てきすとぽいトップページへ
第2回 クオリティスターター検定
〔 作品1 〕» 2  4 
Eight in the bar
茶屋
 投稿時刻 : 2014.09.16 21:55
 字数 : 1855
5
投票しない
Eight in the bar
茶屋


 間接照明の橙の明かりが、カウンターの奥に並べられた酒瓶を色とりどりに輝かせる。
 小奇麗に片づけられたカウンターの割には店主は強面で不愛想、髭を蓄えバンダナを頭に巻いている。サングラスでもかけてバイクにまたがれば様になりそうなあまりナイスではないミドルだ。
 あまり話しかけたいタイプじないが、手話で注文するわけにもいかない。
 多分、それは口論から始まるんだ。
 まあ、大概、場末の酒場に男女とくれば口論はつきものだ。ほらご覧、今に女がグラスの酒を男にぶかけるから。
 違うと思うかい?
 なら賭けるかい?
 ほらやぱりだ。激情した女がグラスをもて男に酒をぶかける。
 ところがなんてこた。男は事もなげにするりとそれをかわす。
 かわしたところが悪かた。
 丁度男の真後ろに立ていた男にぶかかる。
 そんなとこにいつの間に男が立ていたかて?
 話は少し戻る。

 男が店内に入てきたのは少し前だ。
 パーカーを着て、フードを深めに被ている。目は神経質そうにきろきろと泳いでいて、いかにもこれから何かしでかそうて雰囲気だ。
 そう、こいつはしでかそうとしていた。
 強盗だ。
 ポケトには357マグナム。
 汗にまみれた手で、しかりと握りしめている。
 店はどこでも良かたが、その後店主のいかつい背格好を見て少し後悔することになるし、その後それ以上に後悔する羽目になる。
 何気ない風を装て店に入るが、店のドアベルにビビるくらいにはビビていた。
 ビビていたが、やるしかない。
 男はポケトから38口径を取り出すと、店主に向かてこう言た。
「金を出せ!」

 丁度その時、女のぶかけた酒が、男をそれて、その強盗にぶかかてわけさ。
「てめ何しやがる」
 あまりに突然のことに強盗は銃口の先を女に向き替えてしまた。
 女は当然仰天する。
 ところが今度仰天するのは強盗だ。
 店主は素早くカウンターの下からシトガンを取り出し、強盗の頭に突き付ける。
「出ていけ。クソガキ」
 これはもう強盗はそうそうに退散するしかなさそうなものだが、強盗もここまで来るとそうとう頭が混乱し始めている。
「うるせ。金だ。金出さねとこの女撃ち殺すぞ!」
「ふん。知るか。いいから黙て出ていけ」
 緊迫した空気が流れる中、また一人の男が席を立ちあがる。
 ダークスーツをばちり決めた、いかにも仕事ができそうな男だ。
「すまない。なんなら金を俺が出そう」
「うるせえ!てめえは黙てろ」
 強盗はもはや相当頭が混乱していたようで、男の建設的提案を突ぱねる。
「今日ここで大事な取引があるんだ。マスター、すまないがこの男に金を払てやれんかね。あとでその金は私が立て替えるから」
「そういうわけにはいかん。あんたがグルじないて証拠はどこにある」
 店主も男の提案を突ぱねると、ダークスーツはやれやれと言た様子でため息をつき、懐からオートマチクを取り出すと、店主に銃口を向ける。
「頼む。この通りだ」

 そう。状況はややこしくなた。
 女に銃口を向ける強盗に銃口を向ける店主に銃口を向けるダークスーツ。
 そこにさらに状況は悪化する。
「Yeaaaahhh!!」
 陽気な絶叫とともにご来店のお客様が一名。
 さそくいつものカウンターに座ろうとするが、店内を見て一瞬きとんとする。
 何だこの状況は?
 だがそのお客様はすぐさま状況に反応する。
「警察だ!動くな!」
 そう彼は警察だた。今日も帰りがけに行きつけのこのバーで一杯ひかけようとしていたところだ。
 そこへやてきてみるとこの状況だてわけさ。
 銃口は開いたところに収まるかのようにダークスーツの男に向けられる。
 膠着。
 ところがそれで事態は膠着しない。  

 笑い声が店内に響いた。
 先ほどまで静かに飲んでいたメガネの男だ。
 そいつが突然笑い出したんだ。何がおかしいてそり確かにこの状況はおかしいがその場で笑える度胸のある奴なんてめたにいやしない。ところがこいつは笑た。
 多分どかがぶ壊れてるタイプの人間だたんだろう。
 ところがこいつも銃を持ていた。しかも二つ。
「もと盛り上がろうじか!」
 シリアルキラーかサイコパス。最悪の状況に、最悪な野郎が混ざてしまたようだ。
 向けられた銃口の先は警官と俺。

 俺はその時思ていた。
 今日はついてない、てね。
 最高についてないて。
 簡単に済む仕事のはずだたんだ。
 時刻はPM 08:08。
 俺は懐から銃を取り出すと、暗殺のタートに銃口を向けた。
 そう。女と口論していた男。
 とある組織の幹部の男に。

 そうしてあの事件は始まてわけさ。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない