てきすとぽいトップページへ
200文字小説コンテスト
 1  221  222 «〔 作品223 〕» 224  283 
はみ出してミス、ッテリ
檀敬
 投稿時刻 : 2014.03.29 17:19
 字数 : 200
5
投票しない
はみ出してミス、ッテリ
檀敬


「貴女の心、お探ししますけど?」
 探偵は俯き加減で尋ねた。
「いいえ、もういいの」
 彼女も俯き加減で答えた。
「本当にもういいんですか?」
 探偵はシトグラスでツーンガー・バーボンを煽る。
「え、本当に。だて、あたしが置いてきたのだから」
 彼女もピンクダイキリのカクテルグラスに口を付ける。
「そうなんですか」
 探偵はシトグラスをカウンターに置いた。
「そうなの」
 彼女もカクテルグラスをカウンターに置いた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない