49
私を抱きしめて
三和すい


 私、あなたが好き。
 この世界で誰よりもあなたが好き。
 だから私を抱きしめて。
 あなたが会社に行ている間とても寂しかた。
 けど我慢して待ていたわ。
 だからお願い。私を抱きしめて。
 あなたのぬくもりを感じさせて。
 半日も離れていたのよ。しばらくこのままでもいいでしう?

 保育園に預けていた娘が、家に着くなり「だこ」と手をのばす。
 なかなか離れようとしない二歳児に、ワーキングマザーは心の中で叫ぶ。
 夕飯が作れね
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない