てきすとぽいトップページへ
200文字小説コンテスト
 1  134  135 «〔 作品136 〕» 137  283 
御火の番
志菜
 投稿時刻 : 2014.03.24 00:30
 字数 : 200
5
投票しない
御火の番
志菜


 長い廊下の途中に、男がいた。
「悔しい……
 丑の刻。白い単衣を着た男は、うつむいたまま小さく呟く。
 一瞬、足を止めた女であたが金網行灯を床に置き、臆することなくつかつかと男に近づく。次の瞬間、男は床の上に叩きつけられた。
「ここは殿方禁制じ
 女は失神した男――狐を手早く縛り上げると、ずるずると引きずりながら詰所へと向かた。
「お火の元
 逞しい二の腕を持つ女は、大奥の警備を任された御火の番であた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない