てきすとぽいトップページへ
【BNSK】月末品評会 inてきすとぽい season 2
 1  4  5 «〔 作品6 〕
悲しい嘘
muomuo
 投稿時刻 : 2014.04.30 23:49
 字数 : 2197
5
投票しない
悲しい嘘
muomuo


 サイドテーブルに、ぽつんと残された私の携帯電話。
 ガラケーの、今はもう使てなかたヤツ。
 「どうせ誰からもかかてこないし、それでいいから貸して」……とせがまれて、
 香住ちんに貸してたものだた。

「君か、海ほたるが見たいて言た娘は?」

 急に声をかけられた。ほんと、急に。
 驚いて振り向くと、脳外科の高梨てセンセ。確か外来種。
 あんまよく知らない。冴えない中堅……てほどの年でもないはずだけど、
 カンフレンスでも、いつもそんな雰囲気の人。

……は? いえ、言てませんけど」(……何の話よ?)

 感傷を邪魔されて、気分を害したワタシ看護師。23歳。彼氏ナシ。ちなみに外村春美。

「そうか。いや、ならいいんだ」

 またく。なんなんだか。

 また忙しくなる。そうしたら確実にこの気持ちも消えていく。
 だから、そうなる前に、しかりお別れしたかたのに……

            ◆


To:
subject: 3月8日(土)、晴れ

いつも楡の木の下で、夜の寝息を楽しむように
小声で鳥たちと話す人だた。

ベンチの周りには誰もいない。窓越しに、きと私一人が見つめている。
誰も先生の優しい顔には気づかない。

世界を二人占めしているような、時間。
いつからだろう、この気持ち……そんなふうに悩む必要はない。
出会たあの日に、それは始またのだから。

この使えない携帯電話で、今日から記録していこう。
私の体が使えなくなる、その日まで……

16:05 2014/03/08


To:
subject: 3月9日(日)、曇り

今日は検査の日。検査担当の先生と、堂々と会える日。
だから哀しくない。

どうせ結果は悪かたに決まてる。
だから先生のへたくそな嘘が、また聞ける。
それが一番いい薬。
私にはそれが一番……

あ、楽しみだな。

11:23 2014/03/09


To:
subject: 3月14日(金)、晴れ

嘘のほうがいいな。
ほんとのことて重すぎる。

検査結果のことは、たぶん嘘。
よくなてたはずがない。
それより……

先生が、春美ちんのこと好きだた。
私に、コクてきた。

20:31 2014/03/14


To:
subject:

……と、あれが先生の優しさ。

生きる“よすが”? ……にでもなればて、
コイバナを選んだだけなんだよね。

私が、見舞いの一人もない身の上だから、
自分のことは話したがらないだろう、て。
せめて、先生自身の話でも……

無理しちてさ。
作り話じ、ないよね……。さすがに。


00:18 2014/03/15


To:
subject: 3月22日(土)、雨

うん。応援しよう。

私は向こうで待てればいい。
あの世で告白するんだ。若い姿のままでさ。

だから、春美ちんにゆずてあげる。
もしかしていま、……これ読んでるかな?

「まかせたぞ

……なんか、大人になたカンジ? ふふ……

人はこうしてオンナになるのだよ、春美くん。

19:27 2014/03/22


To:
subject: 3月23日(日)、雨

一目惚れ、すか
それだと、立場が弱くなるんだよね(経験者談)。

てか、お二人さんはさ
私よりだいぶ前に会てるはずでし
……ずいぶん長患いですな、旦那も。

ま、春美ちんもそこそこかわいいけどさ。
先生のお年頃の男性で、そんなことあるのかな?

ん。なんかちと、イメージが違うけど。
……ま、いいでし。おねいさんにまかせなさい。

16:52 2014/03/23

            ◆


「あなたが一番見たいものは?」

 シークレトフルダのパスワードが、変わてる……

 夜勤明けの倦怠感が一息ついて、ふと、あの携帯電話を取り出した時のことだた。
 まだベドから飛び起きる体力があたこと以上に驚いたのは、
 直感的にそれが意味するところが分かたからだ。
 もちろん、興奮でざわついてきたし、すぐに……指が動いてた。

 「う、み……ほ、た、る」

 そういえばこんな入力方法だたな。もどかしい……

 「……!」

 やぱり、保存フルダに未送信のメールがいくつも残されてる。
 自分で書いた覚えは当然ないし、日付から言ても明らかに……香住ちんだ。

            ◆


To:
subject: 3月25日(火)、晴れ

今日は、先生に魔法の呪文を教えてあげる。
「これでダメだたら、ダメだから」て。

……春美ちんは、なんて答えるのかな。
いや、それはもちろん、最初は「……え?」とかだろうけど。

OK?
それとも……NG?


私の代わりに先生と一緒に、見てきてくれる?
……ねえ、これ……読んでるんでし


あ、でも……最悪、気づかないまま終わるかもか。
まあその時はその時だね。
運命の神様に、恋のキドが負けた、てことで。

……あ、もう一度言ときますか。
ちを選ぶのも、もちろん春美ちんの自由だけど……


「まかせたぞ

10:45 2014/03/25

            ◆


 読み終えて、涙している自分。
 香住ちんの想いが、その意味が、全部分かたから……普通に泣いてた。
 ……なんか、神様は残酷だなて、思た。

 彼女は絶望もせずに、生き続けていたんだ。文字通り、独りで。
 強い子だと、改めて思た。ほんと、大人の女性だたんだ……


 もちろん、答えは決まてた。香住ちんも、分かてた答えだ。
 きと、許してくれると思う……


 私の答えは……もちろん、「NO」だ。
 高梨先生と付き合うなんて、できるはずもない。



 だてあの先生は……絶望的にブサメンだから。

                        <了>
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない