てきすとぽいトップページへ
200文字小説コンテスト
 1  108  109 «〔 作品110 〕» 111  283 
ゆうやけ
anon
 投稿時刻 : 2014.03.22 19:13
 字数 : 200
5
投票しない
ゆうやけ
anon


あなたを僕はさがしに来た
このうち捨てられた旧い国に
あなたの目にうつる風景は豊かに実た大地だろうか
だが僕の眼前には赤茶け痩せた土地が広がるばかりだ

この地が吸い込んだ汗も夢も僕は知らぬ
流れた血のおびただしさも絶望の涙も
ただひとつ
赫灼と燃える夕陽を僕は確かにはじめて見るのに
なぜか懐かしく震える思いがするのだ
はるかに遠いあなたを今だけは切々と感じる

黄昏の風が吹きはじめた
夕陽の赤が僕とあなたを等しく照らす
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない