てきすとぽいトップページへ
200文字小説コンテスト
 1  131  132 «〔 作品133 〕» 134  283 
授業放棄過多症候群
 投稿時刻 : 2014.03.23 22:08 最終更新 : 2014.03.23 23:29
 字数 : 200
5
投票しない
更新履歴
- 2014.03.23 23:29:36
- 2014.03.23 22:08:39
授業放棄過多症候群
うらやマンジャイ健介


昼下がりの駅のホーム、ある日少年は唐突にぽつりと呟いた。
少年はすれ違う人の視線を紛らわすため、懐から電子タバコを何の節操も無く取り出し、長椅子にもたれ掛け、吹かす。彼にとてはこれも日常の一部なのだ。
「『気持ちいいくらいが丁度良い』て言うじないか」
「どうだろうね。人は皆、感受性が多種多様だからね」
左耳に接続している小型電話の留守電を聞き、少年は立ち上がる。
そして今日も惰性で、学校へー。急ぐ。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない