てきすとぽいトップページへ
200文字小説コンテスト
 1  152  153 «〔 作品154 〕» 155  283 
先見の壺
 投稿時刻 : 2014.03.24 23:49
 字数 : 200
5
投票しない
先見の壺
ra-san(ラーさん)


 壺を覗いたのは失敗だた。

「この壺を覗くと、貴方の未来が見えるのです」

 この骨董品屋の主人の言葉に好奇心をくすぐられた私は、ついその壺を覗いてしまたのだ。

「ほら、未来が見えるでしう?」

 ああ、見える。
 頭から血を流して死んでいる私の姿が。
 木刀で私の頭を打ち砕く、骨董品屋の主人の姿が。

「人の未来は全て死です」

 衝撃。

「おお、壺よ。血に濡れるお前は美しい」

 うとりとした主人の声。
 壺を覗いたのは失敗だた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない