てきすとぽいトップページへ
200文字小説コンテスト
 1  34  35 «〔 作品36 〕» 37  283 
騙された
 投稿時刻 : 2014.03.18 17:39
 字数 : 200
5
投票しない
騙された
茶林小一


「そこの人たち、みんなお上品でさ。俺だけ浮いてんの。なあ、頼むよ。お前も来てくんね?」
 そう頼まれたので行て、大きな胸の価値について滔々と語たところ、ドン引きされた。
 しかもその友人は、詩やアートの話ばかりして盛り上がている。
「てめえ、謀たな! 何だよお前だけ! 俺も盛り上がりてえよ! 主に胸部的な意味で!」
 友人は俺を指さし笑ているし、俺はますます孤立してゆく。
 俺は復讐を誓う。そうだ。この顛末をこ
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない