てきすとぽいトップページへ
200文字小説コンテスト
 1  250  251 «〔 作品252 〕» 253  283 
すこし嬉しかったよ
 投稿時刻 : 2014.03.30 21:42
 字数 : 200
5
投票しない
すこし嬉しかったよ
如月恭介


 ちばしらがたたわけじないし、おみくじで大吉を引き当てたわけでもないんだ。きう、気になるあの子から言われたのさ。「如月さんて、空気みたいですね」
 うらやましいか、このやろう! 生きていく上でなくてはならない空気だぜ、このやろー! でもね、それだけじ終わらなかたんだよ。聞いて驚くな。
「生きてて楽しいですか?」
 おーまいが、だぜ。俺にははきりと聞こえたよ、ハニー。「独りで」ていう前置詞がね。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない