てきすとぽいトップページへ
第29回 てきすとぽい杯
 1 «〔 作品2 〕» 3  15 
フォーリング Down
茶屋
 投稿時刻 : 2015.10.17 23:07
 字数 : 1618
5
投票しない
フォーリング Down
茶屋


 London Bridge is broken down,
 Broken down, broken down.
 London Bridge is broken down,
 My fair lady.

 これは、マザーグースに伝わる童謡の一つ「ロンドン橋落ちた」の一節。
 アメリカでは"broken down"の箇所を"falling down"と歌うことが多いらしい。
 このfalling downという箇所を題にした映画「フリングダウン」は平凡なサラリーマンがストレスを

積み重ね道路工事で発生した大渋滞に怒りは爆発、暴走を始めるというものである。
 平凡だた主人公が崩壊する話である。
 falling down。
 ロンドン橋は何度も落ちたように、ある日忽然と、人は壊れてしまう。
 この映画のように突然ぷつりと壊れる人もいれば、徐々に、だが確実に歯車がかみ合わなくなて、壊れ

ていく人もいる。
 例えば、僕の場合は後者だ。
 気づいたら現実感が希薄になていて。
 気づいたら自分が自分でないような気がしていて。
 気づいたら自分の行動を完全に外側から見ている自分がいて。
 気づいたら。

 僕はゆくりとバールを持ち上げると、手ごたえを確かめるようにもう一方の掌を軽くたたく。
 何度か叩いて、それを掴んで握る。
 悪くない重量感だ。
 これなら、一発でいけそうな気がする。
「ね? どうする気なの?」
 その声で初めて、背後に人がいたことを思い出す。
 高校の制服を着た女だが、本当に高校生かどうかは定かではない。
 短いスカートから覗く生白い生足が艶めかしいが、それはあくまで客観的な意見で、僕の主観は特段興味

を抱いていない。
「まだいたのか。金はもう払ただろ」
「だて、こんなの、聞いてないし」
「話す必要があたか?」
「犯罪とかに関わるのは勘弁なんですけど」
「売春に詐欺、もう立派な犯罪だろ」
 この女を使て男を釣り、そいつを睡眠薬で眠らせて車でここまで運んできたのだ。
 その男は目の前の椅子に縛り付けている。まだ起きてはいない。今から起こすつもりだ。
 女は神経質そうに爪を噛んでいる。
 僕はなんだか興ざめしてしまて、胸ポケトから煙草を取り出すと、それを口にくわえた。
「頂戴」
 女がそう言てきたのは意外だた。
「吸うのか?」
「たまにね」
 女は煙草を吸いそうな雰囲気ではなかた。黒い髪で童顔、確かにスカートの短さは挑発的だが、どちら

かと言えば顔立ちは清楚系と言えなくもない。
 僕がタバコを差し出すと女は一本取り、口にくわえる。
 火を差し出すと、慣れた様子で煙を肺に入れた。
「なにこれ、まず」
「ガラム。インドネシアのタバコ。クローブが入てる」
「線香臭い。クローて何」
「香辛料とか漢方の一種かな」
「まず」
 彼女は悪態と唾を吐きながら、それでもガラムを吸い続けている。
「ね?」
「何だ? 吸い終わたら帰ると良い」
「それ、私がやてもいい」
「?」
 僕がきとんとしていると、彼女は僕からバールを取り上げた。
「いい?」
 そう言て彼女はにと笑た。
 僕は拳に顎を乗せて少し考えたのち、頷いた。
「水、ある?」
 僕は飲みかけのミネラルウオーターのペトボトルを放てやる。
 彼女は水を口に含むと、男のほうに近づいていた。
 そして、男に口づけをする。
「死に水、てこんなんだよね」
「正確には死んだ後に、だけど」
 そう言ている間にも、彼女はバールを思いきり振りかぶて、男の頭が鈍い音とともに凹んだ。
 その後も鈍い音は立て続けに鳴り、やがて水の音が混じる。

 僕は工房に戻ると、さそく仕入れた材料で作品の制作に取り掛かる。
 素材の処理と輸送を手伝てくれた彼女はいかにも興味深げに工房のあちこちを見て回ている。

「London Bridge is falling down♪
 Falling down, Falling down♪
 London Bridge is falling down♪」

 僕はお気に入りのこの歌を歌いながら、作業を始める。

「ね、何作てんの」


「My fair lady♪」
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない