てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
作品一覧
司書譚 ―未央―
 投稿時刻 : 2014.11.15 23:43
 字数 : 1563
5
投票しない


作品を表示
コメント
プロフィール画像
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
よくわからないけれど、人それぞれの記憶の貯蔵庫のお話のような印象をもちました。抜け落ちたり消え去ったりする表面的な記憶もあるし、人は死んでも他の記憶庫に移れるようでもあり、それは、たぶん高さは人の二倍くらいでありながら、螺旋という形態をイメージさせる本棚から、DNAなどを連想したからなんだろうな。
あまり、理詰めも面白くないのですが。
物語好きには、本棚が広がるイメージはいい感じですね。その仄暗い空間には、まだ、語られてない物語が眠っていることでしょう。

コメント前に
する
ネタバレを含む