てきすとぽいトップページへ
【BNSK】月末品評会 inてきすとぽい season 2
〔 作品1 〕» 2  6 
恋のまなざし
茶屋
 投稿時刻 : 2014.04.27 19:00
 字数 : 1171
5
投票しない
恋のまなざし
茶屋


 初恋は多分、幼稚園児だたか、それぐらいの時分。
 父の手にひかれて桜並木の下を歩いていた。
 舞い散る花びらを追ていると視線の先に、綺麗な女の人が見えた。
 とても、とても綺麗だた。
 同じくらい綺麗な人は多分たくさんいただろうし、その人だて女優並の美人てわけではなかたと思う。
 けれど、彼女は特別で、輝いて見えた。単純な綺麗だなていう感情とは別の何かがあた。
 圧倒されるように立ち尽くしてしまた。
 それからだいぶしてから、それが恋という感情で、一目惚れて呼ばれてるものだて知た。
 普通だたらそれはそれでよい思い出になたかもしれない。
 すれ違た女性に一目惚れした幼稚園児。なんとも微笑ましい。
 それで終わり。終わりのはずだたんだ。
 だけど、それが全ての始まりだたんだ。
 そう、全ての。
 綺麗な女の人は、目の前で車に撥ねられた。
 関節がおかしな方向に曲がて、血を流して、見開かれた生気の無い目はじとこちらを見ていた。
 桜舞い散る季節、それが僕の初恋。

 今でも初恋の人のことは夢に見る。
 この記憶が本当に目にした光景なのか、それとも幾度も記憶を反芻するうちに変質を遂げたものなのかはわからない。
 目の前で初恋の人が死んだ。
 死んだとは限らないかもしれないが、多分死んだだろう。助かりこない。少なくとも今までの経験上は。
 そうだ誰も助からなかた。
 皆死んだ。
 幼稚園で三年間一緒だた子を好きになた時には普通の風邪のはずが別の病気も併発して死んで小学校の時好きになた娘も夏休みが終わてみると担任が彼女が事故で死んだことを告げ憧れのアイドルは薬物中毒で死に中学まで一緒だた娘は中学二年の夏に首を吊て高校で優しかた先輩は通り魔に襲われて大学のコンパで出会た彼女は心臓まひで会社の取引先で出会た彼女はアパートの火事で焼け死んだ。
 みんな、みんな、みんな、死んだ。
 恋した相手は皆、死んだ。
 中学生の時にはそのことに薄々気づいていたし、こんなに悲しい思いをするならばもう恋はしないとも誓たりもした。
 けれども、駄目だた。
 その感情に気づいてしまた瞬間、それを消し去ることなんてできないんだ。
 気づいてしまたら最後、あいつもこちのことに気づいてどんどん成長していく。
 想いは止めることはできず、そしてそのせいで人が死ぬ。
 絶望もした。自殺を試みたこともあた。いそ外に出なければとも思た。
 だけど、生きることを止める勇気は、なかた。
 他人の命を奪てでも生きようとするクズなんだ。
 どうしようもないクズなんだ。
 もちろん、心を殺すように努め、なるべく恋はしないようにしてきた。
 うまく行ていたと思う。
 もう、誰も死なない。
 おしまいだ。全部。
 そのはずだた。
 君に出会うまでは。
 でももう嫌なんだ。
 誰かを死なせるのは。
 多分、君はもう助からない。
 だから、せめて、一緒に。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない