てきすとぽいトップページへ
200文字小説コンテスト
 1  111  112 «〔 作品113 〕» 114  283 
 投稿時刻 : 2014.03.22 22:07
 字数 : 200
5
投票しない
火薬の誕生
゚.+° ゚+.゚ *+:。.。 。.


 周りの人は皆傘を差しているのに僕だけがずぶ濡れだ。降り続ける雨は明らかに黄色く、臭い。どう考えても小便だ。
 幼稚園の遠足の時、どうしても我慢できず近所の畑に放尿してしまたのを思い出す。これはその時の罰だろうか。納得がいかない。僕以外の人間は一度も立ちシンをしたことがないのか?何故僕だけ。許さない!
 僕は水はけが悪く小便の雨が溜まている場所に干草をかき集め発酵させた。硝酸カリウムが出来て爆発した。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない