てきすとぽいトップページへ
第二回 てきすとぽい杯〈てきすとぽい始動一周年記念〉
 1  6  7 «〔 作品8 〕» 9  19 
ライアライフ
 投稿時刻 : 2013.02.16 23:24
 字数 : 1383
5
投票しない
ライアライフ
犬子蓮木


「お客様の中に嘘はいらいませんか」
 そんな言葉が私の頭に浮かんできた。私の頭の中が嘘ばかりだたので、どうしても笑いらだしたくなる。
 ふふ、と笑ていると隣に座ていた父が不思議そうな顔をで、ひとつ咳払いをよこした。
 私は気を引き締め直して、言葉を作る。
「とても素晴らしいお仕事をされているのですね」向かいの男性に微笑む。
 今日の晴れ日は、お見合いの日。どんなに天気がいいとしても高級ホテルのレストランで、歪んだ微笑みをかえさなくてはいけない。
 彼は、外務省のキリアでいずれはどこかの国の大使となるらしい人だた。
 私は、彼の将来のような父を持ち、母のような妻となる運命を持て生まれてきた。
 今日のおみあいの成功は、ここに座ている人、すべての悲願であるらしい。
「都子さんのご趣味はどのようなものでしうか?」あちら側の人間が言う。彼の母親だ。
 趣味だて?
 そんなものをまともに答えられない人間だているだろう。私には趣味と言えるほどまとうに好きなものがない。何かを好きになりそうになるとみんな取り上げられて、代わりにしたくもない上品な習い事を押し付けられてきた。
「映画鑑賞を少々。フランスのものが素晴らしく思います」
 しいて言えば嘘をつくことかな。趣味なんて。
「ほお、フランス」父が唸る。「奇遇ですな。木口君は、向こうでは映画など観られるのかな?」
 お相手の彼は、現在、フランスの大使館に赴任している。そしてたまの長期休暇で帰てくれば今日のお見合いである。楽しいのだろうか。
「ええ、向こうの映画は素晴らしいものばかりです」
「そちらの映画館で見てみたいものです。もうすぐギルベスタ監督の新しいものが上映されるとか」
 私は上品に微笑んだ。ちなみにそんな名前の監督はたぶん存在しない。
「是非、いらしてください」
「一度、向こうの向こうの雰囲気を味わておくのものいいだろうな。彼の働きぶりも見せて貰うとして」
「それは緊張して仕事に支障がでてしまいそうです」
 一同が笑た。
 何が楽しいかはよくわからない。
「ですが、ゆくゆくは一緒になられるわけですからね。太郎さんもがんばりませんと」
「話を進めすぎです」
 彼が慌てて母親の言葉をさえぎた。一同はまた笑いにつつまれた。
 私は恥じらう乙女のごとく頬を染める。身をすくめて、首をかしげて、つづく言葉を選び出す。基準はなんだろう。誰のためだろう。私の体は。頭は。言葉は。存在は。ただ決められたゴールへと進む、おもちの歩兵でしかない。
「いいお話は、ぜひ進めていただきたく思います」

 お見合いは、つつがなく終わた。向こうの彼が私を気に入るかという問題ではない。私が彼を気に入るかという問題でもない。
 よほど壊れた人間でもなければセングされた瞬間に結果も決まていた。
 家柄という属性があるから。
 好きでもない男と結婚して、好きでもない国で暮らして、好きでもない彼を立てて生きていく。それは豪勢でうらやむ人がでるような暮らしではあるのだろう。幸せでもあるのだろう。別に彼が悪い人にも見えない。見た目はかこよくもある。頭だていいはずだ。
 だけど、きと、一生、嘘をつくことになる。これでよかたんだて、自分に嘘を。
「お客様の中に嘘はいらいませんか」
 そんなことを言われても私は黙て微笑んで生きていく。
 手をあげたりなんかすることはない。                <了>
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない