てきすとぽいトップページへ
第29回 てきすとぽい杯
〔 作品1 〕» 2  15 
マザーグースと死に水と生足
ゆきな
 投稿時刻 : 2015.10.17 22:58
 字数 : 667
5
投票しない
マザーグースと死に水と生足
ゆきな


 マザーグースタウンへようこそ、と書かれたその看板は、かなり朽ちていた。
 その看板をくぐると、釣り堀のような場所に「こちら死に水」という立て札がある。
 僕は生足でその水に浸かた。
 するとどうしたことか、足が動かなくなてしまた。
 そして、どこからともなく歌が聞こえてきた。

   ロンドン橋落ちる 落ちる 落ちる
   ロンドン橋落ちる ………………

 なんだ? 途中で終わたぞ、と僕は訝しんだ。
 秋の午後六時、もうすかり肌寒い。
 こんなふうに釣り堀のような場所で得体の知れない水に足を突込んでいては、風邪をひいてしまう。
 早く帰りたい。
 だいたいなんだ、マザーグースタウンて。
 釣り堀のような得体の知れないものしかないじないか。
 金返せ。払てないけど。
 すると、

   ロンドン橋落ちる 落ちる 落ちる
   …………

 ああ。やめてくれ、その歌をやめてくれ。
 その部分しか知らないからといて、そこだけ無限ループするのはやめてくれ。

   ロンドン橋 落ちる 落ちる 落ちる

 嘘だろう。エンドレスリピートかよ。
 僕の精神状態はぎりぎりだた。
 なにせ朝からなにも食べていないのだ。
 せめてそこにある水を飲みたいと思たが、足が動かなくなたということは、これはきと、飲めない水なのだろうと僕は推測した。穿ち過ぎだろうか。いや、ここは慎重になるべきだ。そう判断し、とりあえず僕は待た。なにを待ているのか自分でもわからないがとにかく待た。生足で来るのじなかた、せめて靴下を履いてくるんだた、と後悔しながら待た。
 そして――
 ――――
 ――
 あ、



   死に水て、そういうことだよ

   マイ・フア・レデ

(了)
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない