てきすとぽいトップページへ
【BNSK】品評会 in てきすとぽい season 8
 1 «〔 作品2 〕» 3  7 
双頭の獅子
茶屋
 投稿時刻 : 2014.11.16 15:28
 字数 : 5067
5
投票しない
双頭の獅子
茶屋


 ヴルスルムント帝国、サビルゲイデン公領、ヒビデガルガ地区。
 燃え盛る炎が、その村を焼き尽くしていた。
 炎の舌は建物を嘗め回し、その触手は縦横無尽に跳ね回る。
 家は崩れ、家畜は嘶き、人は叫びを上げる。
 村は天空を照らす赤き灯と化し、地獄の音楽を奏でる。
 天魔外道の祝祭だ。
 抵抗する者は殺され、犯され、蹂躙される。
 隣国の領主・ヴルヘルムが謀叛を起こし、手始めにスベルテ砦に隣接する村々を焼打ちにしていたのだ。
 そんな中にバルデガト村があた。
 ヴルヘルムの指揮する軍勢は統率と言うものがなかた。蛮族の集団にも似た卑俗さで村を荒らしていた。
 ヴルヘルムは有能な将ではなかたが、後の乱世に向かう時代で最初に反逆の狼煙を上げた者として人々の記憶に残されている。
 その日、バルデガト村の平穏は破られ、穏やかな日常と多くの命に終止符が打たれた。
 だが、多くの命が失われたのち、救援が現れた。
 スベルテ砦の包囲に向かうヴルヘルム軍の背面から攻勢を仕掛けるべく、帝国第六方面軍司令官・ヴルハラガンド伯爵が手勢を引

き連れやてきたのだ。全てが遅すぎたが、それでも救われたものがあた。
 燃え盛る村で、フセルとエイン、そしてエインの妹・フナはヴルハラガンドの手で救われた。
 彼らの目に映たのは白銀の騎士、天より舞い降りた救世主だた。
「もう大丈夫だ。安心しろ」
 敵を薙ぎ払い、野獣どもを追い払ていく。
 親兄弟を失た三人はヴルハラガンドの下で養育されていくことになる。

 そして時は流れ、時代は変わる。
 ヴルスルムント帝国は乱世を迎え、群雄割拠の時代に突入する。
 そんな中でヴルハラガンドは最初は旧帝国の守旧派として頭角を伸ばし、やがて帝国軍より離脱、変革を説く改革者として群雄の一

人として立ち勢力を拡大していく。
 ヴルハラガンドの下で育たフセルとエインは子飼いの将として立派に成長し、ヴルハラガンドの双頭の獅子と呼ばれるまでに

ていた。フナもまた女だてらに武芸に励み、仮面の女騎士としてヴルハラガンドの領土拡大に貢献していた。
 三人は変わらぬ友情とヴルハラガンドへの忠誠の元、共に成長し、友情を深めていた。
 フセルは信じていた。
 いつまでも変わらず、このまま突き進んでいくのだと。
 そしていつの日かヴルハラガンドが天下に覇を唱えた暁には天下泰平のため、尽力奔走していくのだと。
 だが、そんな日はいつまでも続かなかた。

 バルデガト村はヴルハラガンドの支配下に組み込まれていた。
 村は再建され、今では多くの人々が移住し、流通の要所として賑わいを見せている。
 そこにはかつての村の姿はない。
 かつての故郷の姿は消えていた。
 それでもフセルは満足げな表情を浮かべている。
 人は変わる。
 世界は変わる。
 これもヴルハラガンド様のおかげなのだ。
 世界はより新しく、より豊かに変革されていくのだ。
 だが、その隣にいるエインの顔は何処か憂愁を帯びている。
「変わたな」
「ああ、ここが本当に俺たちの村だたのか。不思議だよ」
「だが、何もかもが良き方向に進んでいる」
「そうだろうか」
 久しぶりに邂逅だ。それにもかかわらず憂いを帯びた表情のエインの感情が解せなかた。
 フセルは東の方面軍、エインは北の方面軍の一軍の将として活躍している。
 それが再び結集したのだ。
 間もなく、敵対する隣領の太守・エドウル公との大決戦が控えているのだ。
 エドウル公はヴルハラガンドとは対照的で守旧派であり、積極的な侵攻はしないものの、家臣団との固い結束、旧弊権力との固い

結びつきで劣勢に立たされた守旧派勢力をまとめ上げ勢力を強大にしてきた。
「何かあたのか」
「いや」
「酒でも飲め。下らぬことなど忘れてしまえ。我らは何も考えず覇王に従ておればよいのだ」
「お前は飲みすぎだ。そして考えが無さすぎだ」
「御尤も!」
 そこで初めて二人は笑た。
「変わらんなお前は。いつもそうやて俺を笑わせてくれる」
「変わたなお前は。そんな顔など昔はしたことがなかた」
 エインの表情には再び憂いが浮かぶ。
「ヴルハラガンド様は急ぎすぎている。急ぎすぎてすべてが壊れそうな気がする」
「そうだろうか。そうでもしなければ人は変われぬ気がする」
「変われぬ民を愚かとして切り捨てるヴルハラガンド様は果たして民のための治世を敷くことができるのだろうか」
「疑ておるのか?」
「わからん。だが……あの御方は変わられた。あまりにも」
 エインは思いを馳せる。
 ヴルハラガンドの下で、ある教会勢力と戦た時のことを。
 教会には教区兵士だけでなく多くの信者も立て籠もていたが、ヴルハラガンドはなで斬りを命じた。
 エインはそれを止めようとした。
「罪なき民をなぜ殺すのです」
 ヴルハラガンドは冷たい笑みを浮かべて答えた。
「己に罪がないと思ている者共ほど、罪深き者はいないのだ。それがわからぬか。」
……わかりませぬ」
「いずれわかる。天を見よ。天の下においては、人の生き死になど些末なもの」
……人はそれでも、生きていた方が良いのです」
「変われぬなら、いずれにしろ死ぬのだ。人のみならず、万物と言うものは」
 エインは驚愕し、その場を動けなくなた。
 果たしてこの御方はこんな御人だただろうか。
 あの日、燃え盛る村で自分達を助け出してくれた白銀の騎士はもと優しい笑みを浮かべられる人だたのではないか。
 燃え盛る要塞教会の中から聞こえる人々の悲鳴はいつまでもエインの耳から離れることはなかた。
 そう、かつて己の村が焼かれた時の悲鳴と重なて。

 夜になた。
 村を見渡せる丘で二人、ただ黙て暖かい灯りを眺めていた。
 黙ていた。
 フセルは何かの予感を感じながら。
 エインは何かの決意を秘めながら。
 そして、エインは意を決し、言い放つ。
「俺はヴルハラガンドを討つ」
 フセルは立ち上がり、エインを見つめる。
「今の言葉、冗談でも度が過ぎる」
「冗談ではない」
「本気か?」
「本気だ」
 二人の間に静寂が流れる。
「ヴルハラガンドはあまりにも変わた。野望に染まり、下々に目が届かなくなた。あの頃のあの御方ではもはやない」
「違う。自ら、変わられたのだ。自ら、己を殺されたのだ。それもすべて、良き世を作り上げるため」
「だがそのやり方はあまりにも冷酷だ。変われぬ民を切り捨て、ついてこれるもののみのために世界を作り上げようとしている。それで

はすべての民を救うことはできぬ」
「犠牲の無い変革などあり得ないのだ」
「犠牲の上に成り立つ変革など、必要ない」
 エインの眼差しは突き刺すようにフセルを見つめる。
「共に来い。我らは、民のために戦うのだ」
……
 手が差し伸べられる。
 共に戦てきた。
 いつも。
 いつも。
 エインを裏切ることなど、フセルには出来なかた。
 だが、ヴルハラガンドの忠誠心を裏切ることも出来なかた。
 そして己の心を裏切ることも。
……断る」
「そうか」
 エインは一人去て行た。
 フセルはどうすることも出来ずに立ち尽くしている。
 冷たい風が二人の間に流れて、消えた。

 フセルはその夜のことを誰にも明かさなかた。
 ただ、黙し、悩んだ。
 今更説得など、無駄だという事はわかていた。
 何もできずに日々は過ぎ去て行た。
 そして、エドウル軍との決戦と当日、エインは裏切りを実行に移した。
 エドウル軍の右翼を突くかに見せかけ、反転、中央本陣目がけ攻勢を仕掛けてきたのだ。
 味方は動揺し、崩れ去た。
 だが、そこで踏ん張りをみせたのはフセルの軍だた。
 そのまま退却に移るヴルハラガンド軍の殿を務め、キメリア渓谷で何度も敵軍を追い散らし、最後までエインの軍勢の突貫を許さ

なかた。
 エインは自ら先陣として、突撃を繰り返した。
 同じく前線にはフセルがいた。
 一瞬だけ二人の目があた。
 それがかつての友との別れとなた。
 そして二人は敵になた。

 ヴルハラガンド軍の立ち直りは早かた。その年の冬には再び軍勢を整え直し、エドウルの領地を各個撃破の形で侵していた。
 そして、春の雪解けを待ち、再び決戦が始まる。
 そこでフセルはヴルハラガンドに先方を申し出た。
 ヴルハラガンドの配下たちはフセルを疑い、反対したものの、ヴルハラガンドはそれを受け入れる。
「友との別れもいいたかろう。先方を申付ける」
 フセルは深く頭を下げると、その場を後にした。

 決戦はヴルハラガンド軍の優勢のまま進んでいた。
 エドウルの軍勢が次第に崩れていく中、エインの軍勢は最後まで踏ん張ていた。
 まるでここを死に場所と定めるかのようだた。
 ヴルハラガンドはそんな趨勢を眺めながらぽつりと言う。
「愚かな男よ」
 すぐそばにいた小姓は主の真意がつかめず、どこか抜けた調子で答えた。
「はあ」
「わからぬか。あやつは命を賭けてわしに諫言しておるのだ」
「まさかこの謀叛の目的がエイン殿の諫言だとおるのですか?」
「さよう。初めから死ぬつもりだたのだ。げに、愚かな男よ」
 ヴルハラガンドはどこか悲しげな眼をしていた。
 
 飛龍部隊の戦闘にフセルはいた。
 敵の飛龍はもはやすべて逃げたか、撃ち落とした。
 制空権はもはやヴルハラガンド軍の物となている。
 下を見る。
 術結界を張り、最後まで引こうとしない一軍があた。
 ――エイン。
「飛龍隊は集めれ、こちらも術師たちに結界を張らせろ。一気に突込むぞ!」
 フセルは軍勢をまとめ上げると、一つの巨大な矢となて敵陣に突込んでいく。
 結界と結界がぶつかる。
 飛龍たちは結界を破れず、弾き返されるが、その中で、飛龍を捨て、対空鎧を身につけた一軍の兵士たちが滑空し、次々と敵陣に舞い

降りていく。
 青空。
 輝く太陽。
 一瞬の夢を、フセルは見ていた。
 それはかつての思い出。
 エインとフナ、三人で駆け回た平原の記憶。
 太陽の下で皆で笑い合たあの時を思い出していた。
 騒然となる敵陣の中を、風を纏た兵士たちが切り裂いていく。
 やがて、本陣に肉薄する。
 本陣では一人の男が待ち構えていた。
「来たな」
「待たせたな」
 かつての友との再会。
 二人は笑た。
 笑いあた。
 エインとフセルはひとしきり笑うと、黙して、刀を手に取た。
 二人に刃が交わる。
 それは何処か楽しげで、何かを惜しむかのようだた。
 この時間が過ぎ去ることを惜しんでいるかのように、二人は何度も剣を交えた。
 だが、そんな時も長くは続かなかた。
 ついにエインの陣も蹂躙され、フセルの背後には次々と味方の兵の影が見え始めている。
「終わりか」
「そのようだな」
 二人は再び剣を構える。
 そして二人の影が交錯した。

「どうしたんだよ? 何泣いてるんだ?」
 エインの言葉で、フセルは目を覚ます。目じりに触れてみると確かに濡れていた。
「何だか、悲しい夢を見ていたような気がするんだ」
「昼間から陰気な奴だな」
「うるせえよ」
 フセルはどんな夢かは思い出せないでいる様子だた。
「今日もいい天気だ。もう一仕事だな」
「ああ、今年は土の調子も良さそうだ」
「豊作だといいがな」
 そう言て二人は木陰から出る。いつも通りの仕事、いつも通りの日常。
 心地よい風が過ぎ去ていく。
 畑のほうではフナが手を振ている。
 二人は笑て手を振り返す。
 それが、エインの見た最後の夢だた。

「兄さん……
 振り向くとフナがいた。彼女の目には彼女の兄の遺骸が映ている。
「どうして……どうして……セル」
 フセルは黙て、エインの死体から剣を引き抜く。
 何も言わずに、剣の先をフナに向ける。
 フナの顔には憎悪が満ちてくる。
 怒りだけが支配する。
 だが、フナが剣を引き抜こうとすると、エインの遺臣達が彼女を引き留める。
 そして引きずるようにしながら退却を始めていく。
 フセルの耳にはいつまでも彼女の言葉が響き続けた。
「絶対に許さない! 絶対に殺してやる!」
 フセルは彼女を追わなかた。
 再び友人の死体に目を向けた。そして最後の涙を流した。もう二度と涙を流さぬために。

 フセルは忠誠の機械となることを誓た。
 もはやそれ以外にはなくなたのだ。
 親友も、幼馴染も失た。
 忠誠心以外はすべて失たのだ。
 ヴルハラガンドのためならば何でもして見せよう。
 どんな汚れ仕事だろうと、どんな残虐な行為だろうと。
 双頭の獅子は良心という一つの首を失た。
 暴虐なる獅子として心を黒に染めた。
 だが、たた一つだけ望みがあた。
 死ぬときはせめてフナの手にかかて死にたいという望みだ。
 それが忠誠の虚無の機械となた己にとて残された唯一の償いであり、希望だから。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない