てきすとぽいトップページへ
第29回 てきすとぽい杯
 1  12  13 «〔 作品14 〕» 15 
ささやかなひととき
寿々
 投稿時刻 : 2015.10.18 00:26 最終更新 : 2015.10.18 00:35
 字数 : 1577
〔集計対象外〕
5
投票しない
更新履歴
- 2015.10.18 00:35:12
- 2015.10.18 00:26:01
ささやかなひととき
寿々


   What are little boys made of? (男の子は 何でできてる?)
   What are little boys made of? (男の子は 何でできてる?)
   Frogs and snails  (カエル カタツムリ)
   And puppy-dogs' tails,  (それに 子犬のしぽ)
   That's what little boys are made of.  (そんなもので できてるよ)


 男と女はいわゆる幼馴染みだた。家が近所で、幼稚園が同じで、小学校も同じで、だから登下校の班も一緒で、おまけに女……その頃は少女と呼ぶべき彼女は、スカートよりもズボンを好む活発な性格で、となれば、彼らは自然と同じグループの遊び仲間だた。
 鬼ごこもしたし、虫取りもした。カエルを女の子に投げつけて悲鳴を上げられるなんていう悪戯の時でさえ、少女はカエルを投げる側にいた。
 日に焼けながら、膝小僧をすりむきながら、全力で遊びきては、ぱたりと眠る。あんたたち、子犬そのものだたよと、後年、母親が笑ていたのを覚えている。

 確かにその頃、自分達は同じこどもであたはずなのになあと、男はぬるま湯を含ませた布で、女の足を拭いながらしみじみと思う。
 男の手で一周できる細い足首、なだらかなふくらはぎは軽く叩くように揺らせば、ふるふると柔らかく震えて、男と同じ筋肉や脂肪がおさまているとは思えない。昔は擦り傷が耐えなかたはずの膝小僧も、つるりと卵を剥いたように白くなめらかだ。


   What are little girls made of?  (女の子は 何でできてる?)
   What are little girls made of?  (女の子は 何でできてる?)


 ズボンよりもスカートを好むようになて、小さなアマガエルを見てさえ叫ぶようになて、日焼けを嫌うようになて、そうやて、こどもであたことを辞めて、その代わりに、こどもとも、そして男とも全く違う、女の子というものに、女というものに、多分彼女はなたのだろう。
 男は女の真白い、ただただ青いほどに白い生足に口づける。天井の照明にきらきらと黄金にそよぐ産毛をこそぐように舐める。ぴり、と舌が痺れたように一瞬思い、しかし辞めず舐め上げてから、口の中に溜また唾液をごくりと飲み込むと、ふ、と甘い匂いが鼻をついた気がした。ボデソープが残ていたのかもしれないし、違うかもしれない。なぜなら、そうだ。


「Sugar and spice  (お砂糖 スパイス)
And all that's nice, (それに 素敵な何か)
That's what little girls are made of.  (そんなもので できてるの)」


 歌が口をつく。女が気に入てよく口ずさんでいたフレーズ。
 そう歌ては、だから男に優しくしたり、だから男を弄んだりした、女によく似合いのマザーグース。
 女の代わりに男は歌い、歌て喉が渇いている自分に気がついた。そこでペトボトルから一口水を含み、含んだところで、はたと、女にも水をやるべきかと思い至る。
 そこで男は女の顔に自分の顔を寄せ、その乾いた唇を少しの間見つめると、やがて顔を背け水を床に吐き出した。間違いに気づいたのだ。

 死に水をとるのは死者が渇きに苦しむことなく、安らげるようにと祈るためだという。
 そして、生者にとては、死者との最後の別れの儀式なのだという。

 ならば、彼女は水を飲むべきではないし自分もまた同じだと、口の中に残た水の名残を唾ごとしつこく吐き出しながら男は思う。
 女は男の得てきた長い渇きと苦しみを知るべきなのだ。安らぎなどあてはならない。満たされるなどあてはならない。男と同じように苦しむべきなのだ。そして、男は苦しむ女のそばで、同じように苦しむのだ。これまでのように、これからも。ならば、彼女にも、自分にも、末期の水など必要ない。
 それでいいと呟いて、男は女の首から解いた縄で輪を作る。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない