てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
作品一覧
ニーチェの穴
茶屋
 投稿時刻 : 2018.12.04 21:47
 字数 : 687
5
投票しない


作品を表示
コメント
プロフィール画像
2018.12.12 22:31
Poquil_Bambi @fumitaji
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
世の中には解釈しか存在しないそうなので、適当に解釈しました笑
読んでいくと穴が鏡に思えてきました。鏡は自分が写るけど、何もない空間には誰も写らないし誰もが写り得るみたいな感じです。
そんな感覚で読み終えると、ニーチェと同じ数の人間を失った主人公が彼と同じ末路を辿る未来と、自分がニーチェであってはならないという恐れが鮮やかに伝わってきました。
いつも思いますが、感情が渦巻く模様を描写する巧さには感心します。物語の中で風速が変わる瞬間にドキドキします。風の使い手という称号を勝手に授けますので、また素晴らしい作品を読ませてください。



ネタバレを含む