てきすとぽいトップページへ
 1  3  4 «〔 作品5 〕
巌窟
 投稿時刻 : 2018.12.13 10:51
 字数 : 533
5
投票しない
巌窟
金銅鉄夫


 今でも時々思い返す。

 “彼ら”は何処へ行たのか。

 僕がまだ小学生だた頃、近所に防空壕か炭鉱の跡地があた。当然入り口にはネトフンスが取り付けられ、子どもにもわかるように絵入りの立入禁止と書かれた看板が設置されていた。当時の僕は、晴天の強い日差しの中でも奥が真暗な洞穴に薄気味悪さを感じ、覗くことすら怖かた。
 そのすぐそばを通る国道では昼夜問わず交通事故が多発していて、大抵は単独事故だた。父から聞いた話だと、ほとんどのドライバーは「歩行者が急に飛びたしてきたから、避けようとハンドルを切た」と説明していたらしい。飛び出してくるのは老若男女様々だたが、皆同じ方向に横断していたようだ。渡たその先に、例の洞穴がある。
 僕も一度だけ、祖母がその道を横断するのを遠目に見たことがある。だけど、祖母は僕が小学校に入る前に亡くなているので、他の人と見間違えたのかもしれない。

 ある時、隣町の中学生たち数人が洞穴に入り、一人が行方不明になた。その事件をきかけに入口は埋められてしまた。
 以来、あの国道での交通事故はなくなた。

 だが、行き場を失た“彼”らは何処へ行てしまたのか……

 街ですれ違う人々の中に“彼ら”が紛れているのではないか、そう考えることがある。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない