てきすとぽいトップページへ
第二回 てきすとぽい杯〈てきすとぽい始動一周年記念〉
 1  12  13 «〔 作品14 〕» 15  19 
無念じゃ…
 投稿時刻 : 2013.02.16 23:33
 字数 : 323
5
投票しない
無念じゃ…
やぐちけいこ


 「お客様の中に白旗を上げた方はいらいますか?」
満面の笑みを浮かべながら彼女が聞いている。

「はい…」
私は悔し涙を流しながら手をあげた。

私は指定時間を過ぎ慌てて今回のお題を見て絶句。
一瞬にして頭が真白になるという貴重な経験をした。
そうか、そう来ましたか。

チチチチチ
チクタクチクタクチクタク

いくら考えても何も浮かばないまま時間だけが過ぎた。

時間だけが過ぎた。

過ぎて行くのは時間だけ。

こう言う時だけ何故時間が過ぎるのが早いんだろう?

………
……… ………
……… ……… ………汗」

そして何も思い浮かばないまま無情のタイムアプ。


完全に私の負けだ。
もともと敵うはずが無かたのだ。
分かりきていたことではないか。


それでも無念じ…。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない