てきすとぽいトップページへ
200文字小説コンテスト
 1  17  18 «〔 作品19 〕» 20  283 
キノコ
 投稿時刻 : 2014.03.17 20:13
 字数 : 200
5
投票しない
キノコ
閉伊卓司


 だからお俺、鉄つんに幹事やらせんのはイヤだと言たんだ。あいつ筋金入りのあわてん坊だ。菓子パンの袋やぶいて、中身よりビニールにかぶりつくような男さ。おかげで会場予約し忘れて、うちの土場で鍋つつくはめになた。それになんだいこの鍋、山で採れたか知らねが、気色の悪いキノコなんぞ入れやがて。あん? 死んじまたひとの悪口言うもんじねえ? べらぼうめえ、それ、俺たちが生きてる場合のセリフよ!
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない