てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
作品一覧
ひまわり
anon
 投稿時刻 : 2014.03.17 02:06
 字数 : 200
5
投票しない


作品を表示
コメント
2014.04.02 12:41
(無記名)
200文字で雰囲気小説。
雰囲気小説の宿命で読み手の好き嫌いが分かれるでしょうが、私は楽しませていただきました。
ただ、もしかするとモノローグの域を脱していないかもしれない、と釘を刺しておきます。

プロフィール画像
2014.04.05 16:19
閉伊卓司 @HeyTaxi66
もし神武天皇の東征を、長髄彦の視点から描いた小説があったらぜひ読んでみたいナ (*´д`*)

2014.04.06 15:23
(無記名)
SFの一部を切り取った場面を想像した。読み手によると思うが、切ない冒険物語が浮かぶ。

プロフィール画像
2014.04.07 22:29
katoras @katoras1
 私には逆立ちしても書けない部類の200文字。
 他の方も書かれてますが、読み手を選びますな。
 私はエヴァっぽいって感じました。
 雰囲気小説って言うの? 難しい

プロフィール画像
2014.04.27 22:56
anon @pochi_go
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
感想ありがとうございます。
ネタバレとして、この200字の元ネタは震災後に見かけた、「ひまわりに放射能を除去する力がある」といういくつかのtweetでありました。
ひまわりの放射能除去効果に関する情報まとめ - NAVER まとめ http://matome.naver.jp/odai/2130084692955848601

>無記名さんこと○さん
これをはじめとする一連の200字は「雰囲気小説」で間違いありません(笑)
モノローグの域を脱してない、というのも、連作全てに対するコメントでありましょう。
ここらが当方の限界であるようです。

>閉伊卓司さん
日本神話ですか…! 私は門外漢ですが、「まつろわぬ民」「化外の民」という存在にはやはり惹かれます。

>無記名さん
実は本編は、まさにお話の「一部を切り取った」ものでした。上記の「元ネタ」で、何か書けないかとあれこれ考えていた、そのうちの一部分であります。

>katorasさん
エヴァは実は未見であります。今イチ状況がよーわからんところが、そう感じられた理由でしょうか^^;
ちなみに「雰囲気小説」とは、いわゆる「やおい(山梨意味なしオチナシ)」と呼ばれるシロモノであります(笑)

コメント前に
する
ネタバレを含む