てきすとぽいトップページへ
200文字小説コンテスト
 1  130  131 «〔 作品132 〕» 133  283 
アダムとイヴ
 投稿時刻 : 2014.03.23 21:47
 字数 : 200
5
投票しない
アダムとイヴ
水間 稔


 ぼくは人造人間を作ることに成功した。それは惚れ惚れするほど精巧にできていた。五感や感情を持ちつつ、命令を聞くのである。二体にはそれぞれアダムとイヴと名付けた。
「飛行機で購入者の所へ行きなさい」
 結局、アダムは暑さで服を脱いで捕まり、イヴは金属探知機に引かかてもどてきた。
 アダムは羞恥で引きこもり、イヴはアダムを愛して、彼の部屋へ行た。
 体に悪いので、草木も植えてやた。二人はそこを楽園と呼んだ。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない