てきすとぽいトップページへ
てきすと怪2014
〔 作品1 〕» 2  9 
ラビットゲーム
 投稿時刻 : 2014.08.08 21:30 最終更新 : 2014.08.14 01:10
 字数 : 3133
5
投票しない
更新履歴
- 2014.08.14 01:10:14
- 2014.08.08 21:30:19
ラビットゲーム
ほげおちゃん


 暑いから何か涼しくなる話をしてよ、と私は言た。
「涼しくなる話?」
「怖い話よ怖い話」
 もう、察しが悪いんだから。
 彼が腕を組み、うーんと唸る。
 ソフに寝転び、期待せず待つ私。
 しばらくして彼が口を開き、
「何も思いつかない」
 やぱりね、とはおくびにも出さず、私は残念そうな顔をする。
「少しくらい何か思いつかないの? 通ている学校の怪談とか」
 そう言うと、彼は再びうーんと唸り出す。
 自分で無茶なことを言ているのはわかていたけれど、その無茶なことに真剣に頭を悩ませる彼を見るのはすごく好きだた。愛らしい、とまではいかないけれど……
 本当にバカね
 そう声をかけようとしたときだた。
「あ、一つだけある」
 彼がそう口を開いたのだ。
「本当?」
 思わず素に戻て彼を見つめる。
「いや、別に怖い話じないんだけど」
「何よそれ」
 思いついたくせに怖い話じないて、どういうことよそれ。
 彼は尻込みして、話そうとしない。
 私は少しイライラして、
「どんな話か気になるじない。話してみなさいよ」
「けど、本当に怖い話じないんだよ」
「いいから!」
 私がそう怒鳴てソフをバンと叩くと、彼はおずおずと話し始めたのだた。
「これは俺が小学六年生のときの話なんだけど」
「自分の話なの?」
 私が少し驚いて言た。
「うん」と照れ臭いように彼が言う。
 私が驚いたのは、これから始まる怪談だか何だかよくわからない話が、彼に関わているからということではない。
 彼の過去話を聞くのは、これが初めてだたのだ。
 別に隠していたわけではないだろうし、もし私が教えてと言えば、彼は躊躇なくむかしのことを話していただろう。しかし彼と出会てからこれまで、何故か灯台下暗しのようにその手の話題は避けられていたのだ。
「小学六年生のとき、山に遠足に行たんだ。なんていう山かは忘れたけど、階段が千段もある有名なところでね。しかも普通の階段じなくて、山の自然の中に途切れ途切れにある階段だから、登ていくのが大変なんだよ。まだ小さい僕たちには結構キツくて」
 私はふん、と鼻で息をした。
 まあなんてことない導入部だ。
 彼は昔を懐かしむように、やや俯き加減で話している。
「それでクラス全員、なんとか山の頂上まで辿り着いてね。それまでは疲労感でいぱいだたんだけど、子供のときて不思議だよなあ。あという間にまた走り回れるようになるんだ。弁当を食べた後、頂上は広場みたいになていたからドジボールで遊んでね。あという間に帰る時間になた」
 あの頃に戻りたい、そんな気持ちが彼にもあるのだろうか。
 何となくそんなことを思いながら話を聞いていると、突然彼の口振りが変わた。
「帰る前にさ、先生が点呼をとたんだよ。クラス三十人全員揃ているかて。けどいなかたんだ」
「いなかた?」
「うん、一人いなかたんだよ。木下くんていう子」
 彼は神妙な顔つきで口にする。
「木下くんは結構やんちなんだけど一匹狼なところがあてさ。どうやらそのときも一人で遊んでたらしいんだ。森のほうに行く姿を同級生が見たらしいんだけど、そこから行方知れずで……とにかくそのままじ帰れないから、彼を探しましてことになた」
 彼は顔を上げて、
「一時間ぐらい叫んでたな。『おーい、木下くん。戻てこーい」て。森の中に出かけると皆迷子になうからさ。隣のクラスの、隣のクラスも一緒に遠足に来ていたんだけど、その体力自慢の男の先生が森に行て、残された僕らは広場でずと声を上げてた。またく手応えはなかたよ。喉は枯れるし日もどんどん暮れるしさ。男の先生は手持ち無沙汰で戻てきて、僕らの担任の先生は泣きそうだた。まだ若い先生だたからね。男の先生が必死で宥めて、とにかくこのまま暗くなると危険だから、一旦山を降りて捜索を依頼しようてことになたんだ。それで僕らは山を降りる準備を始めたのだけど、点呼を始める前になて、木下くんがひよこり戻てきた」
「戻てきたの?」
 てきり戻らないものだと思ていた。
「うん、戻てきたよ」
 彼はあさり言て、話を続ける。
「木下くんが森のほうから半べそをかいて戻てきた。体中が土とか葉ぱとかで汚れていたけれど、怪我はなかたよ。どこに行てたの、て先生は怒たけれど、木下くんはビクとしてね。自分で迷惑をかけたことがわかていて、見ていて可哀想だた。とにかく戻てきたのは喜ぶべきことなんだから、ささと山を降りてしまおうて。もう空も随分暗くなていたし。夕陽が照らす中、僕らは慌てて点呼をした。まるで軍隊みたいな真面目さだたよ。それで、点呼を終えたんだけど……
「けど?」
「困たことに、今度は人数が増えてしまたんだ」
「増えたあ?」
 想像外の出来事に思わずきとんとする。
 自分でもびくりなんだ、と言いたげに彼は両手を動かし説明する。
「クラスはきかり三十人、だけどそのとき数えてみると三十一人いたんだよ。おかしいだろ? 減るなら迷子だてわかるけど、増えるなんて起こりようがない。しかもクラスの全員が、誰が増えたのかわかんないんだよ。みんな顔を突き合わせてみても、みんな自分のクラスの人だて言う。もちろん僕だてそうさ。一体何が起こたんだて、みんなパニクになた」
「それでどうしたの?」
 私は身を乗り出し聞く。
「そのまま帰た」
「は?」
 口を開けてあんぐりとする私。
「そのまま帰たんだよ。僕らはみんなパニクになていたけれど、隣のクラスの先生が一喝したんだ。減るなら問題だが、増えたのなら別にいいじないかて。その言葉には疑問が残るけど、たしかに減るよりも増えるほうがマシだて思て。慌てて山を降りたんだよ」
 そして押し黙る彼。
……それで?」
「え?」
「それで、どうなたの?」
 私はそう口にせざるを得なかた。
「終わりだよ」
「はあ?」
 私は両手で思いきり彼の頬をつねた。
「痛たたた!」
「バカ、それで終わりなわけないでしう! 増えたひとりはその後どうなたのよ!」
「そのまま小学校を卒業したよ!」
「え?」
 思わず頬から手を離す。
 彼は涙目で頬をさすりながら、
「結局そのまま、誰が増えたのかわからなかたんだ……僕らもその後、誰が増えたのか調べようとしたよ? あの山について古い新聞をあさていると、どうやら何十年も前に、木下くんと同じように迷子になたけど帰てこなかた子がいることがわかて。けど誰なのかはわからなかた。名前が出ていなかたんだよ。僕らはそれ以上調べようとしたけれど、先生たちは乗り気じないていうか、むしろ調べるなて釘を刺してくる感じで。そうこうしているうちにどうでもよくなた。祟りとかあるわけじないしね。『お前幽霊じないの?』て、話の中でネタになたぐらいだよ」
「何よそれ……
 拍子抜けした私は、溜息をついてソフに腰を下ろした。
「だから怖くないて言たじないか」
 バツが悪そうに彼が言う。
「いや、だてそれ」
 私は続きを口にするかどうか迷たけど、彼がこちらに目を向けてきたので、仕方なく話すことにした。
「すごく気持ち悪いわ」
「気持ち悪い?」
 彼が怪訝な顔をする。
 私は彼の顔をじと見つめて、
「小学校を卒業したてことは、そいつ今もどこかに紛れ込んでいるわけでし。それて気持ち悪くない?」
「何が?」
 どうしてこんな簡単なこともわからないのかしら。
「だて突然増えたんでし? 突然消えても不思議じないじない」
 彼がハとした表情をして青ざめる。それから子供が癇癪を起こすような泣き顔になり、消えてしまた。
 蝋燭の火が尽きるように、一瞬で消えてしまたのだ。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない