てきすとぽいトップページへ
200文字小説コンテスト
 1  11  12 «〔 作品13 〕» 14  283 
ひきこもり
 投稿時刻 : 2014.03.16 20:53
 字数 : 200
5
投票しない
ひきこもり
沢木香穂里


 世間は厳しい事でいぱいだ。 
 ボクはそんな荒波にのまれてやていく自信がない。
 いつまでもここでぬくぬく過ごしていたいんだ。

 だけど時はそれを許さない。
 ボクは強引に外に押し出される。

 苦しい。
 締め付けられるような苦しさから逃れようともがいた。
 眩しさと外気をいぱいに浴びてボクは全身の力を振り絞り産声をあげた。

 ボクはどこに向かうのだろう。
 何を成すのだろう。

 この先にあるのは、絶望かそれとも希望の未来だろうか。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない